歴史書懇話会
歴史書懇話会芸能部おじおば合唱隊が「神保町は本の町」オリジナル曲を大合唱しました。
その様子を4分29秒の映像でお楽しみください。
おすすめ歴史書1968年6月に歴史書を刊行する有志出版社7社で結成され、現在11社が加盟しています。結成以来、「歴史書懇話会はすぐれた歴史書の普及とその販売を積極的に推進する。本会はその目的達成のため、会員相互の協力によって必要な研究ならびに事業を行う。」(会規約)の精神に基づき活動しています。
明石書店-校倉書房-思文閣出版-東京堂出版-刀水書房-同成社
塙書房-法藏館-ミネルヴァ書房-山川出版社-吉川弘文館

◆会員社のRSS一覧◆

RSS Feed Widget


トップページメルマガ登録アンケート

2008年3月30日の新聞書評


2008年3月30日の新聞書評
[朝日新聞/読書欄]
*歴史書の書評はありません。

[読売新聞/読書欄]
『江戸の知識から明治の政治へ』松田宏一郎著/定価5,040円(税込)/ぺりかん社
知性はなぜ必要か/小倉紀蔵(韓国思想研究家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『昭和天皇の全国巡幸』【第1巻 全国編】西川秀和編著/定価9,975円(税込)/アーカイブス出版
軍服を脱いだ象徴天皇/御厨 貴(歴史家・政治学者)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[毎日新聞/読書欄]
『昔話の旅 語りの旅』野村純一/定価2,730円(税込)/アーツランドクラフツ
「古い心持」とその崩壊を聞き取った人/池内 紀(独文学者)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『列島創世記 全集日本の歴史 第1巻』松木武彦著/定価1,985円(税込)/小学館
なぜ人々は環状の配置にこだわったのか/藤森昭森(東大教授・建築史)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[日経新聞/読書欄]
『天下之記者−「奇人」山田一郎とその時代』高島俊男著/定価1,050円(税込)/文春新書 
奇人伝説残した「挫折した秀才」/黒岩比佐子(ノンフィクションライター)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[産経新聞/読書欄]
『ヨーロッパの庭園』岩切正介著/定価924円(税込)/中公新書 
富を注ぎ込んだ芸術作品/浅井啓子(アート・コラボレーター)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[東京=中日新聞/読書欄]
【この人・この本】
『平安貴族の夢分析』倉本一宏著/定価2,940円(税込)/吉川弘文館
平安貴族は、朝食前に前日の日記をつけることが日課だった。だから彼らの中には、実際に見た夢を書き残す人たちがいた。これらの日記を丹念に分析し、夢への対処法を通して彼らの精神世界に迫った本だ。「現代でも政治家やまして天皇が何を考えていたのかよく分からない。でも千年前の日記を解読することことで、有名な貴族の心の中にまで入っていけるんです。」
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[しんぶん赤旗/読書欄]
【本と人と】
『天下統一の城・大阪城』中村博司著/定価1,575円(税込)/新泉社
考古・文献から転換期を解く。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
(C)Rekishisyokonwakai     2008年03月30日(日) No.118 (新聞書評)

2008年3月23日の新聞書評


[朝日新聞/読書欄]

『政治空間の変容と政策革新』全6巻/高橋進他編/定価各4,725円(税込)/東京大学出版会
政治の世界の深部探る全6巻/政治の世界の深部では一体何が起きているのか。政治学の各分野を融合し、新しいアプローチからの探求を目指した
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:東京大学出版会)
[Click]
『唱歌と国語』山東巧著/定価1,575円(税込)/講談社選書メチエ
『「国語」入試問題の近現代史』石川巧著/定価1,575円(税込)/講談社選書メチエ
こんな歌で学んだ国語もあった/斉藤美奈子(文芸評論家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]/[Click]
[読売新聞/読書欄]
『井伊直弼の首 幕末バトルロイヤル』野口武彦著/定価756円(税込)/新潮新書
政治とウソ 江戸に原点/磯田道史(茨城大学准教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[毎日新聞/読書欄]
【インタビュー】

『平安貴族の夢分析』倉本一宏著/定価2,940円(税込)/吉川弘文館
ゆとりと方便/本業は国史学。本書では心理学や大脳生理学も援用し、平安貴族が記録に残した「夢」を読み解いた。「平安時代は文学ばかりが注目されますが、起こった事実は、さらに面白い。誰かが見た夢とそれへの対処法から、彼らの心の真実が見えてきます。」…日がな遊び暮らし、夜は悪夢におびえる…。そんな平安貴族への「誤解」を解くことが目下の夢だ。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『天下之記者−「奇人」山田一郎とその時代』高島俊男著/定価1,050円(税込)/文春新書 
早く生まれすぎたジャーナリストの生涯/丸谷才一(作家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[日経新聞/読書欄]
『ヒトラーを支持したドイツ国民』ロバート・ジェラテリー著/定価5,200円(税込)/みすず書房
「下からのファシズム」細密に示す/池田浩士(京都精華大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
【フロントライン】

『政治空間の変容と政策革新』全6巻/高橋進他編/定価各4,725円(税込)/東京大学出版会
政治学研究で新シリーズ/シリーズ全体の編者は高橋進・城山英明・大串和雄の三氏。東京大学が2003年度から5年間かけて実施してきたプロジェクト「先進国における<政策システム>の成果をまとめる内容。…隔月1冊刊行する。
【今を読み解く】「源氏」研究に新たな地平/
民俗学やアジアの視点/伊井春樹(国文学資料館長)
『源氏物語の時代』山本淳子著/定価1,365円(税込)/朝日選書
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『タブーと結婚』藤井貞和著/定価2,415円(税込)/笠間書院
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『源氏物語と東アジア世界』河添房江著/定価1,365円(税込)/NHKブックス
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『光源氏が愛した王朝ブランド品』河添房江著/定価1,575円(税込)/角川選書
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
「芸術新潮」2008年2月号〈源氏物語千年紀記念特集〉源氏物語 天皇になれなかった皇子のものがたり/定価1,400円(税込)/新潮社
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:新潮社)
[Click]

[東京=中日新聞/読書欄]
『西洋と朝鮮』姜在彦著/定価1,260円(税込)/朝日選書
開国近代化に失敗した理由/原田 環(県立広島大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『照葉樹林文化とは何か』佐々木高明著/定価1,029円(税込)/中公新書
<アジアの日本>を再確認/赤坂憲雄(東北芸術工科大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『世界の狩猟民―その豊饒な生活文化』,カールトン・スティーヴンズ・クーン著/定価5,460円(税込)/法政大学出版局
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[茨城新聞/読書欄]

『古代の都と神々』榎村寛之著/定価1,785円(税込)/吉川弘文館
約70年で消えた奈良・平城京と1000年以上も都であり続けた京都・平安京。その違いは「怪異を吸い取る場所」としての神社の機能にあると独自の視点を示す。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[しんぶん赤旗/読書欄]
『日本の原像(全集日本の歴史◆法拱神遏‘鄰/定価2,472円(税込)/小学館
古代追う新視点/小林昌二(新潟大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
(C)Rekishisyokonwakai     2008年03月23日(日) No.117 (新聞書評)

2008年3月16日の新聞書評


2008年3月16日の新聞書評
[朝日新聞/読書欄]
『「漢奸」と英雄の満洲』/澁谷由里著/定価1,575円(税込)/講談社選書メチエ
日本に協力した中国人の実像/奈良岡聰智(京都大学准教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『愛蔵版 私の人生録』/定価1,575円(税込)/ホーム社(集英社)
新しい「自分史」を愛蔵版に/
*本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:日刊ゲンダイ)
[Click]

[読売新聞/読書欄]
【ポケットに1冊】

『関ヶ原合戦と大阪の陣(戦争の日本史17)』笠谷和比古著/定価2,625円(税込)/吉川弘文館
なぜ、大阪の陣は起こったのか。その問いに対する著者の考えは『関ヶ原合戦と大阪の陣』に示されている。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
[日経新聞/読書欄]
【フロントライン】

『知っておきたい 日本史の名場面事典』大隅和雄・神田千里他著/定価2,835円(税込)/吉川弘文館
日本史の名場面事典/好太王碑文から東京オリンピックまで日本史の名場面78を選び出し解説した。、選ばれた場面は壬申の乱、壇ノ浦の戦いといった合戦から、芭蕉の奥のほそ道への旅立ちなど文化史の場面まで幅広く、親しみやすい物語的な歴史を図版や資料、解説ととともに知ることができる。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
【半歩遅れの読書術】森岡正博(哲学者)

『治療を超えて』レオン・R.・カス編著/定価6,825円(税込)/青木書店
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『日本の原像全集 日本の歴史〈第2巻〉』平川 南著/定価2,520円(税込)/小学館
文字から読み解く歴史の基層
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[産経新聞/読書欄]
『真珠湾攻撃総隊長の回想』淵田美津雄著/定価1,995円(税込)/講談社
「人生を二度生きた男」の自叙伝
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[東京=中日新聞/読書欄]
『DNAでたどる日本人10万年の旅』崎谷 満著/定価2,415円(税込)/昭和堂
文明崩壊、民族移動に起源/安田喜憲(日文研教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『ライバル日本美術史』室伏哲郎著/定価2,100円(税込)/創元社
個性の対比で興味を誘う/大倉宏(美術評論家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『ジャガイモの世界史』著/定価12,600円(税込)/中公新書
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[しんぶん赤旗/読書欄]
【レーダー】

『知っておきたい 日本史の名場面事典』大隅和雄・神田千里他著/定価2,835円(税込)/吉川弘文館
日本史の名場面/日本史の転換となった名場面78を精選した…稲荷山鉄剣銘文、モンゴル襲来、黒船来航、会津戦争、敗戦など日本人が共有している歴史像に新史料を加え舞台裏に潜む真相、解説、図版でよみがえらせます。
(C)Rekishisyokonwakai     2008年03月16日(日) No.116 (新聞書評)

2008年3月9日の新聞書評


2008年3月9日の新聞書評
[朝日新聞/読書欄]

『貴族院』/内藤一成著/定価2,940円(税込)/同成社
権威高く、政府批判もしばしば/「貴族院」といえば、当時の政府が政府が政党を通じて民意を代表する、衆議院を抑えるために、華族などの特権階級を集めて創設した機関と思われている。しかし、著者は未刊の史料や旧華族へのヒアリングに基づいて、そうした通説を覆していく。…参議院の存在が注目を浴び、参議院改革の議論も聞こえてくる昨今、その前身であった貴族院に立ち返って、二院制が果たす役割と参議院の意義について、あらためて考えてみてはどうだろうか。/小林良彰(慶応大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]
【視線】

『酔うて候−河鍋暁斎と幕末明治の書画会』・成田山書道美術館・河鍋暁斎記念美術館編/定価2,100円(税込)/思文閣出版
造形のユートピア/書画会とは、いってみれば画家や書家の顔見世興行であり、料理茶屋などを舞台に書画の展観や席画という即興的な制作に加えて、芸妓を交えての酒肴のもてなしも行われた。当時の人気作者であった河鍋暁斎の描く書画会の図は、そこかしこから、どよめきや笑い声が聞こえてきそうな臨場感に溢れている。/北澤憲昭(美術評論家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:思文閣出版)
[Click]

[読売新聞/読書欄]
『植民地時代の古本屋たち』沖田信悦著/定価2,100円(税込)/寿郎社
本とひとの存在するところに古本屋は必ず出現/三浦しおん(作家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[毎日新聞/読書欄]

『日本史(新版 世界各国史〈1〉)』宮地正人編/定価3,885円(税込)/山川出版社
対外関係に着目、充実した通史/本書の特徴h、国家史を基本においている点である。…世界各国史の一部であるから、国家史に基づくのは当然であろう。しかも国家史を書くにふさわしい研究者が配置されて分担執筆しており、まこに重厚感と安定感のある叙述となっている。…また最近の傾向を反映して、対外関係が重視され、時代の転換における対外的契機がよく書き込まれいるのも特徴である。…やや問題はあるにしても、日本の歴史の流れが550ページほどの本に凝縮されて語られており、充実した内容の本になっていることは、高く評価できよう。/五味文彦(放送大学教授/日本中世史)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

『商人と更紗−近世フランス=レヴァント貿易史研究』深沢克己著/定価7,140円(税込)/東京大学出版会
国の枠組みの外で交易を担った人々/本書は「更紗」という布が動き回る空間と時間についての物語なのだ。更紗と一緒に、地中海とその東方や西方を旅することになる。…「国」の枠組みを外してものを見ることで、ものづくりの価値も、人間の能力も、違った角度で見えるはずだ。本書は地域研究ではあるが、そういうことを巻がさせる普遍的な力を持っている。/田中優子(法政大学教授/日本近世文化)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
【インタビュー】
『元老西園寺公望』伊藤之雄著/定価987円(税込)/文春新書
等身大の西園寺像を再現
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[日経新聞/読書欄]
『昭和天皇』原 武史著/定価777円(税込)/岩波新書
祭祀への姿勢から内面を描く
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[東京=中日新聞/読書欄]
『昭和天皇』原 武史著/定価777円(税込)/岩波新書
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
【ロングセラー】
『新撰組顛末記』永倉新八著/定価1,890円(税込)/新人物往来社
体験もとに再現
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[しんぶん赤旗/読書欄]
『地震の日本史』寒川 旭著/定価840円(税込)/文春新書
「減災」にみちびく文献資料を網羅/宮瀧交二著
* 本書の詳細は下記をご覧くださいい。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
(C)Rekishisyokonwakai     2008年03月09日(日) No.115 (新聞書評)

2008年3月のオススメ30


PDF版 FILE 
114_1.pdf

出版社名 ISBN NO.
書 名 編 著 者 名 判型 本体価格 発行年(月)

青木書店 9784250208003
古代日本の構造と原理 舘野・小路田編 A5 \3,800 2008.1

明石書店 9784750326887
司馬遼太郎と網野善彦 「この国のかたち」を求めて 川原崎剛雄 四六 \2,000 2008.1
1月に配本し、堅実に売れています。書評にも出始めました。
明石書店 9784750326719
まんが 反資本主義入門 アダモフスキ著        伊香祝子訳 A5 \1,800 2007.10
グローバル化と新自由主義への対抗運動のススメ。思想史の入門書
校倉書房 9784751738009
日本の神社と「神道」 井上寛司 四六 \3,800 2006.12
好評につき昨年末来品切れでありましたが、重版できました
校倉書房 9784751738900
近現代史考究の座標 大日方純夫 四六 \3,800 2007.8
次第に在庫が少なくなりつつあります。売れるうちにどうぞ
大月書店 9784272430741
リキッド・ライフ 現代における生の諸相 ジグムント・バウマン
四六 \2,800 2008.1
今月も歴史書ではありませんが出だし好調です!ご担当者さまに一声お願いいたします↑                                                 ↑
大月書店 9784272520510
オックスフォード 科学の肖像 フロイト 無意識の世界への探求 オーウエン・ギンガリッチ編集代表 四六 \2,100 2008.2

学生社 9784311602283
薬師寺・好胤説法 普及版 高田好胤 四六 \1,200 2001.5
多くの人に愛された高田好胤の説法の生の実況中継です
学生社 9784311602276
高田好胤「佛法」を説く 高田好胤 四六 \1,400 2000.12
今年、高田好胤没後10年です。今も人気の仏法をわかりやすく説く
柏書房 9784760133048
子どもたちは象をどう量ったのか? 西田知己 A5 \1,500 2008.1「江戸の知恵」を寺子屋て使われたいた教科書で再現。
柏書房 476013025X
書いておぼえる 江戸のくずし字いろは入門 菅野俊輔編著 A5 \1,200 2006.11
「いろは」48文字のくずし字を、寺子屋で使われていた手本などをテキストに学ぶ

思文閣出版 9784784213603
祭りのしつらい 岩間香・西岡陽子編者 京極寛写真 B5 \2,200 2008.2
祇園祭・天神祭等各地の祭り飾り等をとりあげ、町家とまち並みを飾る祭りの文化を紹介

思文閣出版 9784784213726
京都源氏物語地図 紫式部顕彰会編纂 地図A2 \800 2007.11
現在の地図に平安京復元条坊を重ね、源氏物語ゆかりの邸宅などを配置
東京大学出版会 9784130830348
自画像の美術史 三浦 篤編 A5 \2,800 2003.3
画家はなぜ自分を描くのか。西洋・日本あわせ自画像の歴史に迫る
東京大学出版会 9784130830355
日本美術の発見者たち 矢島・山下・辻 A5 \2,500 2003.6美術史からこぼれおちていた作品が発見された経緯は?歴史的観点から探る
東京堂出版 9784490206135
〔画文集〕シベリア抑留1450日 山下静夫 A5 \2,800
2/2NHK「ラジオ深夜便・こころの時代」で紹介されました。3/31再放送します!
東京堂出版 9784490306431
史林 第91巻第1号 特集:モニュメント 史学研究会(京都大学文学部内)発行 A5 \1,905 2008.2
1916年創刊の伝統ある学術誌「史林」が待望の市販化!<隔月刊・書籍扱い>
刀水書房 9784887085022
〔世界史の鏡 都市4〕イタリア都市の諸相―都市は歴史を語る 野口昌夫 四六 \1,600 2008.1
『東京新聞』『中日新聞』(2月21日・22日)の「自著を語る」で大きく紹介されました!
刀水書房 9784887083653
王はいかに受け入れられたか―政治文化のイギリス史 指 昭博編 A5 \3,800 2007.12
“王様”も楽じゃない!−こんな帯が魅力の1冊です! 最終章はダイアナ妃

同成社 9784886214164
侍塚古墳と那須国造碑−日本の遺跡25 真保昌弘 四六 \1,800 2008.1那須国造碑は水戸光国による本格的学術調査で知られる国宝
同成社 9784886214188
貴族院―同成社近現代史叢書12 内藤一成 四六 \2,800 2008.2帝国議会の一翼を担った貴族院の足跡をさぐり、その歴史的意味をさぐる
塙書房 4827330670
江戸の社会構造 南 和男 B6 \3,800 1969
江戸時代の下層民の実態とそれに対する幕府の諸政策を明らかにする
塙書房 4827330956
百姓成立 深谷克己 B6 \2,800 1993
近世農民の実態について一揆、個人、農業、国家等の視点から考察
法藏館 9784831822123
鶴林寺太子堂とその美    鶴林寺叢書1 刀田山鶴林寺編 B6変\1,500 2007.07
国宝太子堂の建築・内陣荘厳画・彫刻を写真図版を使用し解説。4月に2冊目刊
法藏館 9784831875624 熊野比丘尼を絵解く 根井浄編 A5\6,000 2007.11
日本の民間信仰史を考える上で欠かすことのできない熊野比丘尼
山川出版社 463463371X
世界歴史の旅 フランス1〜ロワール流域から北へ 福井憲彦他編 A5 \2,800 2006.1
ロワール流域から北のフランスの歴史と魅力ある地方都市を紹介する。
山川出版社 4634633507
世界歴史の旅 イタリア・バロック建築と美術 宮下規久朗 A5 \2,800 2006.11
バロックの概説書であるとともに作品をイタリアで味わう為のガイドブック。
吉川弘文館 9784642079846
知っておきたい 日本史の名場面事典 大隅和雄・神田千里他 四六 \2,700 2008.2
3月2日毎日新聞紹介。日本史の名場面78を事典に!生き生きとよみがえる人々の営み
吉川弘文館 9784642063289
戊辰戦争(戦争の日本史18) 保谷 徹 四六 \2,500 2007.12
2月10日朝日新聞書評。内乱の光と闇、軍事史から見通す、視野鮮明な著述である
吉川弘文館 9784642079853
日本人の生活文化 菅原正子 四六 \1,900 2007.2
日本人のしきたりや行事などをわかりやすく描く
(C)Rekishisyokonwakai     2008年03月07日(金) No.114 (本の探し方―今月のおすすめ)

2008年2月24日、3月2日新聞書評


2008年2月24日の新聞書評
[朝日新聞/読書欄]
『日本史(新版 世界各国史〈1〉)』宮地正人編/定価3,885円(税込)/山川出版社
東アジアの中の日本史/98年4月じゃらしリーズとして出版されている「新版世界各国史」全28巻のうち、久しく待たれていた『日本史』が出版された。東アジア地域世界のかかわりを、外交史という一分野ではなく、日本史を成立させている不可欠の構成要素として押さえようとの編集方針でまとめた、視野の広い概論書だ。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『大量虐殺の社会史』松村高夫、矢野久編著/定価4,725円(税込)/ミネルヴァ書房
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『自動車爆弾の歴史』マイク・デイヴィス著/定価2,730円(税込)/河出書房新社
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]
虐殺の隠蔽や相対化に対抗するには/酒井啓子(東京外語大学教授・中東現代政治)
『サムライの書斎−江戸武家文人列伝』井上泰至著/定価2,625円(税込)/ぺりかん社
太平の世に「サムライ達の物語群」/野口武彦(文芸評論家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『歴史を記録する』吉村 昭著/定価1,680円(税込)/河出書房新社
徹底した史実探求への姿勢/奈良岡聰智(京都大学准教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
[読売新聞/読書欄]
『地中海の記憶−先史時代と古代』フェルナン・ブローデル著/定価5,880円(税込)/藤原書店
世界とのなれそめ語る/本村凌二(西洋史家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:ジュンク堂書店)
[Click]
[毎日新聞/読書欄]
『ヒトラーとは何者だったのか?』阿部良男著/定価1,365円(税込)/学研M文庫
選び抜かれた引用のみごとな集成/池内 紀(独文学者)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
関連書
『ヒトラ−全記録20645日の軌跡』 阿部良男著 /柏書房 2001/05/ \5,040(税込
『ヒトラ−を読む3000冊』 阿部良男著 /刀水書房 1995/02/ \4,935(税込)
『東海道品川宿 岩本素白随筆集』岩本素白著、来嶋靖生編/定価700円(税込)/ウエッジ文庫
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:ジュンク堂書店)
[Click]
[日経新聞/読書欄]
『歴史叙述としての映画』ナタリー・Z・デービス著/定価3,150円(税込)/岩波書店
事実と虚構の問題、周到に検証/生井英考(共立女子大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『ジャガイモの世界史』著/定価12,600円(税込)/中公新書
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
[北海道新聞/読書欄]
『新聞小説の時代』関 肇著/定価3,780円(税込)/新曜社
「大衆芸術」研究の道標/土屋礼子(大阪市立大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
[しんぶん赤旗/読書欄]
『絶滅危惧の野鳥事典』川上洋一著/定価2,730円(税込)/東京堂出版
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

2008年3月2日の新聞書評
[朝日新聞/読書欄]
『憎悪の世紀』上・下/ニーアル・ファーガソン著/定価各2,940円(税込)/早川書房
ありえた歴史を仮想しつつ読み解く/山下範久(立命館大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]
『「皇国史観」という問題』長谷川亮一著/定価3,990円(税込)/現代書館
『近代日本の国体論』昆野伸幸著/定価5,460円(税込)/ぺりかん社
歴史認識の枠組みを再考させる迫力/赤澤史朗(立命館大学教授)
* 『「皇国史観」という問題』の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
* 『近代日本の国体論』の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
[読売新聞/読書欄]
『「国語」入試の近現代史』石川 巧著/定価1,575円(税込)/講談社
自分で考えちゃダメ?/佐藤卓己(メディア社会学者)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『赤米の博物誌』小川正巳・猪谷富雄著/定価2,310円(税込)/大学教育出版
人口増やした新種の米/磯田道史(茨城大学准教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:中国新聞)
[Click]
[毎日新聞/読書欄]
『知っておきたい 日本史の名場面事典』大隅和雄・神田千里他著/定価2,835円(税込)/吉川弘文館
日本史の名場面を事典に/大化の改新や赤穂浪士の討ち入りなど、歴史の転換点を集めた…歴史は臨場感にあふれる場面の連続として語り伝えられてきた。戦後の学校教育によって忘れられつつあるそれらの「名場面」78シーンを選び出し、詳細に解説。「好太王碑文」から「東京オリンピック」まで、絵巻や写真、地図、系図なども豊富に収録されている。世間を揺るがせた大事件のほか「西行と頼朝の出会い」「(出世しなかった)長谷川平蔵の愚痴」などの項目も。人々の営みが生き生きと伝わってくる。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]  

『マキァヴェリアン・モーメント』J・G・A・ポーコック著/定価8,400円(税込)/名古屋大学出版会
共和主義をあぶり出す「現代の古典」/松原隆一郎(東京大学教授・社会経済学)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
[日経新聞/読書欄]
【フロントライン】  
『エウクレイデス全集』全5巻/斎藤 憲・三浦 伸夫【訳・解説】/定価5,460円(税込)/東京大学出版会
古代ギリシアの数学者の著作集/「ユークリッド幾何学」で知られる古代ギリシアの数学者エウクレイデス(ユークリッドは英語読み)の著作を集大成するシリーズ。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『「国語」入試の近現代史』石川 巧著/定価1,575円(税込)/講談社
読解重視と思想統制の危うさ/石原千秋(早稲田大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
[産経新聞/読書欄]
『ジャガイモの世界史』著/定価12,600円(税込)/中公新書
南米から伝わった「お助け芋」/かくまつとむ(自然系ジャーナリスト)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
【私の本棚】井上章一(国際日本文化研究センター教授)
『足利義満 消された日本国王』小島毅著/定価798円(税込)/光文社新書
中国史の立場から修正迫る
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『室町の王権 足利義満の王権簒奪計画』今谷 明著/定価714円(税込)/中公新書
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
[東京=中日新聞/読書欄]
『江戸怪奇標本箱』藤巻一保・花輪和一著/定価1,680円(税込)/柏書房
妖しいモノに映る人の業/膨大な江戸時代の怪談からモノについてのエピソードだけを選び集めて並べた標本箱。/田中 聡(作家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
[茨城新聞/読書欄]
『司馬遼太郎と網野善彦―「この国のかたち」を求めて』川原崎剛雄著/定価2,100円(税込)/明石書店
積極的に日本人論を展開した中世史研究者、網野善彦との対比が司馬史観の理解を深める。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『編集者 国木田独歩の時代』黒岩比佐子著/定価1,785円(税込)/角川学芸出版
斬新な雑誌を刊行した感性/新保邦寛(筑波大学大学院教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
[しんぶん赤旗/読書欄]
『素敵にシニアライフ』村瀬敦子・村瀬幸浩著/定価1,575円(税込)/大月書店
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
(C)Rekishisyokonwakai     2008年03月02日(日) No.112 (新聞書評)