トップページ
◆歴懇担当者おすすめの歴史書→リスト表示  
◆会員社のRSS一覧◆
歴史書懇話会 2022年春の特別販売

ダウンロードはこちらから
2022年05月06日(金) No.566

歴史書通信バックナンバー

歴史書通信


「歴史書通信」(隔月刊)発行
会員社や協賛出版社の新刊・重版情報、学会、シンポジュウム、書店フェアの案内等を掲載する出版情報誌を隔月で年6回発行しています。歴史知識の普及をはかっています。全国の書店、図書館、博物館、読者へ無料配布しています。
購読のお申し込みは、書店にて「歴史書懇話会」発行の「歴史書通信」(無料)とお申し込み下さい。


------------------------------------------------------------


*Acrobat Readerが必要です。無料でここからダウンロードすることができます。
ダウンロードして、指示に従って、Acrobat Readerをコンピュータにインストールしてください。
--- 発行日 --- PDF版 ---
2022年 5月No.261 2.96MB
2022年 3月No.260 6.34MB
2022年 1月No.259 3MB



2021年 11月No.258 1.92MB
2021年 9月No.257 3.17MB
2021年 7月No.256 3.17MB
2021年 5月No.255 2.94MB
2021年 3月No.254 2.89MB
2022年05月01日(日) No.1

歴史書総目録2022年度版が、出来ました。


歴史書総目録2022年度版が、出来ました。
主要書店で配布または、販売しております。

目録希望の方は、アンケートにご協力ください。
無料でお送りします。
https://hozokan-co-jp.prm-ssl.jp/rekikon/rekikon_enquete.html

*** お知らせ ***
今年で第49版となった歴史図書総目録ですが、諸般の事情により今年度版(2022年版)をもちまして休刊することとなりました。長い間ご愛用くださった読者の皆様、関係各位に深く感謝申し上げます。
2022年04月11日(月) No.565

歴懇担当者おすすめの歴史書


















































































超大国アメリカでは今何が起きているのか?今後を知るためにも外せない63テーマをこの一冊に集成! 百年前のニューヨークを拠点として、アフリカン・ディアスポラによって展開された文化社会運動「ハーレム・ルネサンス」とは? 「男尊女卑」の歴史的変化概観を、古代・中世・近世・近現代の法それぞれで比較・検討し、その実体に迫る 「人種」はどのように生み出され、正当化されていったのか。人種の歴史を考えるうえで新たな基本書となる一冊。
縄文人の驚くべき植物利用について植物学的見地から解説し、多様な素材や繊細な技法を平易に紹介する。 仕事としての考古学=埋蔵文化財行政について、具体的に解説する。考古学を仕事にする人、したい人、必読! 近年、考古学や文献史学の研究で重要な役割を果たしつつある酸素同位体比年輪年代法について、平易に解説する。 世界遺産に登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」を紹介し、その豊かな縄文人の文化と精神世界を解説する。
天平芸術の工房 伝教大師 最澄 〈方法〉としての思想史
廃仏毀釈の荒波を越え、明治の禅宗界をリードした前田誠節。近代の波間に埋もれてしまった男の生き様を追う。 天平時代の工人たちの活動を当時の作例とともに紹介。アートで読み解く日本古代史の良質な手引書。 没後1200年、伝教大師最澄の生涯・思想・主要な遺弟までバランスよく紹介、最新研究をも反映した本格評伝。 安丸史学が対峙し、目指したものとは。長きに亘る研究生活の省察と思想的格闘の軌跡。原著絶版、貴重書の文庫化。
世界の文芸に精通し本格的な比較文学・比較文化研究の先駆者。多くの学者や知友を生み出した島田の奔放かつエネルギッシュな活動を網羅 その歩みを丹念に紐解き、あまたの支援者、協働者の実像を捉えることで、建築活動の特色と事業の広がりを明らかにする。 苦難に直面し続ける室町幕府、そして夫義政をどのように支えたのか。御台所として精一杯役割を果たそうとした姿を明らかにする。 サクセスストーリー史観とは一線を画す視点から、己の道を追求し、日々自己省察を重ねた英傑たちの生きざまに迫る。
中世日本の実像を歴史学の最新動向から明らかにし、網野善彦以降の20年、「日本論」の現在と未来を考えます。 鈴木董(オスマン帝国史)と岡本隆司(中国史)。東西のアジア史家が歴史について20時間の白熱議論! 歴史上の文献から当時の料理を再現してきた著者が、食の視点から2500年にわたるヨーロッパの歴史を概観します。 全国の博物館などにある復元模型を各学芸員が解説。古代から明治時代まで、復元模型から日本史を見ます。
鎌倉時代の世相を伝える重要絵巻。絵と詞書で初めて全体像に迫る!〈オールカラー〉 待望の入門書刊行!中世の法と権力を問う、「法の歴史学」室町・戦国編。 猫って、ずっと可愛がられていた訳じゃなかったんだ… あなたの知らない、「ちょっと昔の猫」の話 なぜ足利将軍家は続いたのか?その謎に迫り、「足利時代」を再考する。大好評3刷出来!

※ご購入は、主要書店または、法藏館書店にてお願いします。


E-mail:shop@hozokan.co.jp

「歴史の知」を
切り拓く道具
本年版には 132社、約4200点を収録しました

2021年10月14日(木) No.564

今年は聖徳太子没後1400年の年

2021年は聖徳太子(574〜622)の1400回忌にあたり(没年に諸説あり、2021〜2023年が御遠忌の年)美術館、博物館などでは、特別展をしています。
聖徳太子をキーワードとして書籍リストを作りました。全203件抽出されました。
目次に聖徳太子と入っている書籍も列挙されてます。

書名/価格(税込)/著者/出版社/出版年
観音菩薩の化身/聖徳太子/880円/本願寺出版社編/本願寺出版社/2021年
はじめて読む浄土真宗の聖徳太子/385円/東舘紹見監 真宗大谷派教学研究所編/東本願寺出版/2021年
唐招提寺第二十八世凝然大徳御忌記念 凝然教学の形成と展開/11,000円/一般財団法人 律宗戒学院 編/法藏館/2021年
仏教百人一首/1,540円/大角 修編著/法藏館/2021年
新装版 仏教とは何か/1,430円/横超慧日著/法藏館/2021年
近代の仏教思想と日本主義/7,150円/石井公成監 近藤俊太郎編 名和達宣 編/法藏館/2020年
お迎えの信仰/1,760円/梯 信暁著/法藏館/2020年
日本仏教の展開とその造形 【龍谷大学アジア仏教文化研究叢書15】/8,800円/道元徹心編/法藏館/2020年
ひとくち法話   /1,430円/  中村 薫著/法藏館/2020年
雅楽のコスモロジー/2,420円/ 小野真龍著/法藏館/2019年
苦の探究[校訂版]/1,540円/蜂屋賢喜代著/法藏館/2019年
新装版 正信偈入門/1,430円/ 早島鏡正著/法藏館/2019年
天皇制のデザイン /2,970円/ 上山春平著/法藏館/2019年
2021年04月21日(水) No.556


RSS最近の歴懇情報
歴史書懇話会 2022年春の特..
歴史書通信バックナンバー
歴史書総目録2022年度版が、..
歴懇担当者おすすめの歴史書
今年は聖徳太子没後1400年の..
カテゴリー一覧
アーカイブ
  • 2022年の歴懇情報
  • 04月 05月
  • 2021年の歴懇情報
  • 04月 10月
  • 2020年の歴懇情報
  • 01月 03月 04月 05月 07月 08月 11月
  • 2019年の歴懇情報
  • 02月 07月
  • 2018年の歴懇情報
  • 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 10月 12月
  • 2017年の歴懇情報
  • 05月 10月 11月 12月
  • 2016年の歴懇情報
  • 04月 05月 07月 08月 11月
  • 2015年の歴懇情報
  • 01月 02月 03月 04月 05月 06月 08月 12月
  • 2014年の歴懇情報
  • 03月 10月
  • 2013年の歴懇情報
  • 04月 05月 06月 10月 12月
  • 2012年の歴懇情報
  • 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 12月
  • 2011年の歴懇情報
  • 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月
  • 2010年の歴懇情報
  • 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
  • 2009年の歴懇情報
  • 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
  • 2008年の歴懇情報
  • 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
  • 2007年の歴懇情報
  • 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
    アーカイブ検索
    OR AND
    スペースで区切って複数指定可能
    YouTube 歴コンチャンネル番組一覧
    2008年神保町ブックフェスティバルで
    歴史書懇話会芸能部おじおば合唱隊が
    「神保町は本の町」オリジナル曲を大合唱。
    その様子をお楽しみください。

    
      歴懇おすすめリスト表示のためhozokanshop.comに飛びます
    ※法藏館書店にリンクしリスト表示。
    



         WEBショップ
          法藏館書店ウエッブショップ
          運営主体:株式会社法藏館
    
          お問い合わせは、
          info@hozokan.co.jpまで 
     (C)本ホームペ−ジの内容を、複写・転載した際に
        その旨メール下さい。2002/10/17-2017


    RSS



    [Admin] [HOME]



    shiromuku(fs6)DIARY version 2.05


    お問い合わせは、info@hozokan.co.jpまで (C)本ホームペ−ジの内容を、複写・転載した際にその旨メール下さい。2002/10/17-2017