歴史書懇話会
歴史書懇話会芸能部おじおば合唱隊が「神保町は本の町」オリジナル曲を大合唱しました。
その様子を4分29秒の映像でお楽しみください。
おすすめ歴史書1968年6月に歴史書を刊行する有志出版社7社で結成され、現在11社が加盟しています。結成以来、「歴史書懇話会はすぐれた歴史書の普及とその販売を積極的に推進する。本会はその目的達成のため、会員相互の協力によって必要な研究ならびに事業を行う。」(会規約)の精神に基づき活動しています。
明石書店-校倉書房-思文閣出版-東京堂出版-刀水書房-同成社
塙書房-法藏館-ミネルヴァ書房-山川出版社-吉川弘文館

◆会員社のRSS一覧◆

RSS Feed Widget


トップページメルマガ登録アンケート

2008年5月25日の書評


[朝日新聞/読書欄]


『子どもの貧困』浅井春夫・松本伊智朗・湯澤直美編/定価2,415円(税込)/明石書店
スタートからの格差を克服するには/この本の読者は、貧困という現実を生きることを、自己責任からではなく余儀なくされた子どもたちの存在を、目の当たりにし、彼らを産み続ける社会構造に対して怒りを共有するだろう/耳塚寛明(御茶ノ水女子大学教授)
* 本書の
詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『欧米人の見た開国期日本』石川栄吉著 /定価2,625円(税込)/風響社
こう見えていた140年前の日本人/石上英一(東京大学教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:ジュンク堂書店)


『稲作渡来民』池橋 宏著/定価1,785円(税込)/講談社選書メチエ
だれが、どのように稲作を伝えたのか/柄谷行人(評論家)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[読売新聞/読書欄]


『江戸の捨て子たち(歴史文化ライブラリー)』沢山美果子著/定価1,785円(税込)/吉川弘文館
養育費もらい養子遺棄/ほんの百年ほどさかのぼれば、捨て子はありふれていた。…薄暗い闇に隠れた古文書の山から、著者は捨て子の姿を丹念に拾いあげようとする。…それにしても、拾われて性質善良にして従順な労働者になり、「嬉しく思ってつとめております」とつづる少女フクの手紙は涙をさそう。彼女の気強いけなげさは我々を励ましてくれるかのようである。/本村凌二(西洋史家)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『葬儀の植民地社会史』胎中千鶴著 /定価4,200円(税込)/風響社
死生観まで様変わり/米本昌平(科学史家)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:風響社)


『縄文の思考』小林達雄著 /定価735円(税込)/ちくま新書
縄文研究の第一人者が縄文哲学を熱く説く。
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[毎日新聞/読書欄]


『新しい世界のかたち』キャリル・フィリップス著/
定価3,360円(税込)/明石書店
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『アトランティック・ヒストリー』バーナード・ベイリン著/定価2,940円(税込)/名古屋大学出版会
「多文化社会」をふまえた批評と世界史/富山太佳夫(青山学院大学教授・英文学)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『メンデル―遺伝の秘密を探して』エドワード・イーデルソン著/定価1,890円(税込)/大月書店
誠実な科学者の生涯と再発見/科学に興味を持つ一般読者には、好個の読み物だ/海部宣男(放送大学教授・天文学)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[しんぶん赤旗/読書欄]


『子どもの貧困』浅井春夫・松本伊智朗・湯澤直美編/定価2,415円(税込)/明石書店
危機感から社会問題化の出発点に/青木 紀(北海道大学教授)
*本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
(C)Rekishisyokonwakai     2008年05月25日(日) No.137 (新聞書評)

鎌倉〜江戸、武士リスト

FILE 136_1.xls

書店:横浜市・岩下書店
テーマ:鎌倉〜江戸、「武士」に力点を置いた棚作り
(C)Rekishisyokonwakai     2008年05月23日(金) No.136 (本の探し方―ブックリスト)

2008年5月18日の新聞書評


[朝日新聞/読書欄]


『都市計画の世界史』日端康雄著/定価1,050円(税込)/講談社現代新書
街の姿に見える思想や権力の強弱/尾関 章(朝日新聞論説委員)
* 本書の
詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『光源氏が愛した王朝ブランド品』河添房江著 /定価1,575円(税込)/角川選書
平安朝のセレブもブランドが好き/久田 恵(ノンフィクション作家)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『死者のゆくえ』佐藤弘夫著/定価2,940円(税込)/岩田書院
過去の意外な死生観にゆさぶられ/苅部 直(東京大学教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:岩田書院)


[読売新聞/読書欄]


『一休和尚大全』上・下 石井恭二 訓読・現代文訳・解読/定価各3,780円(税込)/河出書房新社
破戒の道選んだ名僧/磯田道史(茨城大学准教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[毎日新聞/読書欄]


『近代日本の万能人・榎本武揚』榎本隆充他編/定価3,465円(税込)/藤原書店
平和の戦いで勝つ「国利民福」の思想/森谷正規(技術評論家)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[日経新聞/読書欄]


『戦間期日本の社会集団とネットワーク』猪木武徳著 /定価4,935円(税込)/NTT出版
個人と国家の間 歴史的に考察/成田龍一(日本女子大教授)。
* 本書の詳細をご覧ください/(協力:紀伊國屋書店)


[東京=中日新聞/読書欄]


『激動のトルコ』内藤正典編著/定価2,835円(税込)/明石書店
一橋大の内藤ゼミの学生が、「9.11事件」の背景を分析しつつ、イスラム教における原理主義と世俗主義、宗教と民族の問題に検討を加えたプロジェクトの論文集。
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『地名の社会学』今尾恵介著/定価1,575円(税込)/角川学芸出版
捨てられるメッセージ/「地名が消えるのは歴史への敬意が失われているから…まずは地元の地名に関心を」
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[茨城新聞/読書欄]


『骨が語る古代の家族(歴史文化ライブラリー)』田中良之著/定価1,785円(税込)/吉川弘文館
歯冠のDNA分析を通じ、日本古代社会と家族、親族集団の変容を追究した注目作。
*本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[しんぶん赤旗/読書欄]


『ユダヤ人最後の楽園 ワイマール共和国の光と影』大澤武男著/定価735円(税込)/講談社現代新書
迫害と進出の歴史 人間を考えさせる/望月幸男(同志社大学名誉教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
(C)Rekishisyokonwakai     2008年05月19日(月) No.133 (新聞書評)

2008年5月オススメの30冊


PDF版 FILE 
132_1.pdf

出版社名 ISBN NO.
書 名 編 著 者 名 判型 本体価格 発行年(月)


青木書店 9784250208089
マルクス主義という経験 
       磯前順一・ハルトゥーニアン編 A5 \3,500 2008.4
1930〜40年代日本の歴史学


明石書店 9784750327815
ブータンの歴史 ブータン小・中学校歴史教科書
       ブータン王国教育省編     A5 \3,800 2008.4
根強いファンが多いブータン。その歴史教科書を完訳!


明石書店 9784750318950
チベットを知るための50章 石濱裕美子編著 四六 \2,000 2004.4緊急増刷決定!売れています。ぜひこの機会に平積みを!


校倉書房 9784751738900
近現代史考究の座標 大日方純夫 四六 \3,800 2007.8
売れ行き好調です。棚にあるかもしれませんが、なければどうぞ


校倉書房 9784751739303
歴史への問い/現在への問い 大門正克 四六 \3,800 2008.3
売れ行き好調です。棚にあるかもしれませんが、なければどうぞ


大月書店 9784272540464
闇こそ砦 上野英信の軌跡 川原一之 四六 \2,600 2008.4
北九州の筑豊に宮沢賢治のような男がいた。近年再評価の気運が高まる氏の傑作評伝


大月書店 9784272430734
不安な経済/漂流する個人 新しい資本主義の労働・消費文化
      リチャード・セネット 四六 \2,300 2008.1
4/25)朝日新聞に大きく紹介されました!


学生社 9784311407154
出雲大社 千家尊統 四六 \2,200 1998
約60年に一度の節目に行われる出雲大社の遷宮が本格化


学生社 9784311202360
古代出雲大社の復元 大林組プロジェクト 四六 \1,980 1989
出雲大社の本殿は48辰發△辰拭B舂啻箸竜蚕兌圓復元にいどむ


柏書房 9784760133185
古文書はじめの一歩 油井宏子 A5  \1,800 2008.4
みんなが待っていた、ゼロからはじめる入門書


柏書房 4760126767
古文書はこんなに面白い 油井宏子 A5  \1,800 2005.2


思文閣出版 9784784213870
石山寺の信仰と歴史 鷲尾遍隆監修 綾村宏編 A5 \1,800 2008.4
石山寺の信仰・歴史・美術・文学・経典を、図版とともに解説。オールカラー、図版150点


思文閣出版 9784784213788
みやこの近代 丸山宏・伊從勉・高木博志編 A5 \2,600 2008.3
『京都新聞』にて連載されたものを再構成。近代現代の京都の根本問題を見通す85篇


東京大学出版会 9784130262170
平安時代の天皇と官僚制 佐藤全敏 A5 \6,500 2008.3
「天皇/朝廷」という権力行使体の特質は?


東京大学出版会 9784130262163
歴史学と歴史教育の構図 今野日出晴 A5 \7,200 2008.1
「論座」6月号に書評掲載。堅実な売行きです


東京堂出版 9784490105926
中国少数民族事典 田畑久夫他 A5 \3,800 2001
多数の異民族が混在してきた中国で現在公認されている55の少数民族を解説


東京堂出版 9784490205497
チベット寺院建築巡礼 大岩昭之 A5 \2,600 2005
仏教の地・チベットの寺院を中心に、“群青の空の国”の知られざる建築全般を紹介


刀水書房 9784887085039
本を読むデモクラシー “読者大衆”の出現
              宮下志朗 四六 \1,600 2008.3
庶民が本を読み始めた。書店さんも版元もこぞって読みたくなる本です。売れてます!


刀水書房 9784887083561
図書館の誕生 古代オリエントからローマまで
       カッソン著/新海邦治訳 四六 \2,300 2007.4
粘土板から本の形になるまでの図書館の歴史。合わせてオススメです


同成社 9784886214331
名護屋城跡ー文禄・慶長の役の軍事拠点 高瀬哲郎 四六 \1,800 2008.4尾張名古屋にあらず、肥前名古屋です。朝鮮出兵の最前線基地


同成社 9784886214317
壺屋焼が語る琉球外史 小田静夫 A5 \4,500 2008.9
八丈島、遠く南洋諸島で発見される壺屋焼から、泡盛の歴史と沖縄漁民・農民の移住に迫る


塙書房 4827311625
京の社 神と仏の千三百年 岡田精司 四六 \2,500 2000
京都の神社の中から各時代を代表する古社を選びその歴史を分かりやすく解説

塙書房 4827311897
古代熊野の史的研究 寺西貞弘 A5 \3,800 2004
「蟻の熊野詣」と呼ばれる程有名になる前の熊野の原像を考察する


法藏館 9784831874726
密教空間史論 第12回建築史学会賞受賞
              冨島義幸 A5 \9,500 2007
建築空間から中世のコスモロジーを読み解く


法藏館 978483187434
ビルマの民族表象 ― 文化人類学の視座から
              高谷紀夫 A5 \8,200 2008.4
少数派と多数派の相克の歴史と実像、他民族共生の構造を明らかに。


山川出版社 9784634474529
民衆のイスラーム(異文化理解講座7)
             赤堀雅幸編 四六 \1,800 2008.4
厳格な一神教という印象とは異なる、もう一つのイスラームを多角的に論じる

山川出版社 9784634474536
現代中米・カリブを読む(異文化理解講座8)
             小池康弘編 四六 \1,800 2008.4
複雑な現代中米・カリブ地域の全体像を把握し理解するための全9章


吉川弘文館 9784642056458
日本料理の歴史     熊倉功夫 四六 \1,700 2007.10
平安貴族の食事から庶民の食卓、京料理、わかりやすく描かれた日本料理の原点


吉川弘文館 9784642056403
信長のおもてなし 中世食べもの百科
          江後迪子 四六 \1,700 2007.8
信長が家康をもてなした安土城の宴会メニューとは?中世の豊な食生活


吉川弘文館 9784642063418
日本食生活史 渡辺 保 四六 \2,700 1964.6
歴史文化セレクションとしてよみがえったロングセラー。日本人は何を食べて来たか
(C)Rekishisyokonwakai     2008年05月12日(月) No.132 (本の探し方―今月のおすすめ)

2008年5月11日の新聞書評


[朝日新聞/読書欄]


『アジアの国民国家構想』久留島 浩・趙 景達編 /定価2,940円(税込)/青木書店
19世紀に遡って意義と限界を探る/日本のほかに朝鮮、中国、ベトナム、トルコなどでの国民国家の構想を比較検討する論考からなっている。日本という国民国家の意義と限界を考えるにはアジアという範囲で考える必要があるという狙いが見える。…われわれが国民国家を根本から考え直すには必須の書であろう。/南塚信吾(法政大学教授)
* 本書の
詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『アラブ・ミュージック』関口義人編/定価1,890円(税込)/東京堂出版
未知の音楽空間にハマってみては/アラブの多様なジャンルの音楽に魅せられた10人の執筆者の、その面白さを少しでも日本に伝えたい、という思いが本書にはつまっている。/小杉 泰(京都大学教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『ACADEMIC GROOVE―東京大学アカデミック・グルーヴ 』東京大学編/定価1,260円(税込)/東京大学出版会
学問の面白さ伝える東大が研究紹介単行本/きれいなカラーのグラフィックが満載。際『日独関係史 1890−1945 』全3巻が完結した。日独の正確な歴史像の形成に寄与するのが目的で、45年以降のれきしが再検討される契機になることも企図された。
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)

* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:東京大学出版会)


『マーク・トウェインと日本』石原 剛著/定価3,675円(税込)/彩流社
原作の改変で悪童がヒーローにも/赤澤史朗(立命館大学教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[読売新聞/読書欄]


【記者が選ぶ】

『古代インド文明の謎』堀 晄著 /定価1,785円(税込)/吉川弘文館
最新データをもとに、北シリアを起源とする印欧語系の農耕民が6000年前にインドへも拡散し、アーリヤ人となった、という壮大な仮説提示する。…インド史のみならず従来のユーラシア文明史根底から覆す刺激的な新説だ。
* 本書の詳細をご覧ください。(協力:紀伊國屋書店)


『学生をやる気にさせる歴史の授業』森谷公俊著 /定価2,415円(税込)/青木書店
小中高校の授業指南書は数多いが、大学となるとめずらしい。アレクサンドロス大王を専門とする著者が、学生のレベルの低さに唖然とし、「日本の未来」のために立ち上がった試行錯誤の記録。
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『天皇たちの和歌』谷知子著/定価1,575円(税込)/角川選書
歴史を通して、天皇たち和歌においてのみ、饒舌だ。/小倉紀蔵(韓国思想研究家)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『魂への態度』神崎繁著/定価1,339円(税込)/岩波書店
意思はいつ生まれたか/本村凌二(西洋史家)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『ボスニア内戦』佐原徹哉著 /定価3,360円(税込)/有志舎
どの民族にも肩入れしない冷静な分析で、グローバリゼーションによる連邦システムの崩壊と恐怖が原因であると指摘する。
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:有志舎)


『悠久なるシルクロードから平城京へ』児島建次郎編/定価3,360円(税込)/雄山閣
新たなシルクロード学を切り開いている。
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[毎日新聞/読書欄]


『カトリックと文化』中央大学人文科学研究所編/定価5,985円(税込)/中央大学出版部
さまざまな時空、斬新に論じる/村上陽一郎(ICU客員教授・科学史)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『ヴィクトリア朝偉人伝』リットン・ストレイチー著 /定価3,990円(税込)/みすず書房
ナイチンゲールは激怒する人だった/湯川 豊(京都造形芸術大学教授・文芸)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『中国とインドの諸情報』全2巻 /定価2,835円2,940円(税込)/平凡社東洋文庫
好奇心をそそる不思議な記事が満載/
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)

 

[日経新聞/読書欄]


『ボスニア内戦』佐原徹哉著 /定価3,360円(税込)/有志舎
どの民族にも肩入れしない冷静な分析で、グローバリゼーションによる連邦システムの崩壊と恐怖が原因であると指摘する。
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:有志舎)


[産経新聞/読書欄]


『「邪馬台国畿内説』徹底批判』安本美典著/定価2,940円(税込)/勉誠出版
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[東京=中日新聞/読書欄]


『子どもの虐待防止・法的実務マニュアル・第3版』日本弁護士連合会子どもの権利委員会編/定価2,940円(税込)/明石書店
現場の力に/現場で対応する人間には悲しいけれど必要な本だ。
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『渋沢栄一と“義利”思想』于 臣著/定価3,990円(税込)/ぺりかん社
同時代中国と比較し再評価/見城悌治(千葉大学准教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『シリーズ花岡事件の人たち』全4冊 野添憲治著/定価各4,515円(税込)/社会評論社
探し続けた惨事の真相/鎌田 慧(ルポルタージュ作家)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『都市計画の世界史』日端康雄著/定価1,050円(税込)/講談社現代新書
同時代中国と比較し再評価/見城悌治(千葉大学准教授)
* 本書のA HREF="http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%93%73%8E%73%8C%76%89%E6%82%CC%90%A2%8A%45%8E%6A">詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『海を生きる技術と知識の民族誌』飯田 卓著/定価4,830円(税込)/世界思想社
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『昔話の旅 語りの旅』野村純一著/定価2,730円(税込)/アーツランドクラフツ
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[茨城新聞/読書欄]


『1000キロの海を渡った「大王の棺」』澤宮 優著/定価2,310円(税込)/現代書館
交流の証しを石棺から探る/春名 徹(ノンフィクション作家)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
(C)Rekishisyokonwakai     2008年05月11日(日) No.131 (新聞書評)

2008年5月4日の新聞書評


[朝日新聞/読書欄]


『古代インド文明の謎』堀 晄著 /定価1,785円(税込)/吉川弘文館
アーリア人の征服はなかったのか/壮大で意味深い仮説である。これは、インド史だけでなく、中央アジア史、イラン史、メソポタミア史、ヨーロッパ史、すべての見直ししなる。さらに、今日の民族・宗教問題にも影響を与える。/柄谷行人(評論家)
* 本書の
詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『創氏改名 日本の朝鮮支配の中で』水野直樹著/定価819円(税込)/岩波新書
同化政策に差異を残したチグイハグ/赤澤史朗(立命館大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『日独関係史 1890−1945 』全3巻 工藤章、田嶋信雄編/定価各5,880円(税込)/東京大学出版会
『日独関係史 1890−1945 』全3巻が完結した。日独の正確な歴史像の形成に寄与するのが目的で、45年以降のれきしが再検討される契機になることも企図された。
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[読売新聞/読書欄]


『明治維新史という冒険』青山忠正著 /定価2,520円(税込)/思文閣出版
明治維新史から「不純物」を取り去り、新たな解釈を施す冒険の喜びを知るための道標を提示した本。…著者の文章は手堅いが読みやすい。写真の適切な使用とあいまって、維新史に親しむ格好の入門書となっている。/御厨 貴(歴史家・政治学者)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
* 思文閣ホームページの掲載情報


『東アジアの巨大古墳』上田正昭、白石太一郎、西谷正他著 /定価2,940円(税込)/大和書房
古代日本は分権国家/磯田道史(茨城大学准教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


【記者が選ぶ】
『平城京遷都』千田稔著 /定価882円(税込)/中公新書
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[毎日新聞/読書欄]


* 源氏物語特集でした。

 

[日経新聞/読書欄]


『比較経済発展論』斎藤 修著/定価5,460円(税込) /岩波書店
「国富論」基に新たな近世歴史像/中村真幸(東京大学准教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『日本人登場』三原 文著/定価3,675円(税込) /松柏社
海を渡った軽業師、立体的に描写/川添 裕(皇學館大学教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[産経新聞/読書欄]


『「在支二十五年」米国人記者が見た戦前のシナと日本』上・下 ジョン・B・パウエル著/定価各1,995円(税込)/
敵対する立場からの証拠資料/松本健一(麗澤大大学院教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[東京=中日新聞/読書欄]


『日本流行歌変遷史』菊池清麿著/定価3,360円(税込)/論創社
時代をつくる民衆の熱狂/新井恵美子(ノンフィクション作家)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[茨城新聞/読書欄]


『国家と音楽』奥中康人著/定価2,625円(税込)/春秋社
国民をつくる時代背景を追う/青澤隆明(音楽評論会)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[しんぶん赤旗/読書欄]


『憲兵政治』纐纈 厚著/定価1,995円(税込)/新日本出版社
任務を逸脱した国民監視の暴力装置/志葉 玲(ジャーナリスト)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『日本古典芸能史』今岡謙太郎著/定価2,100円(税込)/武蔵野美術大学出版会
6世紀末〜幕末の祭祀・芸能を克明に/稲田和浩(演芸評論家)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『文明開化の錦絵新聞』千葉市美術館編/定価2,100円(税込)/国書刊行会
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
(C)Rekishisyokonwakai     2008年05月05日(月) No.130 (新聞書評)

日本史研究会


http://wwwsoc.nii.ac.jp/jhs/index.html
(C)Rekishisyokonwakai     2008年05月01日(木) No.135 (リンク集)

歴史学研究会


http://wwwsoc.nii.ac.jp/rekiken/
(C)Rekishisyokonwakai     2008年05月01日(木) No.134 (リンク集)