歴史書懇話会
歴史書懇話会芸能部おじおば合唱隊が「神保町は本の町」オリジナル曲を大合唱しました。
その様子を4分29秒の映像でお楽しみください。
おすすめ歴史書1968年6月に歴史書を刊行する有志出版社7社で結成され、現在11社が加盟しています。結成以来、「歴史書懇話会はすぐれた歴史書の普及とその販売を積極的に推進する。本会はその目的達成のため、会員相互の協力によって必要な研究ならびに事業を行う。」(会規約)の精神に基づき活動しています。
明石書店-校倉書房-思文閣出版-東京堂出版-刀水書房-同成社
塙書房-法藏館-ミネルヴァ書房-山川出版社-吉川弘文館

◆会員社のRSS一覧◆

RSS Feed Widget


トップページメルマガ登録アンケート

古都、奈良に歴史書が勢ぞろい!


啓林堂書店奈良ビブレ店リニュアールオープン
奈良県下最大級の書店が誕生!
500坪・40万冊の品揃え
11月27日午前10時、奈良ビブレ地下1階
古都、奈良に歴史書が勢ぞろい!
日本史を中心に2,000点の歴史書を常備します。
当会も協力して、歴史関連のブックフェアも随時、開催いたします。
新刊だけでなくロングセラーも揃えた、これまで奈良にはなかった
専門書中心の歴史書コーナーが誕生します。
★啓林堂書店奈良ビブレ店の
詳細


▼啓林堂書店奈良ビブレ店オープン記念フェア
平城京遷都千三百年記念フェア
いよいよ来年は和銅三年に平城京が開かれてから千三百年。
平城京の歴史に関する、歴史的名著から最新の研究成果を
収めた新刊まで、多数展示販売いたします。
展示図書


▼11月27日奈良新聞に当会の全5段広告を掲載します!
広告掲載図書は啓林堂書店の下記店舗にて展示販売いたします。
奈良ビブレ店、奈良店、奈良三条店、西大寺店、大和郡山店

*広告掲載図書は下記
百姓の主張― 訴訟と和解の江戸時代
渡辺尚志著 定価2,310円 柏 書 房 

文人世界の光芒と古都奈良 大和の生き字引・水木要太郎
久留島浩・高木博志・高橋一樹編 定価8,190円 思文閣出版

大人のための近現代史 19世紀編 
三谷博・並木頼寿・月脚達彦編 定価2,730円 東京大学出版会

【世界史の鏡】全101冊 シリーズ刊行中
樺山紘一編 定価 各1,680円 刀水書房

局地鉄道
三木理史著 定価2,310円 塙 書 房

奈良古社寺辞典
吉川弘文館編集部編 定価2,940円 吉川弘文館

日本古代の国家形成と都市
浅野 充著 定価10,500円 校倉書房

考古学からみた倭国
白石太一郎著 定価7,350円 青木書店

中国古代の年中行事 全4冊(春夏秋冬) 
中村裕一著 定価各12,600円 汲古書院

日本史に出てくる官職と位階のことがわかる本
新人物往来社編 定価1,890円 新人物往来社

奈良の地名由来辞典
池田末則編 定価2,940円 東京堂出版

日本史年表・年号ハンドブック
阿部 猛編 定価1,260円 同 成 社

古代中世史の探求
大和を歩く会編 定価3,990円 法 藏 館

額田王(ミネルヴァ日本評伝選)
梶川信行著 定価3,150円 ミネルヴァ書房

奈良県の歴史散歩 上(北部)下(南部)
奈良県高等学校教科等研究会歴史部会編 定価1,260円 山川出版社

京都の歴史を足元からさぐる 宇治・筒木・相楽の巻
森 浩一著 定価2,310円 学 生 社

ドイツ・フランス共通歴史教科書【現代史】
近藤孝弘監訳 定価5,040円 明石書店



(C)Rekishisyokonwakai     2009年11月27日(金) No.253 (歴懇ニュース)

歴懇が書籍販売を行うシンポジウム、学会


★歴懇が書籍販売を行う、11月、12月開催のシンポジウム、学会のご案内です。

◇◇陵墓関係16学協会 限定公開30周年記念事業◇◇
  シンポジウム「陵墓公開運動30年の総括と展望」
日時:2009年11月23日(月・祝) 10時〜16時30分
場所:駒澤大学深沢キャンパス(教室は確定次第告知致します。)
 
   「陵墓公開運動30年の歩みと展望」  茂木 雅博 (日本考古学協会)
   「近代の陵墓と「国史」像」     高木 博志 (京都大学人文科学研究所)
   「教科書のなかの陵墓」       谷口  榮 (地方史研究協議会)
   「埋蔵文化財行政と宮内庁陵墓」   今尾 文昭 (古代学研究会)
   「記念物指定制度と陵墓」      大久保徹也 (考古学研究会)
※ 事前申し込みは不要です。奮ってご参加下さい。
※ チラシは下記
http://wwwsoc.nii.ac.jp/rekiken/091123%97%CB%95%E6%83%60%83%89%83V4.jpg

◇◇第60回 学習院大学史料館講座
「『おくのほそ道』をくずし字で読む」

芭蕉が記した紀行文学の代表的作品『おくのほそ道』。「月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり・・・」にはじまる有名な作品を、わかりやすい解説を加えながら、くずし字で読み解きます。

 平成21年11月27日(金):16:30〜18:00
 学習院大学創立百周年記念会館 正堂にて
 講師:学習院大学文学部教授 鈴木健一氏
※ 入場無料・事前申込不要
★学習院史料館の詳細は下記
http://www.gakushuin.ac.jp/univ/ua/new.html#hosomiti
★平成21年度常設展のお知らせ         
  「近代皇族の記憶―写真がかたる山階宮家三代の暮らし―」

◇◇ジェンダー史学会第6回大会
日時 11月29日(日)
場所 立教大学 (池袋):10号館
大会参加費:一般参加1500円、会員1000円
学生・院生(会員・一般参加共通)500円
茶話会参加費:一般参加者、会員、学生・院生1000円

○ 自由論題 10:00〜12:00
*部会A:文学・美術史・メディアとジェンダー
10号館201号室司会および進行 江上幸子
*部会B:経済・労働・福祉とジェンダー
10号館202号室司会および進行 谷本雅之
*部会C:日本における女性史・ジェンダー史
10号館207号室司会および進行 野本京子
*部会D:アメリカにおける女性史・ジェンダー史
10号館208号室司会および進行 高橋裕子
*部会E:アメリカ以外の海外における福祉とジェンダー史
10号館209号室司会および進行 水戸部由枝

○ 総会 13:00〜14:00 会場:10号館204号室
○ シンポジウム:「カタストロフィとジェンダー秩序の変容
―パンデミック・地震・経済危機」
14:15〜17:15 会場:10号館204号室
司会/趣旨説明/舘かおる 田丸理砂
新保淳乃「ペスト危機とジェンダー表象-近世イタリア諸都市におけるペスト 犠牲者イメージの創出」
北原糸子「地震災害の復興シンボルはなぜ女性なのかー江戸地震(1855年)と 関東大震災(1923年)からの考察」
中野智世「敗戦・インフレ・大量貧困-1920年代ドイツにおける女性福祉職員の 日記から」
コメンテーター 成田龍一
○ 茶話会 17:30〜18:30 会場:10号館
○「大会プログラムは下記
http://wwwsoc.nii.ac.jp/gendershi/congre6.html

◇◇トンボの眼4周年記念シンポジウム
『邪馬台国・九州説を考える』
日時: 平成21年12月13日(日) 11:00〜16:30 (開場10:30)
会場: 早稲田大学国際会議場・井深大記念ホール
JR高田馬場・西武新宿線高田馬場駅から都バス西早稲田下車徒歩3分
地下鉄東西線早稲田駅下車徒歩8分
定員: 460名
資料代: 1部・2部通し受講 2,000円 2部のみ受講 1,500円(事前払い)

第1部・対談『一支國―原の辻遺跡をみれば邪馬台国が見えてくる』
時間: 11:00 〜 12:30 (開場10:30)
ゲスト: 安楽勉氏(原の辻遺跡調査事務所所長)
対談聞き手: 苅谷俊介氏(俳優・日本考古学協会会員・壱岐観光大使)
第2部シンポジウム『邪馬台国・九州説を考える』
時間: 13:30 〜 16:30 (終演)
ゲスト: 大塚初重先生(明治大学名誉教授)(折衝中)
講演: 西谷正先生(九州歴史資料館館長・九州大学名誉教授)

★ 参加お申込/シンポジウムの詳細は下記
http://www.tonbonome.net/event/091213.html



(C)Rekishisyokonwakai     2009年11月22日(日) No.252 (歴懇ニュース)

2009年11月15日の【歴史関連書】の新聞書評


▼2009年11月15日の【歴史関連書】の新聞書評。
[読売新聞/読書欄]
『描かれた戦国の京都』小島道裕著/定価2,310円/吉川弘文館
屏風に成立事情や中心主題などを謎解きしながら、読者を古の京へ誘う。
★ 本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%95%60%82%A9%82%EA%82%BD%90%ED%8D%91%82%CC%8B%9E%93%73
『ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争』上・下 デイヴィッド・ハルバースタム著
文藝春秋 (2009/10/15 出版)定価1,995 (税込)
◇マッカーサー伝説覆す/榧野信治(本社論説副委員長)
◆書評の全文は下記
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20091116bk0c.htm
『パリ地下都市の歴史』ギュンター・リアー、オリヴィエ・ファイ著/東洋書林/2009年9月/定価3,990
◇ 歴史の痕跡 鮮やか/黒岩比佐子(ノンフィクション作家)」
◆書評の全文は下記
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20091116bk0e.htm
『東シナ海祭祀芸能史論序説』野村伸一著/風響社/2009年9月/定価3150
◇国境超える道しるべ/小倉紀蔵(韓国思想研究家)
◆書評の全文は下記
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20091116bk10.htm
『熊野神と仏』植島啓司著/原書房/2009年9月/定価2,100円
◇神や仏の「いま」伝える/本郷和人(日本中世史家)
◆書評の全文は下記
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20091116bk11.htm
【記者が選ぶ】
『教養としての日本宗教事件史』島田裕巳著/河出書房新社/2009年10月/定価1,260円
宗教を巡る言説は極端に傾きやすい。苦しみや悲しみを救済するありがたい存在と仰がれるかと思えば、人々から金品を巻き上げる悪(あ)しき団体と糾弾される。著者は「宗教は、本来、スキャンダラスなもの」ととらえ、事件や論争から日本宗教史をたどり直す。

[毎日新聞/読書欄]
『史跡で読む日本の歴史1 列島文化のはじまり』玉田芳英編/定価2,940円/吉川弘文館
『気候と人間の歴史・入門』=E・ル=ロワ=ラデュリ著/定価2,520円/藤原書店
◇歴史的事件に気象が与えた影響を探る/五味文彦(日本中世史・放送大学教授)
◆書評の全文は下記
http://mainichi.jp/enta/book/hondana/news/20091115ddm015070024000c.html
★ 『史跡で読む日本の歴史1 列島文化のはじまり』の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%8E%6A%90%D5%82%C5%93%C7%82%DE
★ 『史跡で読む日本の歴史』全10巻の詳細は下記(提供・吉川弘文館)
http://www.yoshikawa-k.co.jp/news/n491.html

『建礼門院という悲劇 (角川選書) 』佐伯真一著/角川学芸出版/2009/6/10/定価1,575円
◆書評の全文は下記
http://mainichi.jp/enta/book/hondana/archive/news/2009/11/20091115ddm015070017000c.html

[日経新聞/読書欄]
『描かれた戦国の京都』小島道裕著/定価2,310円/吉川弘文館
足利義晴や上杉謙信といった権力者うやその周辺の人々生き生きとした描写があたかも大河ドラマのよう―。室町後期の京都の景観や風俗をつぶさに描いた「洛中洛外図屏風」
にそうした側面があることを、著者は丹念に解き明かす。…建物や服装を基に人物が誰であるかを比定する作業は推理小説のようだ。
★ 本書の詳細は下記(提供・吉川弘文館)
http://www.yoshikawa-k.co.jp/book/b35309.html
【今を読み解く】
国家の針路問う移民問題/藤巻秀樹(編集委員)
『移民政策へのアプローチ―ライフサイクルと多文化共生』川村千鶴子・近藤 敦・中本博皓編著/定価2,940円/明石書店
移民問題について幅広く知りたい人にお薦め。研究者に加え、NPOや企業で実際に外国人支援活動をしている人が執筆。
★ 本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%88%DA%96%AF%90%AD%8D%F4%82%D6%82%CC%83%41%83%76%83%8D%81%5B%83%60

[中日=東京新聞/読書欄]
『大正天皇―一躍五大洲を雄飛す』フレドリック・R.ディキンソン著/定価2,625円/ミネルヴァ書房
大正天皇を通して20世紀初頭の大正時代を描き出す試み/
★ 本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4623055612.html
『『女装と男装』の文化史』/佐伯順子著/講談社/ 1785円
◆書評の全文は下記
http://www.tokyo-np.co.jp/book/shohyo/shohyo2009111503.html

[しんぶん赤旗/読書欄]
『天皇陵の解明―閉ざされた「陵墓」古墳』今井 堯著/新泉社(2009/10/18 出版)/定価2,940 円
◇困難な陵墓研究に公文書から迫る/外池 昇(成城大学教授)
★ 本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%93%56%8D%63%97%CB%82%CC%89%F0%96%BE
(C)Rekishisyokonwakai     2009年11月22日(日) No.251 (歴懇ニュース)

▼2009年11月8日の「歴史書関連」の新聞書評


▼2009年11月8日の「歴史書関連」の新聞書評。
[読売新聞/読書欄]
『リベラル・デモクラシーと神権政治』柴田寿子著 出版社:東京大学出版会
発行:2009年9月 ISBN:9784130101110
価格:¥3675 (本体¥3500+税)
評者=田中純(思想史家)
★ 書評の全文は下記
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20091109bk08.htm
★ 本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%83%8A%83%78%83%89%83%8B%81%45%83%66%83%82%83%4E%83%89%83%56%81%5B%82%C6%90%5F%8C%A0%90%AD%8E%A1
『近代書史』石川九楊著 出版社:名古屋大学出版会
発行:2009年8月 ISBN:9784815806002
価格:¥18900 (本体¥18000+税)
『書く』石川九楊著 出版社:中央公論新社
発行:2009年9月 ISBN:9784121020208
価格:¥777 (本体¥740+税)
評者=松山巖(評論家・作家)
★ 書評の全文は下記
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20091109bk09.htm
『子どもたちに語るヨーロッパ史』ジャック・ル・ゴッフ著、前田耕作監訳、川崎万里訳
出版社:筑摩書房 発行:2009年9月 ISBN:9784480092465
価格:¥1155 (本体¥1100+税)
評者=小野正嗣(作家)
★ 書評の全文は下記
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20091109bk0e.htm
★ 本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%8E%71%82%C7%82%E0%82%BD%82%BF%82%C9%8C%EA%82%E9%83%88%81%5B%83%8D%83%62%83%70%8E%6A
『「格差」の戦後史』橋本健二著 出版社:河出書房新社 
発行:2009年10月 ISBN:9784309624037
価格:¥1260 (本体¥1200+税)
評者=井上寿一(日本近現代史家)
★ 書評の全文は下記
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20091109bk0c.htm
★ 本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%81%75%8A%69%8D%B7%81%76%82%CC%90%ED%8C%E3%8E%6A
『インド美術史』宮治昭著 出版社:吉川弘文館
発行:2009年10月 ISBN:9784642063555
価格:¥3675 (本体¥3500+税)
★ 書評の全文は下記
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20091109bk11.htm
★ 本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4642063552.html
【記者が選ぶ】
『正倉院ガラスは何を語るか』由水常雄著/中公新書/発行:2009年10月/価格:¥840
★ 書評の全文は下記
http://www.yomiuri.co.jp/book/column/press/20091111bk02.htm
★ 本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%90%B3%91%71%89%40%83%4B%83%89%83%58%82%CD%89%BD%82%F0%8C%EA%82%E9%82%CC%82%A9

[朝日新聞/読書欄]
『ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争』上・下 デイヴィッド・ハルバースタム著
文藝春秋 (2009/10/15 出版) / B6判 ISBN: 9784163718200
価格: ¥1,995 (税込)
[評者]久保文明(東京大学教授・アメリカ政治)
★ 書評の全文は下記
http://book.asahi.com/review/TKY200911100203.html
★ 本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-ISBN=9784163718200
『ドゥルーズとガタリ 交差的評伝』ランソワ・ドス著 河出書房新社 価格:¥ 7,245
[評者]柄谷行人(評論家)
★ 書評の全文は下記
http://book.asahi.com/review/TKY200911100200.html
★本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-ISBN=9784309244884
『手妻のはなし―失われた日本の奇術』藤山新太郎著 新潮社  価格:¥ 1,680
[評者]阿刀田高(作家)
★ 書評の全文は下記
http://book.asahi.com/review/TKY200911100200.html
★本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-ISBN=9784106036477
『神と仏の出逢う国』鎌田東二著 角川学芸出版  価格:¥ 1,575
[評者]広井良典(千葉大学教授・公共政策)
★ 書評の全文は下記
★ 書評の全文は下記
http://book.asahi.com/review/TKY200911100200.html
★本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-ISBN=9784047034495
『学校では教えてくれない本当のアメリカの歴史』上・下 ハワード・ジン著 あすなろ書房  価格:¥ 1,575
『本当は恐ろしいアメリカの真実』エリコ・ロウ著 講談社  価格:¥ 1,470
[評者]江上剛(作家)
★ 書評の全文は下記
http://book.asahi.com/review/TKY200911100192.html
★本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-ISBN=9784751526118
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-ISBN=9784751526125
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?W-ISBN=9784062156653

[日経新聞/読書欄]
『明治版画史』岩切 信一郎著 吉川弘文館 2009/08/10出版 / A5判 価格¥6,300 (税込)
錦絵軸に印刷文化の浮沈たどる/本書は、安価な印刷物の載った挿絵など「版画」のすそ野まで視野を広げ、美しい図版を求めた人々の動きと印刷文化の浮沈をたどっている。…視覚的なイメージは文字情報とは次元を異にする認識を呼び起こす。日本の近代社会を描き出すのにも印刷メディアがもたらすイメージの力は欠かせない。錦絵の盛衰を軸に論じてこの本の内容は専門的だが、その意義は小さな領域にとどまらない。
★ 本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%96%BE%8E%A1%94%C5%89%E6%8E%6A
『松本重治伝―最後のリベラリスト』開米 潤著 藤原書店 2009/09/30出版 / B6判 価格¥3,990 (税込)
日中和平工作に動いた言論人/泉 宣道(論説委員長)
★ 本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%8F%BC%96%7B%8F%64%8E%A1%93%60
【今を読み解く】
『行政改革と調整のシステム』東京大学出版会 牧原 出著 価格:\1,470/
行政にいけるドクトリン(基本原則)の分析によって日本の行政学に新たな地平を開く力作だが、「調整」という概念を用いて、政権運営の課題を解き明かす/飯尾 潤(政策研究大学院大学教授)
★ 本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%8D%73%90%AD%89%FC%8A%76%82%C6%92%B2%90%AE%82%CC%83%56%83%58%83%65%83%80

[中日=東京新聞/読書欄]
『江戸の文人サロン―知識人と芸術家たち』揖斐 高著 価格\1,785 /吉川弘文館
同時代の西洋のサロンとは異なる江戸文人たちの精神的共同体とは?太田南畝らの狂歌の集い、蘭方医たちの桂川寄り合いなどを例に、実像を描き出す。
★ 本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%8D%5D%8C%CB%82%CC%95%B6%90%6C%83%54%83%8D%83%93
『犬の帝国 幕末ニッポンから現代まで』アーロン・スキャブランド著 価格3360円/岩波書店
■近代の社会構造を映す鏡に [評者]高橋 龍夫(専修大教授・日本近現代文学)
★ 書評の全文は下記
http://www.tokyo-np.co.jp/book/shohyo/shohyo2009110802.html

[しんぶん赤旗/読書欄]
『イチャモン研究会―学校と保護者のいい関係づくりへ』小野田正利編著/ミネルヴァ書房 2009/09/30出版 / B6判 価格: ¥1,470 (税込)
★ 本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%83%43%83%60%83%83%83%82%83%93%8C%A4%8B%86%89%EF
『武装親衛隊とジェノサイド―暴力装置のメタモルフォーゼ』芝 健介著/有志舎 2008/06/30出版 / B6判 価格 ¥2,520 (税込)
■ナチ国家の暴力組織変容に現代重ね/[評者]菊地宏義(歴史教育者協議会常任委員)
★ 本書の詳細は下記(協力・紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%95%90%91%95%90%65%89%71%91%E0%82%C6%83%57%83%46%83%6D%83%54%83%43%83%68

(C)Rekishisyokonwakai     2009年11月15日(日) No.250 (歴懇ニュース)

「坂の上の雲」を愉しむために/明治という時代


FILE 
249_1.xls

出版社
書名 編著者 定価(税込)
詳細/e-honに接続します(協力=トーハン)


青木書店


ちゃんと知りたい!日本の戦争ハンドブック  歴史教育者協議会編 2,940円詳細

戦争の時代と社会 日露戦争と現代 安田浩他編 3,150円詳細

伊藤博文と韓国併合  海野福寿著   2,650円
詳細


明石書店


司馬遼太郎と網野善彦 川原崎剛雄著 2,100円
詳細

日本人の朝鮮観 琴秉洞著 3,780円 詳細

国際共同研究 韓国併合と現代 笹川紀勝、李泰鎮編著 1,0290円 詳細

世界史の中の日本 岡倉登志著 2,625円 詳細


校倉書房


歴史学のポジショナリティ 成田龍一著 5,040円 詳細


国民国家と天皇制 鈴木正幸著 5,250円 詳細


日本の朝鮮植民地支配と警察 松田利彦著 13,650円 詳細


学生社


*和魂!!めざめよ! 上田 正昭著 2,100円 詳細


"*京都の歴史を足元からさぐる
−嵯峨・嵐山・花園・松尾の巻−" 森 浩一著 2,310円 詳細


*骨が語る日本史  解説付新装版 鈴木尚著・馬場悠男解説 3,360円 詳細


柏書房


極秘 日露海戦写真帖 戸皸貔 監修 2,000円 詳細


秘蔵 日露陸戦写真帖 原剛 監修 21,000円 詳細


さまよえる英霊たち 田中丸勝彦著 2,310円 詳細


汲古書院


中国砲艦『中山艦』の生涯 横山宏章著 3,150円 詳細


明治の碩学 三浦 叶著 4,515円 詳細


増補 義和団戦争と明治国家 小林一美著 12,600円 詳細


思文閣出版


日露戦争従軍記 軍医の陣中日記 溝上國義編  2,940円 詳細


光芒の大正 川内まごころ文学館蔵 山本實彦関係書簡集 改造社関係資料研究会編  5,250円 詳細


条約改正交渉史 1887〜1894 大石一男著  6,825円 詳細


新人物往来社


秋山好古・真之兄弟と正岡子規らが生きた時代 別冊歴史読本48 1,890円 詳細


秋山真之のすべて 新人物往来社編 700円 詳細


図説 明治の戦争と青春群像(別冊歴史読本) 新人物往来社編 1,890円


キーワード日露戦争と明治日本 太平洋戦争研究会編 1,365円 詳細


幕末・明治古写真帖 2,520円 詳細


日露戦争 戦記クラシックス 近現代史編纂会編 2,940円 詳細


日露戦争下の日本 ハーグ条約の命ずるままに エリザ・R.シドモア著 2520円 詳細


東京大学出版会


歴史の描き方1 ナショナル・ヒストリーを学び捨てる 酒井直樹編 2,625円 詳細


歴史の描き方2 戦後という地政学 西川祐子編 2,625円 詳細


歴史の描き方3 記憶が語りはじめる 冨山一郎編 2,625円 詳細


東京堂出版


*徳川・松平一族の事典 工藤寛正編 9,975円 詳細


*坂本龍馬事典<虚構と真実> 加来耕三著 2,520円 詳細


*【画文集】シベリア抑留1450日 山下静夫著 2,940円 詳細


刀水書房


庶民のみた日清・日露戦争 大濱徹也著 2,310円 詳細


日本人と戦争 大濱徹也著 2,520円 詳細


近代日本の国民動員 郡司 淳著 7,350円 詳細


同成社


日露戦争従軍将兵の手紙 大濱徹也監修 8,000円 詳細


御座候ー済々黌日露戦役記念帖 片岡正実著 1,429円 詳細


世界軍事史 小沢郁郎著 7,000円 詳細


明治期日本の光と影 阿部猛・田村貞雄編 8,400円 詳細


塙書房


*国境の植民地・樺太 三木理史著 1,890円 詳細


*明治経済政策史の研究 神山恒雄著 6,090円 詳細


日本帝国主義と満州 上・下<OD版> 鈴木隆史著 各9,500円 詳細


法藏館


*山をおりた親鸞 都をすてた道元 松尾剛次著 2,310円 詳細


*権力と仏教の中世史   文化と政治的状況 上横手雅敬著 9,975円 詳細


*五来重著作集 全12巻 1巻日本仏教民俗学の構築 五来 重著 8,925円 詳細


ミネルヴァ書房


乃木希典 佐々木英昭 著 2,940円 詳細


明治天皇 伊藤之雄著 2,940円 詳細


桂 太郎 小林道彦著 3,150円 詳細


陸 羯南 佐野史郎 松田宏一郎著 3,150円 詳細


山川出版社


加藤高明と政党政治 奈良岡聰智著 7,140円 詳細


明治の面影・フランス人画家ビゴーの世界 清水勲編著 2,415円 詳細


ロシア史(新版世界各国史22) 和田春樹編 3,675円 詳細


吉川弘文館


秋山真之(人物叢書) 田中宏巳著 2,100円 詳細


正岡子規(人物叢書) 久保田正文著 2,205円 詳細


乃木希典(人物叢書) 松下芳男著 1,995円 詳細


陸 羯南(人物叢書) 有山輝雄著 2,205円 詳細


山県有朋(人物叢書) 藤村道生著 2,100円 詳細


桂 太郎(人物叢書) 宇野俊一著 2,100円 詳細


森鴎外(歴史文化ライブラリー) 白崎昭一郎著 1,785円 詳細


日清戦争(戦争の日本史19) 原田敬一著 2,625円 詳細


世界史の中の日露戦争(戦争の日本史20) 山田 朗著 2,625円 詳細


人物で読む近代日本外交史  服部龍二ほか編 2,940円 詳細


近代日本の転機 明治・大正編 鳥海 靖編 2,940円 詳細


山県有朋と近代日本 伊藤 隆編 9,450円 詳細


立憲国家の確立と伊藤博文 伊藤之雄著 7,875円 詳細


■このリストは【歴史ハンドブック 坂の上の雲】(NHK出版)をもとに作成いたしました。
■*印の書目は【歴史ハンドブック 坂の上の雲】表3広告掲載のテーマとは関係のない売行良好書です。

(C)Rekishisyokonwakai     2009年11月08日(日) No.249 (本の探し方―ブックリスト)

2009年11月のオススメ    


PDF版FILE 
247_1.pdf


出版社名 ISBN NO.
書 名 編 著 者 名 判型 本体価格 発行年(月)

青木書店 9784250209109
ドイモイの誕生 古田元夫 四六 \3,000 2009.9
「貧しさを分かち合あう社会主義」決別し、「民族化」の道をめざすまで


明石書店 9784750330778
暴力と戦争 ジェンダー史叢書 第5巻 加藤千香子編著 A5 \4,800 2009.10
『経済と消費社会』に続くジェンダー史叢書の第2巻目!


明石書店 9784750328881
写真で見る在日コリアンの100年 在日韓人歴史資料館編著 A4 \2,800 2008.11
読売新聞などの書評で取上げられてから、よく売れています!


校倉書房 9784751700983
マルコポーロ東方見聞録 青木一夫訳 四六 \2,000 1960.11
いちばん正しいとされるリッチ版の全訳を1冊に収めた


校倉書房 9784751718513 一茶の時代 青木美智男 四六 \3,000 1988.4
一茶を通して時代相や民衆の心情を探った


学生社 9784311202599
韓国の古都を行く 李 進熙 四六 \1,900 2002.10
この間品切れになっていましたが「重版」が出来ました


学生社 9784311202964
歴史に気候を読む 吉野正敏 四六 \2,000 2006.6
歴史上の出来事に気候や気象の影響を解説


柏書房 476010951X
現代こよみ読み解き事典 岡田芳朗他編著 四六 \2,718 1993.3年の瀬が近づいてくると「こよみ」が売れる季節となります


柏書房 4760118241
日本の神様読み解き事典 川口謙二編著 四六 \2,800 1999.10
神々の由来とご利益のすべてがわかる。この季節の一押し商品


汲古書院 9784762950193
岸田吟香―史料から見たその一生― 杉浦 正 四六 \4,800 1996.7
わが国初の新聞を発行するなど日本近代の先駆者、波乱の生涯を追う!
汲古書院 9784762911767
中国歴史公文書読解辞典 山腰敏寛 A5 \3,300 2004.6
中国近代史資料を読みこなすための手引書。ロングセラーの一冊です


思文閣出版 9784784214822
緒方洪庵 幕末の医と教え 中田雅博  A5 \2,500 2009.9
産経新聞紙上連載『適塾再考』を全面改訂・再構成。読みやすいです


思文閣出版 9784784214792
東アジアのなかの日本 上田正昭 四六 \2,400 2009.11
折口民俗学を継承する著者の昨今の論文や講演録などを選んで収録


新人物往来社 9784404037602
写真と地図で歩く 戦国武将の城跡 新人物往来社編 A5 \1,600 2009.10
ゆかりの城・寺社・旧跡 徹底散策ガイド


新人物往来社 9784404037619
総図解 よくわかる 日本 歴史の英雄 「歴史読本」編集部編 B6 \1,400 2009.10
写真とイラストで歴史の流れと人物・事件が一気に読める


東京大学出版会 9784130820868
日本美術の歴史 辻 惟雄 A5 \2,800 2005.12
いまや美術史テキストの定番といえばコレ!刊行以来、売れ続けています


東京大学出版会 9784130830300
まなざしのレッスン1 西洋伝統絵画 三浦 篤 A5 \2,500 2001.4
西洋絵画ならこの1冊。現在7刷。来春には続巻も刊行予定です


東京堂出版 9784490107739
県別 名字ランキング事典 森岡 浩 四六 \1,600 2009.10
全国的に多い名字1000を、都道府県ごとに50位までのランキングで収録
東京堂出版 9784490107333
坂本龍馬事典<虚構と真実> 加来耕三 四六 \2,400 2009.8
来年の大河ドラマ「龍馬伝」の主人公、坂本龍馬の生涯と思想、暗殺の真相に迫る!


刀水書房 4887083181
ミケランジェロと政治―メディチに抵抗した《市民=芸術家》 G.スピーニ 四六 \2,500 2003.10
この頃動きがよいのです。放送大学売店で売れています!


刀水書房 9784887083837
家の存続戦略と婚姻―日本・アジア・ヨーロッパ 國方敬司・永野由紀子・長谷部弘編著 A5 \4,500 2009.10
10月新刊の比較家族史です。動き始めました。社会学の家族の棚にも1冊どうぞ


同成社 9784886214881
新博物館学ーこれからの博物館経営 小林 克 A5 \2,800 2009.10
博物館学芸員として今の博物館の抱える課題抽出し現代博物館経営の姿を提起

同成社 9784886214973
隼人と古代日本 永山修一 A5 \5,000 2009.9
隼人=「夷荻」とする従来の歴史館に疑問を呈し、彼らの抵抗と戦いの歴史を概観


塙書房 4827330751
平安朝の年中行事 山中 裕 B6 \2,400 1972
平安時代の年中行事の成立と変遷をたどる


塙書房 482734051X
魔よけとまじない 中村義雄 新書 \900 1978
王朝時代に行われていた魔よけとまじないより古代人の信仰世界を読む


法藏館 9784831837516
シルクロード考古学 第一巻  インド・中央アジア 樋口隆康 四六 \2,500 1986
文化伝播の跡を辿り,発掘現代での随想を綴る。シルクロード研究の第一人者の集大成


法藏館 9784831837523
シルクロード考古学 第二巻  西域紀行 樋口隆康 四六 \2,500 1987
(全4巻・別巻写真集)第三巻 敦煌から日本へ  第四巻 西域発掘誌 次月紹介予定


ミネルヴァ書房 9784623055371
ヴィクトリア朝ロンドンの下層社会 ヘンリー・メイヒュー A5 \4,600 2009.10
風刺週刊誌『パンチ』創設者が豊富な図版をもとに実像を活写します


ミネルヴァ書房 9784623054442
「鎖国」という言説  大島明秀 A5 \6,000 2009.1
志筑忠雄訳『鎖国論』で誕生した『鎖国』をケンペルにまで遡って検証


山川出版社 9784634474611
イスラームを知る 1 イスラーム―知の営み 佐藤次高 A5 \1,200 2009.10
全12巻の新シリーズの第1巻です。手ごろな価格でイスラームを学べます


山川出版社 9784634224803
物語の舞台を歩く 8徒然草 久保田 淳 四六 \1,800 2009.10
序章243段の随筆な中から抽出して、吉田兼好の足跡を追う


吉川弘文館 9784642052306
秋山真之(人物叢書) 田中 宏巳 四六 \2,000 2004.9
日露戦争100年!小説『坂の上の雲』に描かれた、栄光と苦悩の生涯。


吉川弘文館 9784642050477 正岡子規(人物叢書) 久保田 正文 四六 \2,100 1967.7
『坂の上の雲』の主人公の一人。俳句・和歌の革新に生涯を捧げる。
(C)Rekishisyokonwakai     2009年11月05日(木) No.247 (本の探し方―今月のおすすめ)

11月1日の新聞書評


今年は神保町ブックフェスティバルを欠席して
(「神保町は本の街」が歌えなかったのが残念ですが…)
札幌の書店で開催中の「歴史書フェア」記念イベント、
三省堂書店札幌店(「戦争の歴史を考える」フェアを開催中)
のトークイベントに参加してきました。
戦国史研究家谷口克広先生の「織田信長の戦争」という
お話でしたが、この秋一番の厳しい冷え込みにも関わらず
20名ほどの戦国ファンの皆様にお集まりいただくことができました。
織田信長人気、戦国時代に対する関心の広がりと
ファンの皆様のレベルの高さを改めて実感いたしました。
これからも歴史書ファンの皆様へのサービスの一環として
こうしたトークイベントなどを全国で開催していきたい
とも考えております。

合わせて、現在「これが歴史だ!」フェア開催中の
くすみ書房大谷地店さんも訪問しました。
同店は現在、全国で一番「歴史書懇話会」の本の平積みの
多い書店様です!郊外のターミナル立地という
歴史専門書にとっては必ずしも良い条件ではないにも関わらす
毎日何冊ずつかは売れていて歴史ファンの幅広さが
表れているようで、心強い限りです。
くすみ書房さんは「売れない文庫」フェアや
「中学はこれを読め」などのユニークな活動で知られています。、
本当に店頭の品ぞろえも工夫が凝らされていて
読書好きには堪らない魅力に溢れています。
会期は11月末までの予定です。
ぜひ皆様も一度お訪ねください。

2009年11月1日の新聞書評
[読売新聞/読書欄]
『歴史と人間の再発見』上田正昭著/定価2,720円/藤原書店
島国の殻破った先駆者/小倉紀蔵(韓国思想史研究家)
『通商都市カルタゴ(興亡の世界史03)』栗田伸子・佐藤育子著/定価2,415円(税込)/講談社
「正史」以前の地中海世界/本村凌二一(東大教授・額西洋史)
[朝日新聞/読書欄]
『ドイモイの誕生』古田元夫著/定価3150円/青木書店
市場法則と社会主義のはざまで/南塚信吾(法政大学教授・国際関係史)
[毎日新聞/読書欄]
『御曹司たちの王朝時代』繁田信一著/定価1,785円(税込)/角川選書
『俳句の秘法』鷹羽狩行著/定価1,785円(税込)/角川選書
千年前に書かれた手紙と現代の詩歌の言葉/小島ゆかり(歌人)
[日経新聞/読書欄]
『世界探検全史』上F・フェルナンデス・アルメスト著/定価各2,520(税込)/青土社
歴史の諸相、機知に富む解釈/樺山紘一(印刷博物館館長)
[東京=中日新聞/読書欄]
『朝日平吾の鬱屈』中島 岳志著/定価1,470円/筑摩書房
テロに向かう孤独な意識/三上 治(評論家)