歴史書懇話会
歴史書懇話会芸能部おじおば合唱隊が「神保町は本の町」オリジナル曲を大合唱しました。
その様子を4分29秒の映像でお楽しみください。
おすすめ歴史書1968年6月に歴史書を刊行する有志出版社7社で結成され、現在11社が加盟しています。結成以来、「歴史書懇話会はすぐれた歴史書の普及とその販売を積極的に推進する。本会はその目的達成のため、会員相互の協力によって必要な研究ならびに事業を行う。」(会規約)の精神に基づき活動しています。
明石書店-校倉書房-思文閣出版-東京堂出版-刀水書房-同成社
塙書房-法藏館-ミネルヴァ書房-山川出版社-吉川弘文館

◆会員社のRSS一覧◆

RSS Feed Widget


トップページメルマガ登録アンケート

■本の探し方


大河ドラマ「風林火山」関連図書の紹介とフェア開催のお知らせ


「しんぶん赤旗」2007年1月28日の読書欄「本と話題」コーナーに【「山本勘助」「武田信玄」を読む/諌山 修(ジャーナリスト)】が掲載されました。
『山本勘助』平山 優著/定価756円(税込)/講談社現代新書
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『武田信玄(歴史文化ライブラリー)』平山 優著/定価1,785円(税込)/吉川弘文館
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『軍師山本勘助』笹本正治
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『信玄の戦略―組織、合戦、領国経営』柴辻俊六著/定価798円(税込)/中公新書
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『風林火山 前編 NHK大河ドラマ・ストーリー』定価1,050円(税込)//日本放送出版協会
が紹介されています。

◆現在、紀伊國屋書店新宿本店5階の「じんぶんや」コーナーにて歴史書懇話会協賛で「史 実 と 小 説 と ド ラ マ の 狭 間」をテーマにNHK大河ドラマ「風林火山」関連書のフェアを開催中です(1月31日まで)。
紀伊国國屋書店ホームページにて、「風林火山」の時代考証を担当されている柴辻俊六先生ご執筆のエッセイと、柴辻先生選定の関連図書リストを掲載しています。ぜひご覧ください。
下記をクリックしてくだされば、掲載ページにリンクします。
[Click]

<大河ドラマ「風林火山」/書店フェア開催のお知らせ>
■ 歴懇会員出版社の武田信玄、戦国史関連書が多数展示販売されています。
紀伊国國屋書店新宿本店
「じんぶんや」フェア
柴辻俊六・選(NHK大河ドラマ『風林火山』時代考証担当)
史実と小説とドラマの狭間
■会期  1月9日(火)〜1月末日
■会場  紀伊國屋書店新宿本店 5階売場 03-3354-0131
■協賛 歴史書懇話会

武田信玄と戦国の世
■会期 2月1日(木)〜2月28日(水)
■ 会場 三省堂書店神田本店 4階売場 03-3233-3312

武田信玄フェア
■会期 2月1日(木)〜2月28日(水)
■会場 ジュンク堂書店明石店 078-913-8201

★ 吉川弘文館の関連図書は下記
[Click]

☆ おまけの情報
紀伊国國屋書店ホームページの書評ブログ「書評空間」に
『『鉄道忌避伝説の謎−汽車が来た町、来なかった町』青木栄一(吉川弘文館)
の書評が掲載されました。(評者:早瀬 晋三/大阪市立大学教授/東洋史)
[Click]
(C)Rekishisyokonwakai     2007年01月28日(日) No.19 (歴懇ニュース)

2007年01月28日の新聞書評


2007年1月28日の新聞書評
[朝日新聞/読書欄]
【文庫・新書のオススメ新刊】
『古事記の起源』工藤隆著/定価882円(税込)/中公新書
* 本書の詳細は下記(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[読売新聞/読書欄]
【記者が選ぶ】
『近代芸術家の表象』三浦 篤著/定価8,190円(税込)/東京大学出版会
パリ第4大学に提出した博士論文に基づく大著−と言えば大方の人に敬遠されそうだ。でも登場する芸術家は華やかで、印象派の旗揚げ前夜、パリ画壇で活躍した面々だ。例えばマネの大胆さ、そこに潜む奇妙さに関心のある見術ファンには、お薦めできる。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[毎日新聞/読書欄]
『ミカドの外交儀礼』中山和芳著/定価1,365円(税込)/朝日選書
外国公使が見た「お歯黒、描き眉」の天皇/藤森照信(東大教授・建築史)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:e- hon)
[Click]

〔東京=中日新聞/読書欄〕
『国語の近代史』安田敏朗著/定価924円(税込)/中公新書
国策としてつくられた経緯/松本功(編集者)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『東北の聖と賎(民俗の発見1)』内藤正敏著/定価3,675円(税込)/法政大学出版局
不可視の<闇>掘り起こす/飯島吉晴(天理大教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[日経新聞/読書欄]
『銀座四百年 都市空間の歴史』岡本哲志著/定価1,680円(税込)/講談社選書メチエ
空間構成の変容を追跡し解読/平山洋介(神戸大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[茨城新聞/読書欄]
【著者に聞く】
『国語の近代史』安田敏朗著/定価924円(税込)/中公新書
国語至上主義に反論/言葉は私的領域のもの
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[産経新聞/読書欄]
『満鉄調査部の軌跡』小林英夫著/定価4,830円(税込)/藤原書店
戦後に継承された経済計画/宮脇淳子(東京外語大講師)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[しんぶん赤旗/読書欄]
【ほんだな】
『素粒子の世界を拓く』湯川・朝永生誕百年企画展委員会編/定価1,545円(税込)/京都大学学術出版会
二人の生い立ちから後半生の社会的活躍をたどり、学校教育や20世紀物理学研究史のなかで二人が自力で成し遂げた業績を解き明かします。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
【レーダー】
『歴史考古学を知る事典』熊野正也・川上元・谷口榮・古泉弘編/定価2,940円(税込)/東京堂出版
文献ではわからなかった平城宮跡、一乗谷朝倉氏館跡、など7世紀以降の発掘成果を盛り込んだ古代・中世・近世にわたる時代を扱った『歴史考古学を知る事典』が刊行されました。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

【本と話題】
「山本勘助」「武田信玄を読む」/諌山 修(ジャーナリスト)
『山本勘助』平山 優著/定価756円(税込)/講談社現代新書
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『武田信玄(歴史文化ライブラリー)』平山 優著/定価1,785円(税込)/吉川弘文館
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『軍師山本勘助』笹本正治
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『信玄の戦略―組織、合戦、領国経営』柴辻俊六著/定価798円(税込)/中公新書
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『風林火山 前編 NHK大河ドラマ・ストーリー』定価1,050円(税込)//日本放送出版協会

『健康の社会史 養生、衛生から健康増進へ』新村 拓著/定価2,625円(税込)/法政大学出版局
養生・衛生から生命・病気を考える/石川弘義(成城大学名誉教授)
本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

2007年1月21日の新聞書評


2007年1月21日の新聞書評
[朝日新聞/読書欄]
『キケロ もうひとつのローマ史』アントニー・エヴァリト著/定価5, 670円(税込)/白水社
現代日本にも通じるポピュリズム/野口武彦(文芸評論家)
* 本書の詳細は下記(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『アルバムの家』女性建築技術者の会著/定価1,890円(税込)/三省堂
子供時代の暮らし、間取り図とともに/陣内秀信(法政大学教授)
* 本書の詳細は下記(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『旧暦読本』岡田芳朗著/定価2,100円(税込)/創元社
* 本書の詳細は下記(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『明月記研究提要』明月記研究会編/定価6,300円(税込)/八木書店
* 本書の詳細は下記(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

[読売新聞/読書欄]
『〈悪口〉という文化』山本幸司著/定価2,520円(税込)/平凡社
社会を維持する潤滑油/高橋秀実(ノンフィクション作家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『フィレンツェの傭兵隊長ジョン・ホークウッド』ドウッチョ・バレストラッチ著/定価3,570円(税込)/白水社
中世末期の兵士の実態/川出良枝(東京大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『装束の日本史』近藤好和著/定価882円(税込)/平凡社新書
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:ビーケーワン)
[Click]

[毎日新聞/読書欄]
『鉄道忌避伝説の謎(歴史文化ライブラリー)』青木栄一著定価1,785円(税込)/吉川弘文館
知らなかった。驚いた。そうだったのか。鉄道ファン必読の書。…鉄道忌避伝説を信じる人は多い。常識にさえなっている。しかし、鉄道史研究の碩学である著者は、各地の実例を検証した結果そういう事実はないという。目からウロコ。ではなぜそんな伝説が生まれたのか。不思議である。(川)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]
『諸文明の内なる衝突』ディーター・ゼンクハース著/定価3,255円(税込)/岩波書店
文化決定論批判と近代化への願望の書/山崎正和(劇作家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]

〔東京=中日新聞/読書欄〕
【出版情報】
歴史や民俗の本に定評ある吉川弘文館から、創業150周年記念として、昨年末から新シリーズの刊行が相次いだ。
『戦争の日本史』全23巻 小和田哲男ほか著/定価各2,625円(税込)/吉川弘文館
* シリーズの詳細は下記をご覧ください。/(協力:吉川弘文館
[Click]

『近世地域史フォーラム』全3巻 菊池勇夫他編/定価各3,780円(税込)/吉川弘文館
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:吉川弘文館)
[Click]
『身分的周縁と近世社会』全9巻 後藤雅知他編/定価各3,150円(税込)/吉川弘文館
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:吉川弘文館)
[Click]

『戦争の表象』吉見俊哉編/定価4,410円(税込)/東京大学出版会
西洋社会に大きな打撃を与えた第一次世界大戦。本書は、東京大学が所蔵するその時期の戦争宣伝ポスターのコレクション。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]

[日経新聞/読書欄]
『技術経営論』丹羽 清著/定価3,990円(税込)/東京大学出版会
「技術経営」について体系的に纏めた本書は、企業関係者や大学生が基本を学ぶのに役立つ。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]
『アイルズ 西の島の歴史』ノーマン。デイヴィス著/定価9,870円(税込)/共同通信社
イギリス諸島の歴史、壮大に叙述/川北 稔(京都産業大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]

[茨城新聞/読書欄]
『水俣 胎児との約束』矢吹紀人著/定価2,100円(税込)/大月書店
裏付けられた胎内汚染実態/水俣病の「公式確認」から50余りがたった。しかし、有機水銀による環境汚染は過去の問題ではない。世界的規模で広がっている長期微量汚染から胎児を守る取り組みは、日本、米国をはじめ各国で続いている。それを報告する本書は、人類の未来のために発せられた警告だ。…丹念な取材と事実の積み重ねで水俣病の実像を描き出したこん身のルポルタージュ。「いのちのリレー」を確かなものにしたいという決意が伝わってくる。/安井禮子(医療ライター)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]
『世界の古代遺跡』アンリ・スティルラン著/定価4,515円(税込)/創元社
歴史語る壮大な俯瞰図
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]

[しんぶん赤旗/読書欄]
『水俣 胎児との約束』矢吹紀人著/定価2,100円(税込)/大月書店
科学物質汚染から次世代守る実践/人は誰も、出会いと選択のなかでその役割を懸命に生き、次の世代に繋いでいく。その命のリレーの根源は、母の胎内にある。本書は、水俣病被害者たちにようやく医療の援助が広がり始めた頃に水俣に移り住み、胎児性患者とその母たちと向き合うなかで、命を受け継ぐことができなかった胎児たちに辿り着いた、女性医師板井八重子の奮闘の軌跡である。ルポライター矢吹紀人の丹念な調査によって、水俣病をめぐる40年に及ぶ広範な社会記録ともなっている。…水俣病とは何か、私たちはそこから何を学び、どう活かしていくべきか−今も私たちにつきつけられている問いかけである。本書は、この重い問いへの、一つの、しかし重要な回答である。/浅岡美恵(弁護士)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:大月書店)
[Click]
『追悼記録 網野善彦』赤坂憲雄編/定価819円(税込)/洋泉社新書
04年に亡くなった中世史家の追悼文集。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
【本と人と】
『日本考古学の原点 大森貝塚』加藤 緑著/定価1,575円(税込)/新泉社
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
(C)Rekishisyokonwakai     2007年01月21日(日) No.17 (新聞書評)

1月19日読売新聞/朝刊「文化欄」で紹介されました。


1月19日読売新聞/朝刊「文化欄」で紹介されました。
『鉄道忌避伝説の謎(歴史文化ライブラリー)』青木栄一著定価1,785円(税込)/吉川弘文館
『中世武士の城(歴史文化ライブラリー)』斎藤慎一著/1,785円(税込)/吉川弘文館

『鉄道忌避伝説』の方は著者の青木栄一先生の寄稿です。

「鉄道嫌いの明治人」虚構/青木栄一(東京学芸大学名誉教授)
「明治の人びとは鉄道が通ると宿場がさびれる、蒸気機関車の煙で桑が枯れる、などといって鉄道の通過に反対したり、駅をわざと町から遠ざけたりした」このような話は「鉄道忌避伝説」と呼ばれる。「伝説」と呼んだのは、信頼できる文書史料がなく、ただ古老の昔話として伝えられるからである。当時の人々の鉄道に対する無知や誤解によるものと信じられ、とくに宿場町による鉄道忌避は、現代の学校教育の中でも教えられて、平均的な日本人の常識とすらなっている。ところが昭和40年代以降、歴史学や地理学、経済史のなかで、鉄道の歴史地理研究が進むと、このような鉄道忌避伝説は虚構であることが次第に明らかにされた。…地域の指導者たちはすでに鉄道による利益をよく認識していて、積極的に鉄道の導入を図ったのである。…このことは最近の拙著『鉄道忌避伝説の謎』(吉川弘文館)の中でも多くの例を挙げて述べた。…全国各地に広がっている鉄道忌避伝説については、当時の鉄道建設技術の視点に立って、再考してみる必要があろう。
*本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]


「頼朝 父祖の聖地 選ぶ 天然の要害説に異論」
源頼朝が幕府を開く場所として鎌倉を選んだ理由は、三方山に囲まれ、正面は海という天然の要害だったというのが定説だ。これに対し、江戸東京博物館の斎藤慎一学芸員は近著『中世武士の城』(吉川弘文館)の中で、異論を展開。当時の武家の思想に基づいた非軍事的で宗教的な「本拠」の設定だったとの新説を発表した。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]
(C)Rekishisyokonwakai     2007年01月19日(金) No.16 (新聞書評)

新学期歴史書フェア

FILE 12_1.pdf

2007年1月作成
(C)Rekishisyokonwakai     2007年01月16日(火) No.12 (本の探し方―ブックリスト)

2007年1月14日の新聞書評


2007年1月14日の新聞書評
[朝日新聞/読書欄]
【情報フォルダー】
『誰でも読める 日本古代史年表 ふりがな付き』吉川弘文館編集部編/定価5, 985円(税込)/吉川弘文館
歴史用語に「ふりがな」付き/読みづらいものが多い歴史用語。読み方がひと目でわかる『誰でも読める 日本古代史年表 ふりがな付き』が出版された。原始時代から西暦1155年までカバー。人名、地名、建物名、役職名など本文のすべての漢字にふりがなが付いている。政治・経済・社会・文化の動きに加え、各年に没した人の名がみやすく収められているのも特徴。
* 本書の詳細は下記(協力:吉川弘文館)
[Click]

『アメリカの終わり』フランシル・フクヤマ著/定価1,890円(税込)/講談社
改心ではなく、ネオコンの原則回帰説く/山下範久(北海道大学助教授)
* 本書の詳細は下記(協力:紀伊國屋書店)
[Click]
『満鉄全史』加藤聖文著/定価1,680円(税込)/講談社選書メチエ=A
『満鉄調査部の軌跡』小林英夫著/定価4,830円(税込)/藤原書店=B
軍と政治に巻き込まれた「国策会社」/赤澤史朗(立命館大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。(協力:紀伊國屋書店)/
[Click]

[Click]
『「大菩薩峠」論』成田龍一著/定価2,310円(税込)/青土社
立ちはだかる「根源的な無思想」の壁/野口武彦(文芸評論家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。(協力:紀伊國屋書店)/
[Click]
『中世の旅芸人』ヴォルフガンク・ハルトゥング著/定価5,040円(税込)/法政大学出版局
蔑視と喝采の狭間で輝く/陣内秀信(法政大学教授)
[読売新聞/読書欄]
『秘密の知識』エディヴィッド・ホックニー著/定価10,500円(税込)/青幻舎
美術史を震撼させる仮説/林 道郎(上智大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:青幻舎)
[Click]
『平安時代の醤油を味わう』松本忠久著/定価1,890円(税込)/新風舎
食文化の起源を探究/白幡洋三郎(日文研教授)
[Click]

[毎日新聞/読書欄]
『変わる植物学 広がる植物学』塚谷裕一著/定価2,0円(税込)/東京大学出版会
花のでき方が遺伝子で説明可能に/今、生物学は大きく変わっており、今後さらに加速されそうなのに、大新聞の新聞記者でさえ、事実を知ろうとせずに、既存のイメージで学問を語っているのは困ったことだ。そう考えた著者が、近年とくに興味深く展開している植物学を正確に、しかしわかりやすく解説したのが本書である。/中村桂子(JT生命誌研究館館長)
『ヨーロッパ祝祭日の謎を解く』アンソニー・F・アヴェニ著/定価2,520円(税込)/創元社
バレンタインチョコの起源は媚薬だった/鹿島 茂(共立女子大教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]

〔東京=中日新聞/読書欄〕
【この本 この人】
『舟と港のある風景』森本 孝著/定価2,950円(税込)/農山漁村文化協会
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]

[日経新聞/読書欄]
『レオナルド・ダ・ヴィンチ』マーティン・ケンプ著/定価2,940円(税込)/大月書店
天才の思想、鮮やかに解き明かす//本書の何よりの特色は、レオナルドの多面的な活動が決してバラバラなものでなく、そのいずれにおいても「芸術」と「科学」がわかちがたく結びついていることを、鮮やかに解き明かした点にある。…ルネッサンスの生んだ「万能の天才」は、本書によって改めて新しい生命を与えられたと言ってよいであろう。/高階秀爾(大原美術館館長)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]
『日本の所得分配』小塩隆士ほか編/定価3,990円(税込)/東京大学出版会
所得格差に関する議論に一石を投じる書だ。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]
『アメリカの終わり』フランシル・フクヤマ著/定価1,890円(税込)/講談社
『舟と港のある風景』森本 孝著/定価2,950円(税込)/農山漁村文化協会
失われた海の暮らしつづる/吉岡 忍(ノンフィクション作家)

[茨城新聞/読書欄]
『食糧テロリズム』シヴァ,ヴァンダナ著/定価2,625円(税込)/明石書店
インド人で環境保護活動家の著者が、遺伝子工学を武器にした地球規模の農業関連産業が「第三世界の持続可能な食糧システムを破壊し続けている」と警告する。…巨大企業による食物供給支配から脱し、どのように「食糧権」を取り戻すかが課題だ。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]
『大衆化社会の作家と作品』大久保典夫著/定価2,699円(税込)/至文堂
文学史家の目・縦横無尽の筆/畑谷 博(南山大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]

【著者に聞く】
『ローマ人の物語』全15巻 塩野七生著/新潮社
大帝国の盛衰を描く/一年一冊の公約を果たす
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]

[しんぶん赤旗/読書欄]
【レーダー】
『絶滅危惧の昆虫事典』川上洋一著/定価3,045円(税込)/東京堂出版
環境省のレッドデーターブック昆虫編の中から、ヒヌマイトトンボ、タガメ、ヤシャゲンゴロウなど百種類を選んで解説。…生育環境の成り立ち、それを生み出した歴史的・社会的背景などを記述。昆虫を通して、日本の自然の過去・現在・未来を考えます。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]
『ハンセン病と戦後民主主義』藤野 豊著/定価2,940円(税込)/岩波書店
日本の異常な隔離政策の真相に迫る/柴田良平(ハンセン病国賠訴訟原告)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]

『日本近代医学の展望』神谷昭展著/定価3,000円(税込)/桐書房発売、新協出版社発行
国民のための医学への説得的主張/日野秀逸(東北大学大学院教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]

『三角縁神獣鏡・邪馬台国・倭国』石野博信、水野正好他著/定価2,310円(税込)/新泉社
定説・異説、わかりよい最新議論/森岡秀人(兵庫県・芦屋市教育委員会学芸員)
*本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]

[しんぶん赤旗/日曜版]
『考古学はどう検証したか』春成秀爾著/定価6,195円(税込)/学生社
春成秀爾さんに聞く/ねつ造石器展示の心/千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館。春成さんは、展示室の一角の石器(レプリカ)を指します。「これは宮城県上高森遺跡などのねつ造石器です。私は縄文・弥生時代を研究していますが、ねつ造を見破れなかった。ねつ造が発覚したとき一時、撤去しましたが、二度とこうしたことがないようにとねつ造石器と明示して展示しています。」…『考古学はどう検証したか』は、春成さんの独自の検証過程をまとめています。「ねつ造を見破ることができなかった発掘現場にいた人たち、発掘後、整理にあたり実測図を書いて観察した人、援用して論文を書いた人、一般書でふれて普及した者、博物館などで展示した者、そしてそれを彼らを教育した者、マスコミなどで喧伝した人、それぞれ分相応の責任を負うものである。」自己批判をこめた厳しいものです。…本書では宮内庁が「天皇陵」に指定している「陵墓」のねつ造、変造問題にも迫っています。…考古学の課題に正面から向き合い、するどく問題提起してきた春成さん。「とかく学問は狭くなりがちですが、スケールの大きな考古学にしていきたいですね」 
*本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]

先週1月7日の新聞書評の掲載洩らし分です。京都大学学術出版会さんばかり2点です。ごめんなさい!京都大学学術出版会さん。

[日経新聞/読書欄]
『乗っ取られた聖書』秦 剛平著/定価1, 890円(税込)/京都大学学術出版会
「七十人訳」の成立を読み解く/エジプトのアレクサンドリアを舞台に、ヘブライ語の旧約聖書をギリシャ語に訳したのが「七十人訳聖書」。…その成立にまつわるエピソードを紹介、時には大胆な仮説も交えて読み解く過程は推理小説並みの面白さがある。…目からうろこの話たくさんあるが、原理主義者が思い込んでいるような完全無欠なテクストはないということは興味深い。ヘブライ語の旧約聖書も種々の写本があり、転写の過程で写し間違えや意図的改変がされているというのだ。…この後、キリスト教徒たちは、キリスト教の教義を確立するため、ヘブライ語の旧約聖書に頼らず「七十人訳」を利用した。ユダヤ人が訳したギリシャ語訳聖書が「乗っ取られた」のだ。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]

〔東京=中日新聞/読書欄〕
【BOOKナビ/サイセンス】哲学・思想の本としても面白そうです。
『生物記号論』川出由己著/定価3,570円(税込)/京都大学学術出版会
生物とは記号作用をもつ主体であるとの立場から、個体から分子のレベルまで、すべての生命現象を記号系というコンセプトによって説明しようとの壮大な試みである。…記述は平易で、虚心に読めば、著者の考えは極めてまっとうであることが分かるはずだ。/池田清彦(早稲田大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]
(C)Rekishisyokonwakai     2007年01月14日(日) No.15 (新聞書評)

2007年1月7日新聞書評


あけましておめでとうございます。2007年一回目の新聞書評のご案内です。

2007年1月7日の新聞書評
[朝日新聞/読書欄]
『江戸時代の身分願望 身上りと上下無し(歴史文化ライブラリー)』深谷克己著/定価1,785円(税込)/吉川弘文館
士農工商を問わぬ上昇志向/最近の日本では「士」の付く資格が増えてきているいう。その心理の奥底には「士分化願望」が流れていると著者は見る。…著者は江戸時代の士農工商すべての階層に見られる上昇志向を「身上(みあが)り」願望rと名づける。またそmの対極に、一揆・打毀しなどの形態で簡潔的に出現する「上下(うえした)無し」の平等願望を置き、両極間の振幅に歴史の位相を見出す。参照される実例はたっぷりある。農村小作人の本百姓化、幕府旗本のいじらしい昇進運動、屋敷奉公を望む町娘の「玉の輿」夢想…現今の格差社会も新たな身分社会とはいえないか。/野口武彦(文芸評論家)
* 本書の詳細は下記(協力:紀伊國屋書店)
[Click]

『江戸時代のロビンソン』岩尾龍太郎著/定価1,995円(税込)/弦書房
忘れられた?日本人漂流者/江戸時代に多く存在した漂流を通じて、日本人と海のダイナミックな関係を堀り起す。/陣内秀信(法政大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:吉川弘文館)
[Click]

『日本古代中世人名辞典』平野邦雄・瀬野精一郎編/定価21,000円(税込)/吉川弘文館
古代から中世まで、約1500年間の歴史を彩る人物3,372人の事跡を収録…既刊の『日本近世人名辞典』『日本近現代人名辞典』と併せ、「卑弥呼から小泉純一郎まで」全時代の人名をカバーするという。巻末に文献や事項による索引、没年月日順一覧がある。
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]
[Click]
[Click]

[読売新聞/読書欄]
『完璧な赤』エイミー・B・グリーンフィールド著/定価2,100円(税込)/早川書房
「欲望の色」めぐる物語/出川良枝(東京大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]

[毎日新聞/読書欄]
『絵解き 菜根譚』傅益瑤・画、李兆良・書/定価2,940円(税込)/雄山閣
原作から108の章句を選び、それぞれ現代語訳と英語訳をつけている。英語になた東洋の人生訓も面白いが、中国出身の画家が描いた水墨画も独特の味がある。(競)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]

『江戸の決断』河合敦著/定価1,470円(税込)/講談社
江戸時代における改革の成功・失敗例を要点を押さえて記し、武士たちがどう諸藩を立て直した明らかにする。(米)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]

『写真が語る「特攻」伝説』原勝洋著/定価2,310円(税込)/KKベストセラーズ
太平洋戦争末期、生還を期せずに出撃した特別攻撃隊、主に米軍撮影の写真でたどる。初公開のものが多く、隊員名簿までまとめた労作だ。(栗)
*本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]

〔東京=中日新聞/読書欄〕
『空の帝国 アメリカの20世紀』生井英考著/定価2,415円(税込)/講談社
米文化の中の飛行機と空軍/映画、写真、小説など大衆文化における航空機イメージの変遷に多くのページが費やされていて、美術史や文化史の専門家ならではの「帝国」論として引き込まれる。/油井大三郎(東京女子大教授)
*本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]

[日経新聞/読書欄]
【今を読み解く】
格差社会が映す制度不信/竹内洋(関西大学教授)
『孤独なボウリング』テリー・イーグルトン著/定価7,140円(税込)/柏書房
*本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]
『満鉄全史』加藤聖文著/定価1,680円(税込)/講談社
政治に翻弄された姿明らかに/本書の特色は、満鉄をめぐる明治末年から昭和前期までの日本政治の動向を分析し、日本政治史において満鉄がどのように位置づけられるかを明らかにした点にある。/井村哲郎(新潟大学教授)」
*本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]
【ブックマーク】
近年歴史研究のあり方を反映し、多様な視点で史料を収めたシリーズ「世界史史料(全12巻、岩波書店)の刊行が始まった。
*本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:岩波書店)
[Click]

[しんぶん赤旗/読書欄]
『真説 鉄砲伝来』宇田川武久著/定価840円(税込)/平凡社新書
従来の鉄砲史に修正をせまる論考/宮川すすむ(ぎょうにん偏に歩)(文化財保存全国協議会常任委員)
*本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊国屋書店)
[Click]
(C)Rekishisyokonwakai     2007年01月07日(日) No.14 (新聞書評)

歴史書懇話会・12月−1月のオススメ

FILE 420_1.pdf

歴史書懇話会・2014年末・2015年始のオススメ  2014年12月12日作成

出版社名 ISBN NO. 書 名 編 著 者 名 判型 本体価格 発行年(月)
明石書店 "
9784750339313 " チャイニーズ・ライフ【上巻】「父の時代」から「党の時代」へ 李昆武、フィリップ・オティエ B5変 \1,800 2013.12
11/28、第18回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞!
明石書店 9784750339320 チャイニーズ・ライフ【下巻】「党の時代」から「金の時代」へ 李昆武、フィリップ・オティエ B5変 \1,800 2013.12
上巻は革命から毛沢東の死まで。下巻は毛沢東の死から経済発展まで
明石書店 9784750340876 アメリカのろう者の歴史 写真でみる〈ろうコミュニティ〉の200年 ダグラス・C・ベイントン A4変 \9,200 2014.10
新刊。ギャローデット大学図書館等が所蔵する200点を超える写真を掲載
校倉書房 9784751743904 近世史料論の世界 藤田 覚 四六 \3,800 2012.7
文書・絵図・地図などについての論考
校倉書房 9784751744109 近世の政治思想論 若尾政希 四六 \3,800 2012.10
安藤昌益の思想形成の淵源について
思文閣出版 9784784217625 住友の歴史 下巻 朝尾直弘監修/住友史料館編 四六 \1,700 2014.8
上巻より一年後に刊行。誰もが名前は知っている住友の歴史に興味ありませんか?
思文閣出版 9784784216970 講座 日本茶の湯全史 第2巻 近世 茶の湯文化学会編 四六 \2,500 2014.6
第1巻・第3巻に遅れること約一年後に刊行しました。お正月にぜひ
東京堂出版 9784490103311 くずし字解読辞典 普及版 児玉幸多 B6 \2,200 1993.2
くずした字からもとの漢字がわかる。毎年、この時期から春先にかけてピークに
東京堂出版 9784490103335 くずし字用例辞典 普及版 児玉幸多 B6 \5,800 1993.3
くずし方がわかるロングセラー。毎年、この時期から春先にかけてピークに
刀水書房 9784887084131 魔女と魔女狩り W.ベーリンガー 四六 \3,500 2014.4
西洋魔女狩りの時代の総合的な概説から始まり現代の魔女狩りまで!唯一の魔女の世界史
刀水書房 9784887082441 モンゴルの歴史 遊牧民の誕生からモンゴル国まで 宮脇淳子 四六 \2,800 2002.10
モンゴル力士の層は厚い! ホープ逸ノ城登場!今年もモンゴルは根強い人気です!
刀水書房 9784887085114 歴史を変えた火山噴火 【世界史の鏡 環境1】 石 弘之 四六 \1,600 2012.1
今、危ない火山が本書で分かります! 緊急に必要とされている歴史書です!





同成社 9784886216830 偽りの日本古代史 井上 亘 四六 \1,800 2014.12
聖徳太子・大化改新否定説や日本書記成立に冠する論争を徹底的に批判する
同成社 9784886216793 景観考古学の方法と実践 寺村裕史 A5 \4,000 2014.11
地理情報システム(GIS)を用いて隠れた遺跡の姿を明らかにする
塙書房 9784827300765 山川登美子と与謝野晶子 直木孝次郎 四六 \2,800 1996.9
山川登美子と与謝野晶子。対極にある二人の歌と生きざまを活写
塙書房 9784827310023 古代宮都の探究 岸 俊男 B6 \2,500 1985.5
都城の源流を求めて、中国・韓国の都城遺跡への探訪
法藏館 9784831855411 加藤辨三郎と仏教――科学と経営のバックボーン 児玉 識 四六 \1,800 2014.08
NHKラジオ「宗教の時間」の出演12月4日、12月7日インタビュアーは金光寿郎さん
法藏館 9784831856807 ブータンと幸福論   宗教文化と儀礼 本林靖久 四六 \1,800 2006.12
ひそかにロングに売れて、今年のPOSデータ12位と昨年より売れて4刷と版を積み上げてます
ミネルヴァ書房 9784623071753 日韓歴史認識問題とは何か(今回は、日韓特集の3点です) 木村 幹 四六 \2,800 2014.10
12/7『朝日新聞』朝刊、書評荻上チキさんに紹介して頂きました。重版12/15出来予定
ミネルヴァ書房 9784623050352 高宗・閔妃 木村 幹 四六 \3,000 2007.12
日清・日露戦争、そして日韓併合。歴史の流れに翻弄された国王夫妻の軌跡を描く
ミネルヴァ書房 9784623032921 朝鮮/韓国ナショナリズムと「小国」意識 木村 幹 A5 \5,000 2000.10
「近代・小国意識」をキーワードに朝鮮/韓国におけるナショナリズム形成過程を分析する
山川出版社 9784634180024 落語日和 落語日和編集委員会編 B5 \1,800 2014.10
録りおろしCD付きだから自宅で手軽に寄席気分!お正月はコタツで落語!!
山川出版社 9784634150454 浮世絵で見る年中行事 中村祐子 A5変 \1,600 2013.7
一年の計は元旦にあり。この1冊で日本の年中行事を再確認!
山川出版社 9784634150287 能・狂言の見方楽しみ方 柳沢新治 四六 \1,800 2012.8
世界に誇る伝統芸能が身近になる、初めて能に触れる人のためのガイドブック
吉川弘文館 9784642098410 歴史手帳2015年版 【重版出来/まもなく品切】 吉川弘文館編集部編 A6 \900 2014.10
ほとんどの書店様で11月中に昨年の売上を越えています。売り切ってください!
吉川弘文館 9784642057899 江戸時代の医師修行 【12/12重版出来】 海原 亮 四六 \1,800 2014.10
日経・毎日に続き、朝日新聞でも書評掲載。年末進行で重版、間に合いました!
吉川弘文館 9784642038416 自衛隊史論 佐道明広 A5 \3,000 2014.12
景気も大事ですが、こちらも大事です。歴史を辿ることで見えてくるものがあるはずです
(C)Rekishisyokonwakai     2007年01月05日(金) No.420 (本の探し方―今月のおすすめ)

戦後60年を考える

FILE 11_1.xls

第1部 太平洋戦争への道
第2部 戦後日本を振り返る

2006年12月作成
(C)Rekishisyokonwakai     2007年01月01日(月) No.11 (本の探し方―ブックリスト)

「歴史家と歴史学」フェアリスト

FILE 10_1.xls

2006年12月作成
(C)Rekishisyokonwakai     2007年01月01日(月) No.10 (本の探し方―ブックリスト)

芳林堂高田馬場店 連続フェア(テーマ集) 

FILE 9_1.txt

2004年6月24日作成
(C)Rekishisyokonwakai     2007年01月01日(月) No.9 (本の探し方―ブックリスト)

読んでおきたい歴史書

FILE 8_1.xls

2003年夏作成
(C)Rekishisyokonwakai     2007年01月01日(月) No.8 (本の探し方―ブックリスト)

昭和史/天皇フェア

FILE 7_1.xls

2003年8月作成
(C)Rekishisyokonwakai     2007年01月01日(月) No.7 (本の探し方―ブックリスト)

シルクロード関連図書

FILE 5_1.xls

2003.2.15作成
(C)Rekishisyokonwakai     2007年01月01日(月) No.5 (本の探し方―ブックリスト)

歴史データベース(宇宙の誕生から現在までの約6万6千件)


歴史データベース
(C)Rekishisyokonwakai     2007年01月01日(月) No.4 (リンク集)