歴史書懇話会
歴史書懇話会芸能部おじおば合唱隊が「神保町は本の町」オリジナル曲を大合唱しました。
その様子を4分29秒の映像でお楽しみください。
おすすめ歴史書1968年6月に歴史書を刊行する有志出版社7社で結成され、現在11社が加盟しています。結成以来、「歴史書懇話会はすぐれた歴史書の普及とその販売を積極的に推進する。本会はその目的達成のため、会員相互の協力によって必要な研究ならびに事業を行う。」(会規約)の精神に基づき活動しています。
明石書店-校倉書房-思文閣出版-東京堂出版-刀水書房-同成社
塙書房-法藏館-ミネルヴァ書房-山川出版社-吉川弘文館

◆会員社のRSS一覧◆

RSS Feed Widget


トップページメルマガ登録アンケート

2008年11月23日新聞書評


2008年11月23日新聞書評
[朝日新聞/読書欄]
『秀吉はいつ知ったか』山田風太郎著/定価1,955円(税込)/筑摩書房
山田流と突飛な発想、歴史考察が出色/阿刀田高(作家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください/(協力:紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%8F%47%8B%67%82%CD%82%A2%82%C2%92%6D%82%C1%82%BD%82%A9
*書評の全文はこちら
http://book.asahi.com/review/TKY200811250203.html
『かぐや姫の結婚』繁田信一著/定価1,470円(税込)/PHP研究所
「愛しすぎる父の娘」の縁談事情/久田恵(ノンフィクション作家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%82%A9%82%AE%82%E2%95%50%82%CC%8C%8B%8D%A5
*書評の全文はこちら
http://book.asahi.com/review/TKY200811250187.html
[毎日新聞/読書欄]
『森鴎外と日清・日露戦争』末延芳晴著/定価2,730円(税込)/平凡社
軍医と文学者のあいだで揺れた心/川本三郎(評論家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4582834078.html
*書評の全文はこちら
http://mainichi.jp/enta/book/hondana/news/20081123ddm015070035000c.html
[日経新聞/読書欄]
『ケインズの闘い』ジル・ドスタレール著/定価5,600円(税込)/藤原書店
理想主義と現実主義の相克 緻密に/間宮陽介(京都大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください/(協力:紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%83%50%83%43%83%93%83%59%82%CC%93%AC%82%A2
[北海道新聞/読書欄]
『「情」の文化史−−中国人のメンタリティー』張競著/定価1,680円(税込)/角川選書
恋も交友も時代で変容/瀬川千秋(翻訳家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください/協力:紀伊國屋書店
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%81%75%8F%EE%81%76%82%CC%95%B6%89%BB%8E%6A
【訪問/高橋和泉インタビュー】
『トゥイ−の日記』トゥイ−・チャム・ダン著/定価1,6 00円(税込)/ 経済界
戦場で成熟、女性像が共感呼ぶ
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4766784286.html
[しんぶん赤旗/読書欄]
『1955年 未了の問題圏』中西新太郎編/定価1,995円(税込)/大月書店
過酷な時代生き延びた知性の台頭/若者たちの生きづらさについて考察を重ねてきた社会哲学者の中西新太郎氏が、95年当時に20歳前後の時代を過ごした5人の若い世代の論者と語り合う。/旭爪あかね(作家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください/(協力:紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/427233056X.html
[しんぶん赤旗/日曜版]
【本立て】
『歴史認識問題の原点・東京裁判』山田 朗編著/定価1,500円(税込)/学習の友社
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4761712384.html
『江戸っ子歳事記』鈴木理生著/定価1,890円(税込)/三省堂
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4385363854.html
(C)Rekishisyokonwakai     2008年11月29日(土) No.188 (歴懇ニュース)

2008年11月16日新聞書評


[朝日新聞/読書欄]


『先史時代と心の進化』コリン・レンフール著/定価2,415円(税込)/ランダムハウス講談社
「人類の原始」探る学問を展望/柄谷行人(評論家)
* 本書の
詳細をご覧ください/(協力:紀伊國屋書店)
* 書評の全文は下記
http://book.asahi.com/review/TKY200811180119.html


『台湾女性史入門』台湾女性史入門編纂員会編/定価2,730円(税込)/人文書院
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
*記事の全文は下記
http://book.asahi.com/news/TKY200811180227.html


【話題の本棚】


日韓交流の歴史
個人、民間レベルの成果さまざま
*記事の全文は下記
http://book.asahi.com/hondana/TKY200811180218.html

『柳宗悦と朝鮮』韓永大著/定価3,465円(税込)/明石書店
日韓の民族相互理解のために尽力した柳の姿を伝える。
*本書の詳細
をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『日韓交流スクランブル』小針 進著/定価1,890円(税込)/大修館書店
*本書の詳細詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『この子らに民族の心を』朴 正恵著/定価2,100円(税込)/新幹社
*本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『在日一世の記憶』小熊英二/姜尚中編/定価1,680円(税込)/集英社新書
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[読売新聞/読書欄]


『ワイマール期ベルリンの日本人』加藤哲郎著/定価5,250円(税込)/岩波書店
洋行組の反帝国主義運動/佐藤卓己(京都大学准教授・メディア社会学)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
* 書評の全文は下記
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20081117bk02.htm


『韓国現代史』木村 幹著/定価840(税込)/中公新書
一般向け戦後韓国史/岩間陽子(国際政治学者)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20081117bk07.htm


『秀吉の大仏造立』河内将芳著/定価2,100円(税込)/法藏館
政権の正統性が希薄だった秀吉が、民衆の心をつかむためにとった「大仏政策」や当時の宗教界の実態を丁寧に描く。
* 本書の詳細をご覧ください/(協力:紀伊國屋書店)


『図説 人類の起源と移住の歴史』ラッセル・キング編/定価12,600円(税込)/柊風舎
* 本書の詳細をご覧ください/(協力:紀伊國屋書店)


[毎日新聞/読書欄]


『北野天神縁起を読む(歴史と古典)竹居明男編/定価2,730円(税込)/吉川弘文館
なぜ「天神さん」は身近な存在か/五味文彦(放送大学教授・日本中世史)
* 書評の全文
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店


『「情」の文化史−−中国人のメンタリティー』張競著/定価1,680円(税込)/角川選書
世界初の「感情」の通史という知的冒険/山崎正和(劇作家)
* 書評の全文
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店


『江戸時代語辞典』尾形仂編・潁原退蔵著/定価23,100円(税込)/角川学芸出版
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店


[日経新聞/読書欄]


『敗れし國の秋のはて』柏倉康夫著/定価1,890円(税込)/左右社
外交官になった「賊藩」の秀才/関川夏生(作家)
* 本書の詳細をご覧ください/(協力:紀伊國屋書店)


『聖地感覚』鎌田東二著/定価1,905円(税込)/角川学芸出版
野生呼び覚ます危険な体験記/上田紀行(東京工大准教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『〈住宅〉の歴史社会学』祐成保志著/定価3,780円(税込)/新曜社
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


[産経新聞/読書欄]


『それでも江戸は鎖国だったのか(歴史文化ライブラリー)』片桐一男著/定価1,785円(税込)/吉川弘文館
可能な限りの手段を尽くして解明を試みた本書によると、最新西洋事情が集まる長崎屋には杉田玄白ら多数の蘭学者らが集い、江戸庶民も物珍しい異人を一目見ようと人垣を作った。…オランダ宿だった長崎屋に限ってみれば、表題も納得できよう。
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)



[東京=中日新聞/読書欄]


『カムイ伝講義』田中優子著/定価1,575円(税込)/小学館
劇画に読む複雑な江戸社会/神崎宣武(民俗学者)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『破局噴火』高橋正樹著/定価819円(税込)/祥伝社新書
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『建築史的モンダイ』藤森昭信著/定価777円(税込)/ちくま新書
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『死体が語る歴史』フィリップ・シャリリエ著/定価2,940円(税込)/河出書房新社
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[しんぶん赤旗/読書欄]


『反貧困の学校』宇都宮健児・湯浅誠編/定価1,575円(税込)/明石書店
本年三月、都内で開かれた「反貧困フェスタ2008」での参加者の発言をまとめた。
* 本書の詳細をご覧ください/(協力:紀伊國屋書店)


『本懐・宰相原敬 原敬日記をひもとく』木村幸治著/定価1,714円(税込)/熊谷印刷出版部(019-653-4151)
* 本書の詳細をご覧ください/(協力:ジュンク堂書店)


【本と話題】

判決から60年/東京裁判を読み解く
『歴史認識問題の原点・東京裁判』山田 朗編著/定価1,500円(税込)/学習の友社
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『東京裁判』戸谷由麻著/定価5,460円(税込)/みすず書房
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『東京裁判』日暮吉延著/定価1,115円(税込)/講談社現代新書
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『東京裁判の教訓』保阪正康著/定価777円(税込)/朝日新書
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『東京裁判を正しく読む』牛村圭・日暮吉延著/定価840円(税込)/文春新書
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
(C)Rekishisyokonwakai     2008年11月16日(日) No.187 (新聞書評)

11月9日の書評全文/朝日新聞・読売新聞


2008年11月9日新聞書評
[朝日新聞/読書欄]
『反貧困の学校』宇都宮健児・湯浅誠編/定価1,575円(税込)/明石書店
* 記事の全文は下記
http://book.asahi.com/review/TKY200811110104.html
『世界のなかの日清韓関係史』岡本隆司著/定価1,575円(税込)/講談社選書メチエ
* 書評の全文は下記
http://book.asahi.com/review/TKY200811110107.html
『原爆投下とトルーマン』J.サミュエル・ウォ−カ−著/定価1,995円(税込)/彩流社
* 書評の全文は下記
http://book.asahi.com/review/TKY200811110111.html

[読売新聞/読書欄]
『徳川の国家デザイン 全集日本の歴史』水本邦彦著/定価2,520円(税込)/小学館
* 書評の全文は下記
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20081110bk04.htm
『図書館 愛書家の楽園』アルベルト・マングェル著/定価3,570円(税込)/白水社
* 書評の全文は下記
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20081110bk06.htm
【記者が選ぶ】
『宗像大社・古代祭祀の原風景』正木晃著/定価970円(税込)/NHKブックス
* 書評の全文は下記
http://www.yomiuri.co.jp/book/column/press/20081112bk03.htm
(C)Rekishisyokonwakai     2008年11月15日(土) No.186 (新聞書評)

11月9日書評紹介追加


2008年11月9日、下記の書目の書評がもれていました。
[朝日新聞/読書欄]
『原爆投下とトルーマン』J.サミュエル・ウォ−カ−著/定価1,995円(税込)/彩流社
自国兵と敵国人の命の価値は/赤澤史朗(立命館大学教授・日本近現代史)
*本書の詳細は下記をご覧ください/(協力:紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/477911375X.html

また、朝日新聞2008年11月8日夕刊に下記のような紹介記事が掲載されました。
【テークオフ】
『検証島原天草一揆』大橋泰幸著/定価1,785円(税込)/吉川弘文館

江戸社会 立体的に描きたい/歴史像は強く現在を反映する。東西冷戦の終結、米国での同時多発テロといった大きな枠組みの変動を受け、日本史の見直しを進む。その代表の一つ、江戸時代初期の島原の乱を取り上げ『検証島原天草一揆』にまとめた。天草四郎に象徴される事件だが、戦後は、キリシタンによる宗教戦争というより圧政に対する闘争という側面を重視する傾向があったと振り返る。「宗教を克服した時代を生きているという感覚があったからでは」と背景を分析。「でも現実はどうでしょう」と疑問を投げかける。「オウム真理教事件や中東での紛争など、、宗教の影響を無視し得ないことは明白では」と新しい歴史像の必要性を指摘する。(以下略)/渡辺延志
*本書の詳細は下記をご覧ください/(協力:紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%8C%9F%8F%D8%93%87%8C%B4%93%56%91%90%88%EA%9D%84

(C)Rekishisyokonwakai     2008年11月10日(月) No.185 (新聞書評)

2008年11月9日新聞書評


[朝日新聞/読書欄]


『反貧困の学校』宇都宮健児・湯浅誠編/定価1,575円(税込)/明石書店
本年三月、都内で開かれた「反貧困フェスタ2008」での参加者の発言をまとめた。
* 本書の
詳細をご覧ください/(協力:紀伊國屋書店)
*反貧困フェスタ2008 の詳細


『世界のなかの日清韓関係史』岡本隆司著/定価1,575円(税込)/講談社選書メチエ
東アジアの秩序、どう構築するか/奈良岡聰智(京都大准教授・)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[読売新聞/読書欄]


『徳川の国家デザイン 全集日本の歴史』水本邦彦著/定価2,520円(税込)/小学館
自在な発想 近世身近に/磯田道史(日本史家・茨城大学准教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『図説 不潔の歴史』キャスリン・アシェンバーグ著/定価3,360(税込)/原書房
異様な現代の清潔感覚/米本昌平(科学史家)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『図書館 愛書家の楽園』アルベルト・マングェル著/定価3,570円(税込)/白水社
蔵書の中に広がる世界/小野正嗣(作家)
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


【記者が選ぶ】


『宗像大社・古代祭祀の原風景』正木晃著/定価970円(税込)/NHKブックス
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[毎日新聞/読書欄]


『近代日本の視覚的経験 絵地図と古写真の世界』中西遼太郎、関戸明子編/定価2,730円(税込)/ナカニシヤ出版
近代の世界認識を探る/
* 本書の詳細をご覧ください/協力:ナカニシヤ出版)


[日経新聞/読書欄]


『図書館 愛書家の楽園』アルベルト・マングェル著/定価3,570円(税込)/白水社
本の時空自在に飛び回る筆致/宮下志朗(東京大学教授)
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


【活字の海で】


昭和天皇巡り様々なアプローチ 新資料と歳月が追い風に
『昭和天皇』全2冊/福田和也著/第一部:定価1,699円(税込)、第二部:1,799円/文藝春秋
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『畏るべき昭和天皇』松本健一著/定価1,680円(税込)/毎日新聞社
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)



『昭和天皇』原武史著/定価777円(税込)/岩波新書
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『昭和天皇、敗戦からの戦い』保阪正康著/定価1,470円(税込) / 毎日新聞社
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


[東京=中日新聞/読書欄]


『故国を忘れず新天地を拓く』天沼 香著/定価1,050円(税込)/新潮社
「国境を越える」力に学ぶ/高橋幸春(フリーライター)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)



[しんぶん赤旗/読書欄]


『モノと男の戦後史』石谷二郎、天野正子、山田 朗著/定価2,940円(税込)/吉川弘文館
居場所、墓、装い…モノとの交渉史/この本は「男・モノ」の戦後史を描いたものだが『モノと女の戦後史』に続く企画/石川弘義(成城大学名誉教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


【ほんだな】


『絵が語る 知らなかった江戸のくらし〈武士の巻〉』本田 豊著/定価1,890円(税込)/遊子館
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[しんぶん赤旗/日曜版]


『人間らしく生きるための社会保障運動』中央社会保障推進協議会編/定価6,300円(税込)/大月書店
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
(C)Rekishisyokonwakai     2008年11月09日(日) No.184 (新聞書評)

11月2日朝日新聞/読売新聞書評全文


11月2日朝日新聞/読売新聞「歴史書関連」の書評全文
のリンクを貼りました。

[朝日新聞/読書欄]
『漢字を飼い慣らす』犬飼 隆著/定価2,415円(税込)/人文書院
*書評
全文


[読売新聞/読書欄]
『ヨーロッパ戦後史』上・下/トニー・ジャット著/定価各6,300円(税込)/みすず書房
*書評全文
『聖母像の到来』若桑みどり著/定価6,300円(税込)/みすず書房
*書評全文
『大アジア思想活劇』佐藤哲朗著/定価4,725円(税込)/サンガ
* 書評全文
『映画論講義』蓮見重彦著/定価2,730円(税込)/東京大学出版会
* 書評全文
『木簡から探る和歌の起源』犬飼 隆著/定価1,995円(税込)/笠間書院
*紹介全文
(C)Rekishisyokonwakai     2008年11月09日(日) No.183 (新聞書評)

神保町は本の街大合唱


2008年11月オススメの30冊


FILE 
181_1.pdf

出版社名 ISBN NO.
書 名 編 著 者 名 判型 本体価格 発行年(月)


青木書店 9784250208164
授業が変わる世界史教育法 鳥山孟郎 四六 \2,800 2008.8
”不人気”を逆手にとった授業づくりのアイディア。生徒の心を揺さぶる!


明石書店 9784750328607
フィンランドの歴史 D・カービー著  四六 \4,800 2008.10
ヨーロッパ北端の貧しい農業国が自信に満ちた欧州国家として生まれ変わるまで


明石書店 9784750328737
神の国アメリカの論理宗教右派によるイスラエル支援、中絶・同性結婚の否認 上坂昇 四六 \2,800 2008.11
大統領選後のアメリカを読み解くための必読書!


校倉書房 4751727109
荘園と村を歩く 荒野泰典・藤木久志編著 四六 \4,800 1997.6かなり古い本ですが棚になければどうぞ


校倉書房 4751735802
荘園と村を歩く  蔵持重裕・藤木久志編著 四六 \4,800 2004.11
かなり古い本ですが棚になければどうぞ


大月書店 9784272140565
こんなニッポンに誰がした 森永卓郎の政治経済学講座 森永卓郎 A5 \1,400 2008.10
歴史書ではありませんが・・・意外と好調です!


大月書店 9784272330560
1995年 未了の問題圏 中西新太郎編 四六 \1,900 2008.9
雨宮処凛、中島岳志、湯浅誠、栗田隆子、杉田俊介ー編者との異色の対談! 増刷出来!


学生社 9784311202551
邪馬台国の原像 平野邦雄 四六 \2,300 2002.10
吉永小百合主演「まぼろしの邪馬台国」が上映されます


学生社 9784311202926
邪馬台国時代のツクシとヤマト 奈良県香芝市ニ上山博物館編 四六 \2,400 2006.9
邪馬台国は畿内説か九州説か?激論を展開


柏書房 9784760127146
イラストで見る日本史博物館 第2巻 服飾・生活編 香取良夫著・画 B5 \4,800 2008.10
線画の復元筆写とキャプションによるビジュアル版考証イラスト図鑑


柏書房 9784760127153
イラストで見る日本史博物館 第3巻 武具・神仏編 香取良夫著・画 B5 \4,800 2008.11
線画の復元筆写とキャプションによるビジュアル版考証イラスト図鑑


思文閣出版 9784784214372
一千年目の源氏物語 伊井春樹編 四六 \1,600 2008.6
斯界の識者による「源氏物語論」を集約。次の世代へとその価値を継承する


思文閣出版 9784784214396
正倉院宝物に学ぶ 奈良国立博物館編 四六 \3,000 2008.10
美術史・仏教・建築・歴史の第一線の研究者による3回のシンポジウムの成果


東京大学出版会 9784130262156 オランダ風説書と近世日本 松方冬子 A5 \7,200 2007.6
第30回角川源義賞(歴史研究部門)受賞!


東京大学出版会 9784130201414
近世後期政治史と対外関係 藤田 覚 A5 \5,700 2005.12
鎖国から開国へ・・・その過程を詳細にたどり、対外関係史・政治史を再構成


東京堂出版 9784490104851
源氏物語を知る事典 西沢正史編 四六 \2,500 1998
11月に入り、「源氏千年紀」もいよいよ大詰め!物語を読む前に必読のガイドブック!


東京堂出版 9784490107074
源氏物語作中人物事典 西沢正史編 A5 \4,500 2007
各巻のあらすじ、物語の主要人物30名と脇役30名を解説した人物で読む源氏物語!


刀水書房 9784887083745
ゾロアスター教史 古代アーリア・中世ペルシア・現代インド 青木 健 四六 \2,800 2008.10
前12世紀教祖の誕生から現代インドまでの通史! 現在全教徒13万人の54%がインド在住


刀水書房 4887080026
インド社会と新仏教 アンベードカルの人と思想 山崎元一 四六 \2,200 1979.7
現代インドで仏教を復興した不可触民出身政治家の生涯。30年間読み継がれて,今第5刷!


同成社 9784886214546
倭国大乱と日本海ー市民の考古学 甘粕 健編 四六 \1,500 2008.10
弥生から古墳時代にかけての「倭国大乱」期の日本海域の動向を追う


同成社 9784886214584
考古学でつづる世界史ー市民の考古学 藤本 強 四六 \1,800 2008.10
人類の誕生から西はローマ、東は唐までの歴史を考古学の成果を基にダイナミックに綴る


塙書房 9784827340808
万葉のこみち 広岡義隆 新書 \1,200 2005
58の「こみち」があなたを万葉の世界に誘います


塙書房 9784827340815 万葉の挽歌 菊池威雄 新書 \1,300 2007
古代の人々は死をどのように捉え、消化したのか


法藏館 9784831871398
エロスの国・熊野 町田宗鳳 四六 \2,600 1996.03
地産地消の時代 ふるさと自慢、そして風土の発見。出版ダイジェスト掲載

法藏館 9784831875624
熊野比丘尼を絵解く 根井浄・山本殖生編 A5 \6,000 2007.11
「熊野観心十界図」を絵解き、熊野信仰を全国に広めた熊野比丘尼


山川出版社 9784634025226 山川 詳説日本史図録 第2版 詳説日本史図録編集委員会 AB \848 2008.10
第2版完成しました!話題書、歴史書コーナーで売れてます


山川出版社 9784634040212
世界史図録 ヒストリカ 谷澤 伸他編 AB \848 2005.10
『詳説日本史図録』と同時展開を!!


吉川弘文館 9784642054942
万葉集と古代史(歴史文化ライブラリー) 直木孝次郎 四六 \1,700 2000.6
古代史研究の第一人者が万葉集の豊な世界をじっくりと解説する珠玉の古代史入門


吉川弘文館 9784642052429
額田王 (人物叢書新装版) 直木孝次郎 四六 \2,200 2007.12
古代史の大家が従来の評価を見直し、額田の個性と内外の緊張が高まる時代を描く


吉川弘文館 9784642063357
飛鳥―その光と影 直木孝次郎 四六 \2,400 2007.5
古代史の碩学が語る悠久の歴史の舞台万葉の古里
(C)Rekishisyokonwakai     2008年11月06日(木) No.181 (本の探し方―今月のおすすめ)

2008年11月2日新聞書評


*10月26日の新聞書評、リンクのはれるものは
書評全文が読めるようにしました。今週分は毎日新聞のみ
書評全文が読めます。朝日新聞、読売新聞も公開され次第
リンクします。後日ご覧ください。


[朝日新聞/読書欄]


『漢字を飼い慣らす』犬飼 隆著/定価2,415円(税込)/人文書院
木簡も一次資料に成立過程を追及/記紀万葉を中心に構築されてきた日本語表記史の見直しを提言/石上英一(東京大学教授・日本史)
* 本書の
詳細をご覧ください/協力:人文書院)


[読売新聞/読書欄]


『ヨーロッパ戦後史』上・下/トニー・ジャット著/定価各6,300円(税込)/みすず書房
自由な目で描いた物語/岩間陽子(政策大学院大学准教授・国際政治)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『聖母像の到来』若桑みどり著/定価6,300円(税込)/みすず書房
土着の母性信仰と融合/田中 純(思想史家)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『大アジア思想活劇』佐藤哲朗著/定価4,725円(税込)/サンガ
仏教徒たちの国際交流/佐藤卓己(京都大学准教授・メディア社会学)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『映画論講義』蓮見重彦著/定価2,730円(税込)/東京大学出版会
細部の記憶が生む言葉/小野正嗣(作家)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『木簡から探る和歌の起源』犬飼 隆著/定価1,995円(税込)/笠間書院
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[毎日新聞/読書欄]


『図書館 愛書家の楽園』アルベルト・マングェル著/定価3,570円(税込)/白水社
本が開示する空間の魅惑と不思議/池内 紀池内 紀(独文学者)
*書評の全文
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『歴史におけるエロス』G・R・テイラー著/定価3,990円(税込)/新書館
抑圧に取り憑かれた中世教会/鹿島 茂(明治大学教授・仏文学) 
*書評の全文
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『明代中国の庭園文化』クレイグ・クルナス著/定価3,990円(税込)/青土社
*書評の全文
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


【著者インタビュー】


『柳田国男入門』鶴見太郎著/定価1,470円(税込)/角川選書
臨床的な「方法」
*書評の全文
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


[日経新聞/読書欄]


『聖母像の到来』若桑みどり著/定価6,300円(税込)/みすず書房
世界史的展望暗示する図像論/岡田温司(京都大学教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『ヘブンズ・コマンド』上下/ジャン・モリス著/定価各2,310円(税込)/講談社
「大英帝国」の黄金時代描く好著/川北 稔(京都産業大学客員教授)
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『総力戦と音楽文化』戸ノ下達也著/定価2,310円(税込)/講談社
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


【あとがきのあと】


『黄金郷伝説』山田篤美著/定価987円(税込)/中公新書
領土争奪のドラマ調べ抜く
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[東京=中日新聞/読書欄]


『森鴎外と日清・日露戦争』末延芳晴著/定価2,730円(税込)/平凡社
軍医を文学者の相克探る/成田龍一(日本女子大学教授・日本近代史)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[しんぶん赤旗/読書欄]


『歴史認識問題の原点・東京裁判』山田 朗編著/定価1,500円(税込)/学習の友社
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『楯つく群像−天下人・秀吉と奥羽一揆群』高島 真著/定価1,785円(税込)/無明舎出版
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:無明舎出版)
(C)Rekishisyokonwakai     2008年11月02日(日) No.180 (新聞書評)