歴史書懇話会
歴史書懇話会芸能部おじおば合唱隊が「神保町は本の町」オリジナル曲を大合唱しました。
その様子を4分29秒の映像でお楽しみください。
おすすめ歴史書1968年6月に歴史書を刊行する有志出版社7社で結成され、現在11社が加盟しています。結成以来、「歴史書懇話会はすぐれた歴史書の普及とその販売を積極的に推進する。本会はその目的達成のため、会員相互の協力によって必要な研究ならびに事業を行う。」(会規約)の精神に基づき活動しています。
明石書店-校倉書房-思文閣出版-東京堂出版-刀水書房-同成社
塙書房-法藏館-ミネルヴァ書房-山川出版社-吉川弘文館

◆会員社のRSS一覧◆

RSS Feed Widget


トップページメルマガ登録アンケート

2008年読書世論調査


2008年10月26日新聞書評


[朝日新聞/読書欄]


【話題の本棚】「源氏千年」/平安の世から今日まで尽きない泉
*書評の全文は下記
http://book.asahi.com/hondana/TKY200810280234.html

『源氏物語ものがたり』島内景二著/定価735円(税込)/新潮新書
*本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『「源氏物語」に仕掛けられた謎』原岡文子著/定価2,730円(税込)/角川学芸出版
*本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『源氏物語の乳母学』吉海直人著/定価2,415円(税込)/世界思想社
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『「垣間見」る源氏物語』吉海直人著/定価3,650円(税込)/笠間書院
*本書の詳細は下記をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


「芸術新潮」2008年2月号〈源氏物語千年紀記念特集〉/新潮社/品切
*吉川弘文館「源氏物語関連書」は詳細をご覧ください。


[読売新聞/読書欄]


【よみうり堂から】
ある集まりで大型書店の人文書担当の方に話をうかがいました。哲学・思想、歴史・宗教、教育・心理などの人文書は苦戦する出版界の中でも、とくに厳しい分野です◆彼女によれば、読者層は中高年に固定されており、売り場はいつも閑散としているのだとか。それでも「高くてもいいから読まれる本を作ってほしい」との力強いエールに、編集者の面々も身の引き締まる思いだったようです◆本よみうり堂にも「もっと柔らかい本を」という声も届きます。もちろんそれを意識しつつ、読書面を優れた知的活動の紹介の場にしたいとの思いもあります。本紙の書評を道しるべに堅い本にも挑戦していただければ幸いです。(片)


[毎日新聞/読書欄]


【『源氏物語』特集】
白眉というべき三帖は原文で読もう/丸谷才一(作家)
*書評の全文は下記
http://mainichi.jp/enta/book/hondana/archive/news/2008/10/20081026ddm015070043000c.html
「新編日本古典文学全集」20-25『源氏物語』全6巻/定価4,494-5,134円(税込)/小学館
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『岩波古語辞典<補訂版>』村田修三総監修/定価3,150円(税込)/岩波書店
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『源氏物語のもののあわれ』大野 晋著/定価660円(税込)/角川ソフィア文庫
*本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


江戸時代の「源氏カルチュア」の豊かさ/田中優子(法政大学教授)
*書評の全文は下記
http://mainichi.jp/enta/book/hondana/news/20081026ddm015070048000c.html
『源氏物語と江戸文化』小嶋菜温子他編/定価7,875円(税込)/森話社
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『火山列島の思想』益田勝実著/定価1,575円(税込)/ちくま学芸文庫
*本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『源氏物語を読むために』西郷信綱著/定価1,260円(税込)/平凡社ライブラリー
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


[日経新聞/読書欄]


『千年前の人類を襲った大温暖化』ブライアン・フェイガン著/定価1,260円(税込)/平凡社ライブラリー
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


【フロントライン】


『ビジュアルワイド日本名城百選』村田修三総監修/定価3,990円(税込)/小学館
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


【あとがきのあと】


『父が子に語る日本史』小島 毅著/定価1,575円(税込)/トランスビュー
多様な歴史の見方 軽妙に
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[産経新聞/読書欄]


『物語 フランス革命』安達正勝著/定価966円(税込)/中公新書
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


[東京=中日新聞/読書欄]


『熊(ものと人間の文化史)』赤羽正春著/定価3,675円(税込)/法政大学出版局
マタギを訪ね習俗を発掘/三浦慎悟(早稲田大学教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[しんぶん赤旗/読書欄]


『鉄の時代史』佐々木 稔著/定価3,780円(税込)/雄山閣
固定概念くつがえす初の総合解説/後藤仁敬(鶴見大学短期大学部教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
(C)Rekishisyokonwakai     2008年10月26日(日) No.178 (歴懇ニュース)

第18回神保町ブックフェスティバル


11月1日(土)から11月3日(月)の3日間、「神保町ブックフェスティバル」が開催されます。新刊・古書など300万点、1000万冊の在庫を誇る「世界一の本の街」東京・神田神保町に、年に1回出版社も加わって、特価本を大放出する本のお祭りです。今回も歴史書懇話会は東京堂書店前付近にワゴン2台を設置して、皆さまのご来場をお待ちいたしております。また会員社の柏書房、東京大学出版会、東京堂出版、吉川弘文館のほか、国語・国文学出版会、岩波書店、笠間書院、弘文堂、晶文社、筑摩書房、日本エディタースクール出版部、平凡社、藤原書店、未来社、雄山閣、ゆまに書房など多数の出版社が出店いたします。また、オープニングセレモニーでは、当会の前代表幹事、石田亘/校倉書房社長がバンジョーで参加するキャナルストリートジャズバンドが、ニューオリンズジャズを演奏してフェスティバルを盛り上げます。

第18回神保町ブックフェスティバルの詳細は下記をご覧ください。
http://jimbou.info/news/index.html

このほか、関連イベントとして
21世紀活文化プロジェクトが主催するシンポジウム(詳細は下記)
http://katsuji.yomiuri.co.jp/event/other/20080925.htm
当会特設書店の東京堂書店での講演会(詳細は下記)
http://www.tokyodoshoten.co.jp/event9.htm
などが開催されます。
なおフェスティバルについての関連ブログは下記をご覧ください。
http://blog.search.goo.ne.jp/search_goo/result/?MT=%BF%C0%CA%DD%C4%AE%A5%D6%A5%C3%A5%AF%A5%D5%A5%A7%A5%B9%A5%C6%A5%A3%A5%D0%A5%EB&mod=&from=web
(C)Rekishisyokonwakai     2008年10月25日(土) No.177 (歴懇ニュース)

2008年10月19日新聞書評


[朝日新聞/読書欄]


『戦争のある暮らし』乾 淑子編/定価3,150円(税込)/水声社
日常生活に刻印された戦争と国家/赤澤史朗(立命館大学教授・日本近現代史)
*本書の
詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


[読売新聞/読書欄]


『江戸の下半身事情』永井義男著/定価798円(税込)/祥伝社新書
驚きの野獣的エピソード/三浦しおん(作家)
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


【著者来店】


『カムイ伝講義』田中優子著/定価1,575円(税込)/小学館
底辺しらない学生に/
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[毎日新聞/読書欄]


『直木孝次郎 古代を語る』全14巻/定価各2,730円(税込)/吉川弘文館
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:吉川弘文館)


『ビジュアルワイド日本名城百選』村田修三総監修/定価3,990円(税込)/小学館
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


[日経新聞/読書欄]


『カムイ伝講義』田中優子著/定価1,575円(税込)/小学館
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[東京=中日新聞/読書欄]


『21世紀の歴史』ジャック・アタリ著/定価2,520円(税込)/作品社
「超民主主義」の出現を予測/塚原 史(早稲田大学教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『テロリズム』J・F・ゲイロー、D・セナ著/定価1,102円(税込)/白水社
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『絵引 民具の事典』工藤員功編/中林啓治作画/定価6,825円(税込)/河出書房新社
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『中世の村のかたちと暮らし』原田信男著 /定価1,680円(税込)/ 角川学芸出版
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


【出版情報】


『直木孝次郎 古代を語る』全14巻/定価各2,730円(税込)/吉川弘文館
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:吉川弘文館


[しんぶん赤旗/読書欄]


『「靖国」と日本の戦争』岩井忠熊著/定価740円(税込)/新日本出版社
侵略戦争を聖戦化する過程を分析/山科三郎(科学者)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


【ほんだな】


『パヴロフ』ダニエル・P・トーデス著/定価1890円(税込)/大月書店
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『縄文遺跡ガイド 北海道・北東北編』上林俊樹執筆/定価1260円(税込)/インテリジェント・リンク
* 本書の表紙をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


【レーダー】


『動詞・形容詞・副詞の事典』品田良行著/定価2,940円(税込)/東京堂出版
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
(C)Rekishisyokonwakai     2008年10月19日(日) No.176 (新聞書評)

★読売新聞10月17日朝刊/文化欄/伝記刊行盛ん


思文閣出版主催 講演会のお知らせ


2008年10月12日新聞書評


[朝日新聞/読書欄]


『室町絵巻の魔力』高岸 輝著/定価3,990円(税込)/吉川弘文館
室町幕府が舞台の歴史小説の趣/絵巻は、紙や絹を継ぎ、絵を描き、詞書を加えた巻物である。絵巻の制作・収集は、南北朝・室町時代、足利歴代の将軍にとっての権力の象徴であった。…美術史の書ながら、室町幕府を舞台にした歴史小説を読むがごとくに引き込まれる。/石上英一(東京大学教授・日本史)
*書評の全文は下記をご覧ください。
http://book.asahi.com/review/TKY200810140181.html
*本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『授業が変る 世界史教育法』鳥山孟郎著 /定価2,940円(税込)/青木書店
自分の問題として学ぶ世界史を/南塚信吾(法政大学教授・国際関係史)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


【情報フォルダー】


『絵引 民具の事典』工藤員功編/中林啓治作画/定価6,825円(税込)/河出書房新社
消えゆく民具をイラスト付で
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『ビジュアルワイド日本名城百選』村田修三総監修/定価3,990円(税込)/小学館


「縄張」で選ぶ100名城
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


[読売新聞/読書欄]


『中絶と避妊の政治学』ティアナ・ノーグレン著/定価3,990円(税込)/青木書店
日本のピル認可最後なぜ/日本では、中絶の合法化が非常に早く実現化した一方、ピルの認可は99年で、国連加盟国中、最後だった。それはなぜか。この明確な問いへの答えを求めて、日本の戦後史にわけいったのが本書である。」米国人研究者らしい歯切れのよさで、スリリングな読み物に仕上がっている/米本昌平(科学史家)
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『明代中国の庭園文化』クレイグ・クルナス著/定価3,990円(税込)/青土社
果樹園から美的空間へ/田中 純(思想史家)
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


[毎日新聞/読書欄]


『ドングリと文明−偉大な木が創った1万5000年の人類史』ウィリアム・B・ローガン著/定価2,415円(税込)/日経BP社
雑木林からインク、酒樽、軍艦まで/養老孟司(解剖学者)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『旧外交の形成−日本外交1900-1919』千葉功著/定価5,985円(税込)/勁草書房
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[日経新聞/読書欄]


【フロントライン】
『直木孝次郎 古代を語る』全14巻/定価各2,730円(税込)/吉川弘文館
直木孝次郎の未収録論考集/日本古代史の研究者、直木孝次郎氏の論文、研究ノート、講演記録、エッセイを自選で集成した『直木孝次郎 古代を語る』(全14巻/吉川弘文館)の刊行が始まった。
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:吉川弘文館
【この一冊】
『21世紀の歴史』ジャック・アタリ著/定価2,520円(税込)/作品社
新しい人間による超民主主義に希望/宇野重規(東京大学准教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


【半歩遅れの読書術】


藤森照信(建築史家)/持続が秘訣/至文堂「日本の美術」
30数年前の大学院生からのお付き合い。…美術のシリーズだから、絵や彫刻が中心になるが、加えて工芸や建築、近年は山岳信仰や文化財保護についても出しはじめている。とりわけ考古学関係は充実していて、縄文土器や銅鐸のような美術品として十分に鑑賞できるものにとどまらず、421「年輪年代法と文化財」(光谷拓実著)のようなシブイ内容も扱う。…例えば少し前に出た495「縄文土器 草創期・早期」(原田昌幸著)なんてどうか。
* 「日本の美術」の詳細は至文堂ホームページでご覧ください。
*495「縄文土器 草創期・早期」の詳細
421「年輪年代法と文化財」の詳細

2点とも在庫あり


[産経新聞/読書欄]


『天災日記 鹿島龍蔵と関東大震災』武村雅之編著/定価1,890円(税込)/鹿島出版会
後世に伝えていくべき叙述/鈴木 淳(東京大学准教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[東京=中日新聞/読書欄]


『文明開化 失われた風俗』百瀬 響著 /定価1,785円(税込)/ 吉川弘文館
西洋列強に対抗するため明治政府が推進した文明開化の政策は、近代のシステムや文物を導入する一方で、混浴、入墨などの「野蛮な」風俗を条例によって厳しく統制した。…西洋と日本、都市といなか、男と女、和人とアイヌという関係を視野にいれ重層的に読み直す。
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[北海道新聞/読書欄]


【ほっかいどうの本】

『文明開化 失われた風俗』百瀬 響著/定価1,785円(税込) / 吉川弘文館
 明治初期、当時の日本人の生活習慣や風俗のなかには、来日した欧米人に野蛮と受けとめられるものも多かった。混浴、入れ墨、立ち小便などである。明治政府は文明開化政策の一環として、風俗の取り締まりに乗り出している。… 本書はこうした欧米人の批判、文明開化の名のもとで進められた風俗統制の実態を、新たな視点から解明する興味深い歴史研究である。著者は文化人類学が専門の道教育大札幌校準教授。…同時に「北海道における風俗統制とアイヌ」という章を設け、同条例と明治期以降、進められた同化政策との関係について考察しているところにも注目したい。著者はアイヌ民族への風俗統制、とくに「文身(いれずみ)禁止令」についての研究が、この条例に関心を持つきっかけだったと述べている。違式註違条例を手がかりに、民族差別の歴史に迫ろうとする試みは、本書が初めてといえるだろう/中舘寛隆=北海道読書新聞社編集長
*本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
(C)Rekishisyokonwakai     2008年10月13日(月) No.173 (新聞書評)

2008年10月5日新聞書評


[朝日新聞/読書欄]


【話題の本棚】
<古事記ブーム/古代日本のファンタジーに>
*記事の
全文

『古事記の歴史意識』矢嶋 泉著/定価1,890円(税込)/吉川弘文館
*本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『「古事記」の真実』長谷部日出雄著/定価893円(税込)/文春新書
*本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『図説古事記』石井正己著・篠山紀信写真/定価1,890円(税込)/河出書房新社
*本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『五月女ケイ子のレッツ!!古事記』五月女ケイ子著/定価1,365円(税込)/講談社
*本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『ぼくらの時代にはか資本屋があった』菊池 仁著/定価2,940円(税込)/新人物往来社
大衆の意識のうねりとなった発信源/唐沢俊一(作家)
*書評の全文
*本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『魂の古代学―問いつづける折口信夫』上野誠著/定価1,260円(税込)/新潮選書
*書評の全文
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


[読売新聞/読書欄]


『壁画洞窟の音』土取利行著/定価2,310円(税込)/青土社
音楽誕生の謎を解く/田中 純(思想史家)
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)



[毎日新聞/読書欄]


『蓬莱山と扶桑樹−日本文化の古層の探求』岡本健一著/定価5,775円(税込)/思文閣出版
東アジア古代史のロマン追う20年の歴程/張競(明治大学教授・比較文化)
*書評の全文

* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:思文閣出版)



[日経新聞/読書欄]


『牧民の思想』小川和也著/定価2,940円(税込)/
江戸の平和 治者の側から解明/鈴木俊幸(中央大学教授)
* 本書の
詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『「育つ・学ぶ」の社会史』小山静子・大田素子編/定価3,150円(税込)/藤原書店
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[東京=中日新聞/読書欄]


『癩者の憲章―大江満雄ハンセン病論集』木村哲也編/定価3,360円(税込)/大月書店
詩を通じ築いた人間関係/森田 進(詩人)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『東京裁判』戸谷由麻著/定価5,460円(税込)/みすず書房
国際法判例としての価値/中島岳志(北海道大学准教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
(C)Rekishisyokonwakai     2008年10月11日(土) No.172 (新聞書評)

フェア開催書店一覧


2008歴懇リバイバルフェア開催書店一覧


2008リバイバル書目リスト
※書店により期間、規模は異なります。各書店にお尋ねください。

書店名                     市町村名 電話番号
紀伊國屋書店札幌店 札幌市中央区 011-231-2131
北海道大学生協書籍部クラーク店   札幌市北区 011-736-0916
紀伊國屋書店弘前店         弘前市 0172-36-4511
ジュンク堂書店秋田店          秋田市 018-884-1370
ジュンク堂書店盛岡店          盛岡市 019-601-6161
ジュンク堂書店仙台店       仙台市青葉区 022-265-5656
丸善仙台アエル店         仙台市青葉区 022-264-0151
東北大学生協文系書籍部店     仙台市青葉区 022-262-7463
丸善筑波大学厚生会館書籍部第一学群 つくば市 0298-58-0420
川又書店駅前店             水戸市 0292-31-0102
煥乎堂 前橋市 0272-35-8111
ブックマンズアカデミー 前橋店     前橋市 027-280-3322
須原屋本店          さいたま市浦和区 048-822-5321
ブック・デポ書楽       さいたま市中央区 048-852-6581
有隣堂秋葉原店            千代田区
岩波ブックセンター信山社       千代田区 03-3263-6601
三省堂書店神保町本店         千代田区 03-3233-3312
東京堂書店本店            千代田区 03-3291-5181
三省堂政文堂書店           千代田区 03-6263-5841
東京大学生協本郷店書籍部 文京区 03-3811-5481
國學院大学生協書籍部 渋谷区 03-5466-0166
東京大学生協書籍部駒場店 目黒区 03-3469-7145
ジュンク堂書店新宿店 新宿区 03-5363-1300
芳林堂書店高田馬場店          新宿区 03-3208-0241
ジュンク堂書店池袋店          豊島区 03-5956-6111
リブロ池袋店              豊島区 03-5949-2925
有隣堂横浜駅東口ルミネ店 横浜市西区 045-453-0811
有隣堂藤沢店              藤沢市 0466-26-1411
平安堂長野店              長野市 026-224-4545
リブロ金沢店 金沢市 076-260-2555
うつのみや本店 金沢市 0762-34-8111
Booksなかだ本店 富山市 0762-92-1192
紀伊國屋書店新潟店 新潟市 025-241-5281
ジュンク堂書店新潟店          新潟市 025-374-4411
静岡谷島屋               静岡市 054-254-1301
精文館書店               豊橋市 0532-54-2345
ウニタ書店 名古屋市千種区 052-731-1380
自由書房高島屋店 岐阜市 058-265-4301
別所書店修成店 津市
ジュンク堂書店梅田店 大阪市北区 06-6343-8444
ジュンク堂書店大阪本店 大阪市北区 06-4799-1090
旭屋書店本店 大阪市北区 06-6313-1191
ジュンク堂書店難波店 大阪市中央区 06-6635-5330
喜久屋阿倍野店 大阪市阿倍野区 06-6634-8606
大阪大学生協書籍部 豊中市 06-6841-3326
ジュンク堂書店京都店 京都市下京区 075-252-0101
法藏館 京都市下京区 075-343-0458
アバンティ・ブックセンター 京都市南区 075-682-5031
同志社大学生協書籍部今出川店 京都市上京区 075-251-4427
立命館大学生協存心館店 京都市北区 075-465-8288
ジュンク堂書店京都BAL店 京都市中京区 075-253-6460
京都大学生協ブックセンタールネ 京都市左京区 075-771-7336
京都大学生協吉田生協会館 京都市左京区 075-753-7632
ジュンク堂書店三宮店 神戸市中央区 078-392-1001
海文堂書店 神戸市中央区 078-331-6501
ジュンク堂書店三宮駅前店 神戸市中央区 078-252-0777
ジュンク堂書店西宮店 西宮市
ジュンク堂書店姫路駅店 姫路市
ジュンク堂書店明石店 明石市 078-913-8201
紀伊國屋書店岡山クレド店 岡山市 086-232-3411
フタバ図書MEGA岡山青江店 岡山市
喜久屋書店倉敷店 倉敷市 086-430-5450
フタバ図書MEGA 広島市安佐南区 082-830-0600
ジュンク堂書店広島店 広島市南区 082-568-3000
フタバ図書TERA 広島県安芸郡府中町 082-561-0770
文榮堂本店 山口市 0839-22-5611
愛媛大学生協城北ショップ 松山市 089-925-5801
ジュンク堂書店福岡店 福岡市中央区 092-738-3322
丸善福岡ビル店 福岡市中央区 092-731-9000
紀伊國屋書店福岡本店 福岡市東区 092-434-3100
ジュンク堂書店大分店 大分市 0975-36-8181
ジュンク堂書店鹿児島店 鹿児島市 099-239-1221
京都 仏教大学書籍部 京都市
和歌山 宇治書店 和歌山市
ブックファースト京都店 京都市

2008.9.25更新
(C)Rekishisyokonwakai     2008年10月06日(月) No.171 (特設店)

歴懇リバイバル2008


本年も小会では共同復刊「歴懇リバイバル 2008」フェアを10月上旬より実施いたします。 当フェアも今年で16年目に入り、専門出版社の共同復刊事業として多くの読者、書店様からご支持いただき、秋のイベントして定着しております。本年は8社40点の強力ラインナップが揃いました。
エクセル版リストFILE 
169_1.xls

フェア開催書店リスト


出版社 書名 編著者 刊行年 判型 刷数 分類 定価 ISBN 内容説明


学生社


出雲大社 千家尊統著 1998 四六 262 古代史 \2,310 9784311407154
第82代出雲国国造が従来固く秘められてきた神秘な「火継式」や「古代新嘗祭」などの全貌をはじめて公開し、その他の特殊な出雲の祭りなどを解説。
-----------------------------------------------------------
古代の鉄と神々 真弓 常忠著 1997 四六 240 考古学 \2,310 9784311202124
記紀神話や銅鐸祭祀に隠されていた古代鉄文化と祭祀の原像を掘り起こし、稲作文化の視点からではわからなかった日本古代史の謎を解明する。
-----------------------------------------------------------
三輪山の神々 上田 正昭他著 2003 四六 226 考古学 \2,079 9784311202612
神体山と磐座信仰とは何か?ヤマト王権発祥の地で、古代祭祀から国家成立の謎に迫る。日本の古代の姿を古代信仰から解き明かす。
-----------------------------------------------------------
三輪山の古代史 上野 誠他著 2003 四六 208 考古学 \2,079 9784311202629
神体山・三輪山の麓に広がる大和政権とは?三輪山をご神体とする大神神社、万葉の舞台山の辺の道など、日本の古代の姿を文献史学から解明。


思文閣出版


棟札の研究 水藤 真著 2005 A5 220 建築史 \3,990 4784212434
寺社の上棟式・大修理のさい棟木に打ち付ける棟札。歴民博の調査報告書をもとに、棟札の意味・価値など多方面から検討し、研究の整理と方向性を示す。
-----------------------------------------------------------

東京大学出版会


歴史と歴史学 斉藤 孝著 1975 四六 210 歴史一般 \2,310 9784130060486
歴史とは何か、歴史学とはどのような学問か、古くて新しい問題について考察。独自の立場からの史学概論として、歴史学を志す学徒にとって好適の入門書。
-----------------------------------------------------------
源氏物語の世界 秋山 虔著 1964 A5 440 中世史 \6,300 9784130800365
女流文学の形成に筆をおこし、源氏物語における人間造型の方法と、紫式部の思考と文体を明らかにし、さらに枕草子を論じて、平安文学の本質にせまる。
-----------------------------------------------------------
荘園の世界 稲垣泰彦編 1973 四六 350 中世史 \2,520 9784130060141
中世の民衆の生活の場、荘園。中世の典型的な荘園を取上げ、荘園を一つの世界として、権力と闘い、生産にいそしみ、生活を楽しむ民衆の姿を描き出す。
-----------------------------------------------------------

東京堂出版


合本 源氏物語事典 池田亀鑑編 1960 B5 1188 国文学 \26,250 9784490102239
源氏本文中の重要事項3000項目を注釈・解説し、注釈書解題・諸本解題・所引詩歌仏典・作中人物解説・人物呼称一覧・年表・図録を収録した大著。
-----------------------------------------------------------
源氏物語注釈書・享受史事典 伊井春樹編 2001 菊判 832 国文学 \18,900 9784490105919
平安末期から幕末までの注釈書525点の詳細な解題と享受の歴史を年月日順に克明に追い、巻末に100頁に及ぶ書名・人名索引を付した。
-----------------------------------------------------------
江戸時代の古文書を読む 元禄時代 徳川林政史研究所監修 2002 B5 136 近世史 \2,520 9784490204650
「生類憐み令」や武士の日常を記す「鸚鵡篭中記」など、史料4点の原文を掲げ、脚注をつけ、解読・読み下し文を付し、史料の解説も施した。


刀水書房


ルクセンブルクの歴史―小さな国の大きな歴史 G.トラウシュ著/岩崎允彦訳 1999 四六 250 世界史 \2,940 9784887082397
中世ルクセンブルク伯の城塞から出発、2度の世界大戦をくぐり、今や原加盟国の一国としてEUを支える、人口45万の不思議な国。本邦唯一の通史! 
----------------------------------------------------------
ハプスブルク帝国史―中世から1918年まで G.シュッタットミュラー著/矢田俊隆解題・丹後杏一訳 1989 A5 246 世界史 \2,940 9784887081062
ハプスブルク朝800年の歴史。欧州全域にまたがる大国家の政治・外交・民族問題を注視、第1人者によるコンパクトな名著。


塙書房


藤原鎌足 田村圓澄著 1966 新書 214 伝記 945 9784827340037
改新の支柱として以後の国家観念の規底を創出したイデオローグ鎌足の人間像を、7世紀日本の直面した対内外政治危機の中に浮き彫りにする。
----------------------------------------------------------
西行の世界 山木幸一著 1979 新書 230 文化史 \998 9784827340570
山里に止住し、山野海辺に漂泊し、内面の悲哀と苦悩を痛切に味わって生きた西行、その独自のいろどりをもつ詩情の感動を、見事によみがえらせた好著。
----------------------------------------------------------
幕藩社会と商品流通(OD版) 中井信彦著 1961 B6 251 近世史 \2,940 9784827335118
商品流通という特定の視角から、幕藩制社会の構造的発展と崩壊の過程を概観する。
----------------------------------------------------------
日本古代村落史序説(OD版) 吉田 晶著 1980 B6 304 古代史 \3,360 9784827335859
70年代の首長制論をふまえ、文献史料によって7・8世紀の古代村落の具体相を可能なかぎり追究する。


法藏館


増訂版 補陀落渡海史 根井 浄著 2001 A5 788 仏教史 \16,800 4831875333
生きながら南方の観音浄土をめざす特異な習俗の全貌を,多数の新出史料と絵画史料で初めて解明。
----------------------------------------------------------
本願寺教団の展開 青木忠夫著 2003 A5 488 仏教史 \10,500 4831874795
新たに発掘した証如・顕如真筆史料等から戦国期の本願寺と木會川中流域の真宗教団の展開を解明。


吉川弘文館


美術のアイデンティティー 誰のために、何のために 佐藤道信著 2007 A5 224 美術史 \4,095 9784642037785
美術は誰のため、何のためにつくられ、どこに向かうのか。東西の「美術史」展示、戦後の日本美術の社会構造の検証などから新たな視点で捉え直す。
-----------------------------------------------------------
誕生と死の民俗学 板橋春夫著 2007 A5 334 民俗学 \8,925 9784642081917
「生まれ変わり」と「霊魂」で説明されがちな人生儀礼研究を振り返り、具体的民俗事象から「いのち」に関する日本人の思考や認識のあり方を解き明かす。
-----------------------------------------------------------
徴兵制と近代日本 1868−1945 加藤陽子著 1996 四六 290 近代史 \3,045 9784642074964
国家が国民に強制する兵役義務=徴兵制は、国民と社会にどんな影響を与えたか。徴兵令制定−兵役法廃止まで、軍部・政府間の攻防を描く。
-----------------------------------------------------------
蘇我蝦夷・入鹿(人物叢書) 門脇禎二著 1977 四六 168 伝記・古代 \1,575 9784642050067
悪逆非道の元兇とされてきた人間像を,7世紀前半〜中葉の古代国家形成期の政治状勢の中で再評価した画期的名著。
-----------------------------------------------------------
和気清麻呂(人物叢書) 平野邦雄著 1964 四六 266 伝記・古代 \2,100 9784642050302
備前の土豪から身を起し,宮廷政治の優れたオルガナイザーとして新時代の開拓者となった清麻呂の生涯を,綿密な史料調査で描く。
-----------------------------------------------------------
円 仁(人物叢書) 佐伯有清著 1989 四六 312 伝記・古代 \2,310 9784642051583
在唐十年,未曾有な体験を持つ名僧の伝記。最澄の門弟として天台密教を弘めた強靱な精神に支えられた生涯を詳細に描く。
-----------------------------------------------------------
円 珍(人物叢書) 佐伯有清著 1990 四六 308 伝記・古代 \2,205 9784642051927
天台座主智証大師円珍の生涯を克明にたどった初の詳細な伝記。当時の政治情況の中で行動する姿などを新たな視点から描く。
-----------------------------------------------------------
紀 貫之(人物叢書) 目崎徳衛著 1961 四六 216 伝記・古代 \1,890 9784642050180
万葉復古の風潮で急顛落した王朝歌壇の偶像の生涯と業績を検討し、再評価の先駆をなした伝記。
----------------------------------------------------------
源頼光(人物叢書) 朧谷寿著 1968 四六 234 伝記・古代 \1,995 9784642051606
酒呑童子退治で有名な頼光の,武勇に秀で処世の術にもたけた生涯を,説話等をも巧みに織りまぜて、時代の上に浮彫りしたユニークな伝記。
----------------------------------------------------------
源義家(人物叢書) 安田元久著 1966 四六 214 伝記・古代 \1,890 978464051668
武門の棟梁として威名天下に轟き,武勇の神と仰がる。その歴史的生涯を史実に基づいて究明した“八幡太郎”の伝の決定版。
----------------------------------------------------------
西行(人物叢書) 目崎徳衛著 1980 四六 200 伝記・中世 \1,890 9784642051781
知られざる多くの史実を明らかにし、古代末期の波瀾の時代に生きた「数奇の遁世者」西行の全貌を滋味豊に描く。
----------------------------------------------------------
法然(人物叢書) 田村圓澄著 1959 四六 270 伝記・中世 \2,100 9784642051200
浄土宗の開祖法然は、日本仏教史の転回点に立つ。あるがままの人間法然を描き、執拗な弾圧に抗する苦悩と実践とを追求する。
---------------------------------------------------------
北条泰時(人物叢書) 上横手雅敬著 1958 四六 230 伝記・中世 1995 9784642051354
御成敗式目の制定者,稀代の名執権と謳わる。誠実と苦悩の人間像を、承久の乱と武家政権の確立をはかる激動の時代を描く。
---------------------------------------------------------
親鸞(人物叢書) 赤松俊秀著 1961 四六 372 伝記・中世 \2,310 9784642050036
肉食妻帯を自ら実践し,真の民衆宗教を樹立した傑れた宗教家。異説多い親鸞伝の諸問題を解明した名著。
---------------------------------------------------------
前田利家(人物叢書) 岩沢愿彦著 1966 四六 380 伝記・中世 \2,310 9784642051330
加賀百万石の藩祖前田利家の実録。信長・秀吉から家康へ,変転する動乱の世を生き抜いた勇気と誠実の人。その人生を浮彫にする。
---------------------------------------------------------
近松門左衛門(人物叢書) 河竹繁俊著 1958 四六 236 伝記・近世 \1,995 9784642051217
「劇作家の氏神」と称せられる近松の、不明とされた素性と生涯を、歌舞伎研究に畢生の努力を傾けた著者が、作品織り成して巧みに浮彫にする。
---------------------------------------------------------
徳川吉宗(人物叢書) 辻達也著 1958 四六 230 伝記・近世 \1,995 9784642050074
江戸幕府中興の英主,幕藩体制転換期の象徴的将軍。その生涯と施政描き享保改革の実態を究明する。
---------------------------------------------------------
清沢満之(人物叢書) 吉田久一著 1964 四六 268 伝記・近代 \2,100 9784642050357
明治仏教界の明星,「今親鸞」と呼ばれる。近代日本の哲学思想に偉大な感化与えた宗教的天才の思想と生涯を描く。
---------------------------------------------------------
乃木希典(人物叢書) 松下芳男著 1960 四六 226 伝記・近代 \1,995 9784642050234
軍神と崇められる明治の象徴的将軍。その古武士的風格と冷厳な家庭生活を併せ描く人間乃木の実伝。
---------------------------------------------------------
渋沢栄一(人物叢書) 土屋喬雄著 1989 四六 296 伝記・近代 \2,205 9784642051590
日本資本主義の父といわれる渋沢栄一。近代日本の発展に多大な役割果たした大実業家の生涯を、時代の息吹と共に鮮明に描く
---------------------------------------------------------
南方熊楠(人物叢書) 笠井清著 1967 四六 370 伝記・近代 \2,310 9784642050142
奇行に富む型破りの非凡な学者!海外及び帰国後の全生涯を生物学・民俗学の業績とあわせ描く。
(C)Rekishisyokonwakai     2008年10月01日(水) No.169 (本の探し方―ブックリスト)

2008年10月オススメの30冊


FILE 
168_1.pdf

出版社名 ISBN NO.
書 名 編 著 者 名 判型 本体価格 発行年(月)


青木書店 9784250208171
近藤義郎と学ぶ考古学通論 近藤義郎著 A5 \2,800 2008.8
発掘50年、日本考古学の大家の名講義!


明石書店 9784750328430
ベトナムの歴史 ベトナム中学校歴史教科書 今井昭夫監訳 A5 \5,800 2008.8
ベトナムの中学生の歴史教科書最新版の全訳


明石書店 9784750328423
インドネシアの歴史 インドネシア高校歴史教科書 石井和子監訳 A5 \4,500 2008.8
インドネシア通史の入門書としても最適!


校倉書房 4751719505
歴史学研究入門 セニョボス他著・八本木浄訳 四六 \3,800 1989.5
かなり古い本ですが棚になければどうぞ


校倉書房 4751728903
化生する歴史学 鹿野政直 四六 \3,800 1998.12
かなり古い本ですが棚になければどうぞ


大月書店 9784272520800
「百人斬り競争」と南京事件 史実の解明から歴史対話へ 笠原十九司 四六 \2,600 2008.6
(6/20発売)  派手ではありませんが、売れてます。3刷までいきました!


大月書店 9784272330560
1995年 未了の問題圏 中西新太郎編 四六 \1,900 2008.9
雨宮処凛、中島岳志、湯浅誠、栗田隆子、杉田俊介ー編者との異色の対談!


学生社 9784311602283
薬師寺 好胤説法 高田好胤 四六 \1,200 2001.5
高田好胤没後10年。多くの人の愛された薬師寺管長の法話


学生社 9784311602276
高田好胤「佛法」を説く 高田好胤 四六 \1,400 2000.12
般若心経のおけいこ、観音経のおはなしなど10編を収録

柏書房 4760116974
秘密結社の事典ー暗殺教団からフリーメイソンまで 有澤玲緒 四六 \2,800 1998.12
長らくの品切れを解消! 重版出来


柏書房 9784760133772
世界陰謀史事典 ジョエル・レヴィ著/下隆全訳 四六 \2,800 2008.6
舞台裏から歴史を動かしてきた真の支配者たちを描く

思文閣出版 9784784214303
文学のなかの考古学 門田誠一 四六 \2,300 2008.9
文学と考古学の間に生まれる新たな可能性を提示する一書


思文閣出版 9784784214372
一千年目の源氏物語 伊井春樹編 四六 \1,600 2008.6
斯界の識者による「源氏物語論」を集約。次の世代へとその価値を継承する


東京大学出版会 9784130201445
近世京都の都市と社会 杉森哲也 A5 \7,200 2008.8
現代に続く京都の街並みの原点は、近世のまちづくりにあります


東京大学出版会 9784130860352
今様の時代 変容する宮廷芸能 沖本幸子 A5 \7,600 2006.2
第1回日本古典文学学術賞受賞!この本は、これで3つ目の受賞です


東京堂出版 9784490107357
奈良の地名由来辞典 池田末則編 四六 \2,800 2008.5
今年もまもなく奈良国立博物館で「正倉院展」が開催されます。行きたいなあ!


東京堂出版 9784490107418
仏教がわかる四字熟語辞典 森章司・小森英明編 四六 \3,300 2008.8
「以心伝心」「言語道断」「四苦八苦」などの日常語も、実は仏教に由来するそうです


刀水書房 97848870783639
中世歴史人類学試論 身体・祭儀・夢幻・時間 J.C.シュミット著/渡邊昌美訳 A5 \7,000 2008.6
今年度【日本翻訳出版文化賞】受賞決定!/アナール派第4世代の第1人者


刀水書房 9784887083646
“ヨーロッパ”とは何か?第二次大戦直後の連続講義から L.フェーヴル著/長谷川輝夫訳 A5 \5,700 2008.2
アナール派創始者フェーヴルの幻の講義ノート復元! ジワジワ売れ始めています


同成社 9784886214577
志波城・徳丹城跡ー日本の遺跡31 西野 修 四六 \1,800 2008.8
律令国家による蝦夷征討の橋頭堡たる志波城徳丹城を考古学的に分析する


同成社 9784886214447
日本史年表・年号ハンドブック 阿部猛編 新書 \1,200 2008.9
活字が大きく、手軽に日本の歴史に触れられる簡便な年表・年号のハンドブック


塙書房 4827311897
古代熊野の史的研究 寺西貞弘 A5 \3,800 2004
秋の行楽シーズンに、熊野なんていかがでしょうか


塙書房 4827311757
天下統一と城 千田嘉博・小島道裕編 四六 \2,800 2002
お城めぐりをするまえにちょっと勉強


法藏館 9784831856821
日本文化の人類学/異文化の民俗学 小松和彦還暦記念論集刊行会編   A5 \10,000 2008.06
妖怪学の展開。週刊読書人9月19日小松和彦インタビュー記事掲載


法藏館 9784831875624
熊野比丘尼を絵解く 根井浄・山本殖生編著 A5 \6,000 2007.11
「熊野観心十界図」を絵解き。日本歴史2008年10月号書評掲載


山川出版社 9784634490406
アンコールからのメッセージ 石澤良昭著/大村次郷写真 B6変 \1,700 2002.5
写真とともに歴史を読むビジュアル判。アンコール王朝の解明に挑戦!


山川出版社 9784634491502
ヒマラヤの『正倉院』 石井 溥著/大村次郷写真 B6変 \1,700 2003.5
写真とともに歴史を読むビジュアル判。カトマンズ盆地の今を紹介する


吉川弘文館 9784642077712
吾妻鏡の方法―事実と神話にみる中世 (増補版) 五味文彦 四六 \2,200 2000.12
東国に生まれた武士政権誕生と再生の歴史。吾妻鏡を読み解くために必読の名誉


吉川弘文館 9784642079914
吾妻鏡必携 関幸彦・野口実編 四六 \3,600 2008.9
用字や歴史用語、主要人物の解説、系図、関係地図、合戦一覧、略年表など


吉川弘文館 9784642014359
源平合戦事典 福田豊彦・関幸彦編 四六 \7,000 2006.12
保元の乱より奥州合戦まで合戦や人物、歴史用語など、約500項目を解説
(C)Rekishisyokonwakai     2008年10月01日(水) No.168 (本の探し方―今月のおすすめ)