トップページ
◆歴懇担当者おすすめの歴史書→リスト表示  
◆会員社のRSS一覧◆
「人文・社会科学書/2008年刊行・3000点フェア」

「人文・社会科学書/2008年刊行・3000点フェア」
2009年 1月11日(日)まで
紀伊國屋書店札幌本店2F特設会場にて開催中です。
当会会員社をはじめ52社の人文・社会科学書の新刊を一堂に集め
展示販売しております。詳細は下記でご覧ください。
展示品の内容紹介も下記で可能となりました。
http://bookwebpro.kinokuniya.co.jp/files/contents/w/BN_20081213_00.html

2009年01月05日(月) No.204

52社共同企画フェア 紀伊國屋書店札幌本店 


人文・社会科学書専門出版社52社 共同企画 ブック・フェア
「2008年刊行人文社会科学書3,000点フェア」

開催店:札幌本店2F特設コーナー
〒060-0005 札幌市中央区北5西5-7
      TEL 011-231-2131 FAX 011-241-0526
期間 : 2008年12月13日(土)〜2009年 1月11日(日)
    (営業時間;10時〜21時)

紀伊國屋書店札幌本店では、2008年に刊行された人文社会科学書の新刊を一同に集めたフェアを開催致します。なかなか手に取る機会のない少部数刊行の新刊や書評に掲載された書籍、ここでしか買えない在庫僅少本も数多く展示販売致します。皆さまのご来店を心よりお持ち申し上げます。

フェア協賛出版社(五十音順)
青木書店 明石書店 校倉書房 和泉書院 岩波書店 おうふう 大月書店 御茶の水書房 学生社 学燈社 学陽書房 笠間書院 風間書房 柏書房 角川書店 紀伊國屋書店 慶應義塾大学出版会 勁草書房    弘文堂 思文閣出版 至文堂 春秋社 商事法務 晶文社 誠信書房 青土社 創元社 大修館書店      筑摩書房 中央経済社 東京大学出版会 東京堂出版 刀水書房 同成社 東洋経済新報社 日本評論社 白水社 白桃書房 塙書房 平凡社 法政大学出版局 法藏館 みすず書房 ミネルヴァ書房 三弥井書店  未来社 明治書院 山川出版社 雄山閣 有斐閣 右文書院 吉川弘文館
2008年12月24日(水) No.198

読売新聞「出版トピック」

11月28日読売新聞文化欄で『直木孝次郎古代を語る』全14巻(吉川弘文館刊)の刊行を開始した直木孝次郎先生のインタビュー記事。「虚飾を排す精神は健在」が掲載されました。
記事全文
2008年12月12日(金) No.195

<歴懇ニュース>181

世界は今、アメリカから発した経済大不況で多くの人々が失業し、苦しい生活を余儀なくされています。けれど、同じアメリカで史上初の黒人大統領が誕生しました。私たちはこの歴史的大事件に立ち会う事が出来た事を喜びたいと思います。
さて、歴史書懇話会40周年を迎えた今年も残るところ20日余りになりました。年末から来年1月にかけて、全国の書店さんのご協力を戴き、40周年を記念する多くのフェアを開催致します。この記念フェアは来年も又続けてまいります。このような時代だからこそ歴史に知恵を求めて行きたいと思います。歴史書懇話会をよろしくお願い致します。

●月代わりで「歴史書懇話会・今月のオススメ30冊」の連続ミニフェアを4書店で開催中(2006年7月から)です。年明けに「歴懇2008年の話題書30」をお目にかけます
◇TENDO八文字屋(天童市)/◇東北学院大学土樋店(仙台市)/
◇紀伊國屋書店新潟店(新潟市)/◇今井書店グループセンター店(松江市)
  話題の本、書評に取り上げられた本、受賞した本、今買わないと品切れになってしまう本、etc.を、その折々に各社が選んで提供しています。
●東京堂書店本店「歴史書懇話会・国語国文学出版会 連続各社フェア」
 第23回目 「同成社全点フェア」(3階)12月〜1月
歴史書懇話会と国語・国文学出版会の各社順番に連続フェアを開催中。1社2か月ずつ続きます。普通は書店で目にする事がないような本まで、棚にギッシリと壮観です。
●芳林堂書店高田馬場店「歴史書懇話会40周年記念フェア―2008年話題になった本」     12月中旬〜2009年1月末
●平安堂書店本店「歴史書懇話会40周年記念フェア―今年話題になった本」
12月初め〜2009年1月10日
●フタバ図書TERA「歴史書懇話会40周年記念&
中国地方・瀬戸内の歴史を知ろう!フェア」 12月22日〜2009年1月25日
●三省堂書店神保町本店 「歴史書懇話会 2008歴史書をふりかえって」
12月中旬〜2009年1月末
  この“歴懇年末フェア”も毎年恒例になりました。どうぞ4階までお越し下さい!
●ジュンク堂書店新宿店で、昨秋から「これが歴史書だ !」 フェアが続いています。
第12回目「戦後の昭和史と歴史認識」12月16日〜2月28日
占領軍、民主主義、安保闘争、経済発展、歴史認識論争、等々を集めます。
●紀伊国屋書店札幌本店「2008年刊行・人文社会科学書3000点フェア」
12月13日〜1月11日 
人文書専門の52社による大きなフェアです。歴史書懇話会も協賛します。
●ジュンク堂京都BAL店「2008年話題になった歴史書」・「残部僅少本」フェア
2009年1月2日〜2月上旬
  150点の歴史書が皆様の目に飛び込んできます!
●東京大学生協書籍部本郷店「歴史書懇話会歳末・新春フェア」12月上旬〜

●広島大学生協北1コープショップ「歴史書懇話会・歴史基本図書フェア」
11月4日〜12月27日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
新しい年が素晴らしい年になりますように。どうぞ皆様よいお年をお迎え下さい。
2008年12月10日(水) No.192

11月30日/麻生首相が買った本

11月30日、麻生総理大臣が八重洲ブックセンターを訪れ本を購入したことが、新聞各紙やテレビニュースなどで報道され、話題となっています。今回、首相が購入した4冊のなかに佐道明広・小宮一夫・服部龍二編『人物で読む 現代日本外交史』(吉川弘文館)が入っていました。分かりやすく戦中、戦後の日本外交の歴史を紹介する内容です。皆さまもぜひお読みください。
朝日新聞の記事は下記
http://www.asahi.com/politics/update/1130/TKY200811300175.html
読売新聞の記事は下記
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20081130-OYT1T00484.htm
『人物で読む 現代日本外交史』佐道明広・小宮一夫・服部龍二編/定価2,940円(税込)/吉川弘文館
* 本書の詳細は下記
https://www.yoshikawa-k.co.jp/cgi-def/admin/C-006/store/goods/gd_1.html

2008年12月02日(火) No.190

2008年11月23日新聞書評

2008年11月23日新聞書評
[朝日新聞/読書欄]
『秀吉はいつ知ったか』山田風太郎著/定価1,955円(税込)/筑摩書房
山田流と突飛な発想、歴史考察が出色/阿刀田高(作家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください/(協力:紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%8F%47%8B%67%82%CD%82%A2%82%C2%92%6D%82%C1%82%BD%82%A9
*書評の全文はこちら
http://book.asahi.com/review/TKY200811250203.html
『かぐや姫の結婚』繁田信一著/定価1,470円(税込)/PHP研究所
「愛しすぎる父の娘」の縁談事情/久田恵(ノンフィクション作家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%82%A9%82%AE%82%E2%95%50%82%CC%8C%8B%8D%A5
*書評の全文はこちら
http://book.asahi.com/review/TKY200811250187.html
[毎日新聞/読書欄]
『森鴎外と日清・日露戦争』末延芳晴著/定価2,730円(税込)/平凡社
軍医と文学者のあいだで揺れた心/川本三郎(評論家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4582834078.html
*書評の全文はこちら
http://mainichi.jp/enta/book/hondana/news/20081123ddm015070035000c.html
[日経新聞/読書欄]
『ケインズの闘い』ジル・ドスタレール著/定価5,600円(税込)/藤原書店
理想主義と現実主義の相克 緻密に/間宮陽介(京都大学教授)
* 本書の詳細は下記をご覧ください/(協力:紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%83%50%83%43%83%93%83%59%82%CC%93%AC%82%A2
[北海道新聞/読書欄]
『「情」の文化史−−中国人のメンタリティー』張競著/定価1,680円(税込)/角川選書
恋も交友も時代で変容/瀬川千秋(翻訳家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください/協力:紀伊國屋書店
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%81%75%8F%EE%81%76%82%CC%95%B6%89%BB%8E%6A
【訪問/高橋和泉インタビュー】
『トゥイ−の日記』トゥイ−・チャム・ダン著/定価1,6 00円(税込)/ 経済界
戦場で成熟、女性像が共感呼ぶ
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4766784286.html
[しんぶん赤旗/読書欄]
『1955年 未了の問題圏』中西新太郎編/定価1,995円(税込)/大月書店
過酷な時代生き延びた知性の台頭/若者たちの生きづらさについて考察を重ねてきた社会哲学者の中西新太郎氏が、95年当時に20歳前後の時代を過ごした5人の若い世代の論者と語り合う。/旭爪あかね(作家)
* 本書の詳細は下記をご覧ください/(協力:紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/427233056X.html
[しんぶん赤旗/日曜版]
【本立て】
『歴史認識問題の原点・東京裁判』山田 朗編著/定価1,500円(税込)/学習の友社
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4761712384.html
『江戸っ子歳事記』鈴木理生著/定価1,890円(税込)/三省堂
* 本書の詳細は下記をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4385363854.html
2008年11月29日(土) No.188

神保町は本の街大合唱

11月1日〜3日第18回神保町ブックフェスティバルが開催されました。
歴史書懇話会芸能部おじおば合唱隊が「神保町は本の町」オリジナル曲を大合唱しました。その様子を4分29秒の映像でお楽しみください。
Windows Media Player 7.65MB
real Player 8.52MB
Quick Time Player 8.14MB


歌詞はこちら
2008年11月08日(土) No.182

2008年読書世論調査

読売新聞と毎日新聞の読書に関する「世論調査」が発表され、
それぞれ月26日朝刊に概要が掲載されました。
読売新聞の調査では
「この1ヶ月に1冊以上本を読んだ人」は54.2%で
前年より10%近い伸びでした。また「読みたい分野」では
「考古学・歴史」は4.9%、「歴史小説・時代小説」が22.9%
フィクションから「歴史書」の分野へどうすれば
読者の皆さんを誘えるのか、いろいろ工夫してみたい数字です。
また「本の選び方」では「書店店頭でみて」が読売で49%
毎日が39%となっており、書店店頭の重要さは変っていません。
著者、読者、書店、出版社それぞれ
この調査から読み取れることはいろいろあるようです。、
読売新聞の調査については下記をご覧ください。
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20081027bk16.htm
毎日新聞は前回もご案内しましたが、下記です。
http://mainichi.jp/enta/book/news/20081026ddm010040012000c.html
http://mainichi.jp/enta/book/archive/news/2008/10/20081026ddm010040029000c.html
http://mainichi.jp/enta/book/news/20081026ddm010040004000c.html
2008年10月28日(火) No.179

2008年10月26日新聞書評

[朝日新聞/読書欄]


【話題の本棚】「源氏千年」/平安の世から今日まで尽きない泉
*書評の全文は下記
http://book.asahi.com/hondana/TKY200810280234.html

『源氏物語ものがたり』島内景二著/定価735円(税込)/新潮新書
*本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『「源氏物語」に仕掛けられた謎』原岡文子著/定価2,730円(税込)/角川学芸出版
*本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『源氏物語の乳母学』吉海直人著/定価2,415円(税込)/世界思想社
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『「垣間見」る源氏物語』吉海直人著/定価3,650円(税込)/笠間書院
*本書の詳細は下記をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


「芸術新潮」2008年2月号〈源氏物語千年紀記念特集〉/新潮社/品切
*吉川弘文館「源氏物語関連書」は詳細をご覧ください。


[読売新聞/読書欄]


【よみうり堂から】
ある集まりで大型書店の人文書担当の方に話をうかがいました。哲学・思想、歴史・宗教、教育・心理などの人文書は苦戦する出版界の中でも、とくに厳しい分野です◆彼女によれば、読者層は中高年に固定されており、売り場はいつも閑散としているのだとか。それでも「高くてもいいから読まれる本を作ってほしい」との力強いエールに、編集者の面々も身の引き締まる思いだったようです◆本よみうり堂にも「もっと柔らかい本を」という声も届きます。もちろんそれを意識しつつ、読書面を優れた知的活動の紹介の場にしたいとの思いもあります。本紙の書評を道しるべに堅い本にも挑戦していただければ幸いです。(片)


[毎日新聞/読書欄]


【『源氏物語』特集】
白眉というべき三帖は原文で読もう/丸谷才一(作家)
*書評の全文は下記
http://mainichi.jp/enta/book/hondana/archive/news/2008/10/20081026ddm015070043000c.html
「新編日本古典文学全集」20-25『源氏物語』全6巻/定価4,494-5,134円(税込)/小学館
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


『岩波古語辞典<補訂版>』村田修三総監修/定価3,150円(税込)/岩波書店
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『源氏物語のもののあわれ』大野 晋著/定価660円(税込)/角川ソフィア文庫
*本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


江戸時代の「源氏カルチュア」の豊かさ/田中優子(法政大学教授)
*書評の全文は下記
http://mainichi.jp/enta/book/hondana/news/20081026ddm015070048000c.html
『源氏物語と江戸文化』小嶋菜温子他編/定価7,875円(税込)/森話社
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『火山列島の思想』益田勝実著/定価1,575円(税込)/ちくま学芸文庫
*本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


『源氏物語を読むために』西郷信綱著/定価1,260円(税込)/平凡社ライブラリー
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


[日経新聞/読書欄]


『千年前の人類を襲った大温暖化』ブライアン・フェイガン著/定価1,260円(税込)/平凡社ライブラリー
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


【フロントライン】


『ビジュアルワイド日本名城百選』村田修三総監修/定価3,990円(税込)/小学館
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


【あとがきのあと】


『父が子に語る日本史』小島 毅著/定価1,575円(税込)/トランスビュー
多様な歴史の見方 軽妙に
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[産経新聞/読書欄]


『物語 フランス革命』安達正勝著/定価966円(税込)/中公新書
* 本書の詳細をご覧ください/協力:紀伊國屋書店)


[東京=中日新聞/読書欄]


『熊(ものと人間の文化史)』赤羽正春著/定価3,675円(税込)/法政大学出版局
マタギを訪ね習俗を発掘/三浦慎悟(早稲田大学教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)


[しんぶん赤旗/読書欄]


『鉄の時代史』佐々木 稔著/定価3,780円(税込)/雄山閣
固定概念くつがえす初の総合解説/後藤仁敬(鶴見大学短期大学部教授)
* 本書の詳細をご覧ください。/(協力:紀伊國屋書店)
2008年10月26日(日) No.178

第18回神保町ブックフェスティバル

11月1日(土)から11月3日(月)の3日間、「神保町ブックフェスティバル」が開催されます。新刊・古書など300万点、1000万冊の在庫を誇る「世界一の本の街」東京・神田神保町に、年に1回出版社も加わって、特価本を大放出する本のお祭りです。今回も歴史書懇話会は東京堂書店前付近にワゴン2台を設置して、皆さまのご来場をお待ちいたしております。また会員社の柏書房、東京大学出版会、東京堂出版、吉川弘文館のほか、国語・国文学出版会、岩波書店、笠間書院、弘文堂、晶文社、筑摩書房、日本エディタースクール出版部、平凡社、藤原書店、未来社、雄山閣、ゆまに書房など多数の出版社が出店いたします。また、オープニングセレモニーでは、当会の前代表幹事、石田亘/校倉書房社長がバンジョーで参加するキャナルストリートジャズバンドが、ニューオリンズジャズを演奏してフェスティバルを盛り上げます。

第18回神保町ブックフェスティバルの詳細は下記をご覧ください。
http://jimbou.info/news/index.html

このほか、関連イベントとして
21世紀活文化プロジェクトが主催するシンポジウム(詳細は下記)
http://katsuji.yomiuri.co.jp/event/other/20080925.htm
当会特設書店の東京堂書店での講演会(詳細は下記)
http://www.tokyodoshoten.co.jp/event9.htm
などが開催されます。
なおフェスティバルについての関連ブログは下記をご覧ください。
http://blog.search.goo.ne.jp/search_goo/result/?MT=%BF%C0%CA%DD%C4%AE%A5%D6%A5%C3%A5%AF%A5%D5%A5%A7%A5%B9%A5%C6%A5%A3%A5%D0%A5%EB&mod=&from=web
2008年10月25日(土) No.177

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7][8] [9] [10]

RSS最近の歴懇情報
「人文・社会科学書/2008年..
52社共同企画フェア 紀伊國..
読売新聞「出版トピック」
<歴懇ニュース>181
11月30日/麻生首相が買った..
2008年11月23日新聞書評
神保町は本の街大合唱
2008年読書世論調査
2008年10月26日新聞書評
第18回神保町ブックフェステ..
カテゴリー一覧
アーカイブ
  • 2023年の歴懇情報
  • 11月
  • 2022年の歴懇情報
  • 04月 12月
  • 2021年の歴懇情報
  • 04月 10月
  • 2020年の歴懇情報
  • 01月 03月 04月 05月 07月 08月 11月
  • 2019年の歴懇情報
  • 02月 07月
  • 2018年の歴懇情報
  • 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 10月 12月
  • 2017年の歴懇情報
  • 05月 10月 11月 12月
  • 2016年の歴懇情報
  • 04月 05月 07月 08月 11月
  • 2015年の歴懇情報
  • 01月 02月 03月 04月 05月 06月 08月 12月
  • 2014年の歴懇情報
  • 03月 10月
  • 2013年の歴懇情報
  • 04月 05月 06月 10月 12月
  • 2012年の歴懇情報
  • 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 12月
  • 2011年の歴懇情報
  • 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月
  • 2010年の歴懇情報
  • 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
  • 2009年の歴懇情報
  • 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
  • 2008年の歴懇情報
  • 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
  • 2007年の歴懇情報
  • 01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月
    アーカイブ検索
    OR AND
    スペースで区切って複数指定可能
    YouTube 歴コンチャンネル番組一覧
    2008年神保町ブックフェスティバルで
    歴史書懇話会芸能部おじおば合唱隊が
    「神保町は本の町」オリジナル曲を大合唱。
    その様子をお楽しみください。

    
      歴懇おすすめリスト表示のためhozokanshop.comに飛びます
    ※法藏館書店にリンクしリスト表示。
    



         WEBショップ
          法藏館書店ウエッブショップ
          運営主体:株式会社法藏館
    
          お問い合わせは、
          info@hozokan.co.jpまで 
     (C)本ホームペ−ジの内容を、複写・転載した際に
        その旨メール下さい。2002/10/17-2017





    [Admin] [HOME]



    shiromuku(fs6)DIARY version 2.05


    お問い合わせは、info@hozokan.co.jpまで (C)本ホームペ−ジの内容を、複写・転載した際にその旨メール下さい。2002/10/17-2017